« ホテルでUbuntu(6) | トップページ | MG ∞ジャスティス本体完成 »

日本語フォーラムにて

Ubuntuの日本語フォーラムに興味深い書き込みが。

端末を全く触らずに、Ubuntuを使えますか?という問いでした。
ま、単純に回答するなら、可能じゃないかな、と思いましたけど。

ただ、条件はあるのかな、とか。
端末使ってやる作業って、あんまし多くないんじゃないか、と思ってます。
端末使った方がラクな作業はありますけど。

Ubuntuというか、Linuxの場合、フロントエンドとバックエンドというアプリケーションの分割が進んでいる場合が多くて、結構な数のツールが、同じバックエンドを持つ、同様のツールだったりすると思うんですよ。
GNOME用だったりKDE用だったり。
でも、バックエンドは同じモノ、とか。
#ま、こういう括りも乱暴かも知れませんけど。

例えば、GNOME-MplayerはGNOME用のMPlayerのフロントエンド、SMPlayerはKDE用のフロントエンドと捉えることが出来るかと思います。
#ま、実際にはSMPlayerはKDE用ってわけではないと思ってますけど。Qt使ってるだけで。

端末から使うなら、MPlayerですよね。

ワタクシは、端末使うことが比較的多いんですが、それは主にパッケージの導入とドライバの導入になります。
別にGUIでパッケージ導入は出来るんですが、まあ、端末使った方がラクなので。
ドライバに関しては、まあ、Nautilusからも実行できるんでしょうけど、シェルスクリプトで実行した方がやはりラクなので、端末使ってます。

ただ、これもUbuntu標準のEnvyNGとか使う分にはドライバの導入なんて、GUIで行うわけですし、端末が必要か?と問われれば不要なんですよ。
その他、SVNから最新版取ってきてビルドとか、そういうことを行う必要がない限り、端末の出番は少ないんじゃないか、と思います。

UbuntuというかLinuxで、どうしても端末を使うことが多いのは、やっぱりハードウェアのドライバ導入なんですよね。
カーネルモジュール作る必要があったり。
でも、そういうのも、今後ハードメーカーがUbuntuの対応が必須と考えてくれれば、Windowsに劣らない環境になるのではないか、と思いますし、端末の出番は、(一般ユーザーには特に)減るんじゃないか、と思います。

Windowsでも、Oracle使う場合なんかは、結局端末起動してSQL発行する方がラクだったりするし、定型的な処理はGUIでは実行できないんで、スクリプト書いたり、バッチ書いたりするので、端末が必要かどうかは、やっぱりやりたいこと、に依存するのかな、と思ってしまいます。

まあ、端末を否定するものではありませんが、使わんでも出来ることは多いんじゃないか、という今の認識です。
昔のLinuxは端末なしでは語れなかった部分が多かったと思いますが、Ubuntu限定であれば、別に端末なんてねぇ、と思ったりするわけです。

一方で。
すんなり導入できなかったりすると、どうしても端末のお世話になることが多いわけで。
寡聞にして知らないだけだったりすると思うんですが、各種デーモンの再起動とか、GUIから可能なんでしょうかね?
こういうのはWindowsの場合はGUIから起動/停止が行えるわけで、ユーザーアプリケーションの範疇はGNOME、KDE等のデスクトップ環境のおかげでだいぶCUIとは無縁でいられるようになってきてますが、システム管理の部分は、まだまだ端末から離れられないのが実情なのかな、と思ったりします。
まあ、そういうデーモンの実行管理までしたいようなユーザーの場合には端末で可能ならそれで問題ないようにも思いますけどね。
カンタンにGUIで操作した結果、何を引き起こすか解らないので。それなら、弄るための敷居は高い方が安心だったりするかも知れません。

まあ、正直。
別にCUIがあるから古くさいOSってことはないと思うんです。
Vistaにも残ってるしね。
#使い勝手は悪いけど。
条件さえ付ければ、CUI触らずに済むし。

で、そういう部分が引っかかるなら、Windowsを使えばいいと思うんですよ。
無理してLinuxとかUbuntuとか使う必要ないんじゃないかな、と。
仕事ならともかく。
家で使うPCを我慢して使っててもいいことないんじゃないかなぁ、と。
意見は必要かと思います。
デーモンを管理できるGUIがあるといいよね、みたいな。
でも、デーモンがGUI管理できないのにがっかりしました、みたいに言われても、単に感情を煽るだけなのかな、と思うんです。
Windowsなら、サービスの管理もGUIで出来るのに。とかオマケで付いてたりするとなおさら、じゃあ、Windowsでいいんじゃないのかなぁ、と思ったり。

まあ、ぼちぼち「ないものは作りましょう」の文化からは脱却して来ているのかも知れませんけど、どうせ意見を述べるなら建設的な意見を述べて、まとめ上げる方がいいんじゃないか、と思うんですよ。
もしかしたら単に議論がしたいだけかも知れませんけど。
否定から入ってもねぇ、と思うんですけどね。こうなってたらいいな、とこうあるべきだ、という意見は常に必要ですけど、こうじゃないからダメなんだ、と言われても気持ちが萎えるだけじゃないかと思うんです。

ま、ちょっと話が逸れましたけど。

まだまだマイナーなOSですからねぇ、これからなんだと思うんです。
Windowsとの比較も結構、自分の理想を語るのも結構、いずれも必要なことです。

でも、一部分だけ切り取って、「Windowsと違うからダメ」って決めつけはよくないように思うんですよ。
多様性がLinuxのいいところだと思うんで、Windowsとも違うし、Macとも違うし、考え方に至っては、同じXでも全然違ってたりするので、まあ、ドライバ関連以外のところは、自分の好みにあったGUIを使えば、そこそこ満足できるんじゃないのかな、と思ったりするんですけどね。

なので、CUIでないと出来ないことがあっても、それはそれで仕方ないんじゃないんでしょうかね。
普通の作業なら、GUIだけで出来るようになってはいますけど、まだ手の届いてないところはあるんじゃないんですかね。

ブラウズ、メール、ドキュメント作成、ファイル管理、この程度であれば、普通にGUIだけで出来ますよね。
他になんか特殊な作業があると、もしかしたらGUIで出来ないこともあるかも知れません。
Windowsの場合は、それ用のツールがあると、間違いなくGUIですけど、Linuxの場合には、専用ツールがなくても、コマンドの組み合わせとか、CUIからの操作で、やりたいことが実現できる場合もありますしね。
例えば。
ファイルのコピーなんか、MS-DOSのxcopyとかの方が、エクスプローラーよりもラクな場合がありますよ。
新しい日付のものだけをコピーとか。
コマンドラインのオプションで、結構多彩な使い方が可能です。
この辺、Linuxも同様だと思いますけど。

まあ、CUIもGUIも使い分けってことで、落ちないですかね。(笑)

|

« ホテルでUbuntu(6) | トップページ | MG ∞ジャスティス本体完成 »

Ubuntu」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/43186654

この記事へのトラックバック一覧です: 日本語フォーラムにて:

« ホテルでUbuntu(6) | トップページ | MG ∞ジャスティス本体完成 »