« リアル鬼ごっこ | トップページ | ガンダムOO 2nd #10 »

ガンダムF91

ガンダムです。

昔見たような気もするんですが、機会があってもう一度見てみました。
ストーリー的には、まあガンダムですね。
子供がガンダム乗って戦うとか、突然コロニーに攻め込まれて、非難した先にいた戦艦に子供達が乗り込むとか。
一機だけの新型機が活躍するとか。
設定の世界としては、ニュータイプの概念があることから、ファーストガンダムと連続した世界なんだと思いますけど。

F91が割とカッコイイし、敵方のMSもちょっと面白い造形で、メカとしては見所があるかな、と思います。
まあ、大河原先生のメカデザインですから、ガンダム好きなら、頷けるデザインでしょう。
キャラクターも安彦良和先生ですしね。

F91の公開が1991年らしいんですが。
して見ると、ずいぶん前だなぁ、と思ってしまいました。

絵的には結構古い印象はありましたけど、映画なんで、TVほど悪い印象ではありませんでしたが。
今の普通にCGが使われている絵と比較すると、ある意味新鮮な絵に見えるかも知れません。

ちょっと後半強引な話の展開してたり、なんのために「バグ」とかいう機械を登場させたのか、とか背景に関して語られる時間がほとんどなかったのは残念な気がしますけどね。
密度としてはTVシリーズと同様、もしくはOVAなんかで十数話使ってやってもよいようなストーリーだったので、映画だと、時間が短いかも知れませんね。

もう少し、切り取った内容でも良かったかも知れませんけどね。
最初の15分くらいで前振りというか、前段を語ってしまって、後半の部分だけきちんとリアルタイムで進めるような作りでも良かったかも知れません。
ま、17年も前の作品にイマサラケチつけても仕方ないんですが。

ガンダムとしては、特に不満もなく見れた作品のように思います。

|

« リアル鬼ごっこ | トップページ | ガンダムOO 2nd #10 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/43338686

この記事へのトラックバック一覧です: ガンダムF91:

« リアル鬼ごっこ | トップページ | ガンダムOO 2nd #10 »