« ガンダムOO 2nd #13 | トップページ | VirtualBox 2.1が出てる »

年賀状作成中に

毎年毎年、年賀状を作成しているわけですが。
しかも大抵Linux上で。
まあ、今年はMP610のおかげで、スキャン時も困らなかったし、かなり簡単に作成できたな、というのが印象です。
スキャナそのものは、家族が友人に出す年賀状の裏面を自筆で絵を描いているので、そちらを取り込んで印刷、という場合に使っています。
昔は、スキャナ認識させるのにも一苦労で、大抵、一年経てば環境が変わってるので、以前の設定では動かない、なんてことがあり、毎年毎年、スキャナを認識させるのに苦労していました。

ところが、今や、メーカードライバさえインストールしていれば、なんの苦労もなくスキャナが使用できます。
どんなメーカーのものでも、ってわけには行かないのかも知れませんけど。
加えて、仮想環境がかなり有効になってまして。
USB接続のスキャナなら、普通にVirtualBoxのWindowsから使えてしまいます。
まあ、ネイティブで認識出来るなら、わざわざそんなことする必要もないんですけどね。

でまあ、ワタクシの年賀状は、その年に撮った写真の中から数点選んで、構成するのがいつものやり方。
大抵、この写真選びに手間が掛かるんですが。
今年はPicasaのおかげで簡単でした。
Picasaの写真が全部一覧されてしまうUIってどうなのかなぁ、と思ってたんですが、今回のような使い方をする場合には非常に有効で、ざっくりサムネイル見ながら、よさげな写真を選んで、ネタとして集めて置いて、その後で本格的に加工する、なんてやり方には非常に向いたUIでしたな。

で、これがちょっと困ったところだったんですが、Wineベースなせいか、ファイルのコピー&ペーストが出来ませんでした。orz
仕方ないので、写真のあるフォルダを開いて、そこからファイル名でコピーする、なんて方法を取ってたんですが。
作業が全部終わってから、普通に開くとUbuntu上のツールで開くので、そこからファイルを保存するなりGIMPで開くなりすれば良かったんだな、と。
余計な手間を掛けてしまいました。(^^;

でもまあ、こういうUIとファイルを選択してコピーだけ出来れば、他の凝った機能は不要なので、こういうUIの画像管理ツールがないものかなぁ、と思って探したんですが、見あたりません。
大抵はフォルダ管理か、別途カタログを作成するもので、Picasaのように、自動でカタログ更新とかしてくれないみたいなんですよね。
この辺がちと不便なところなので、手頃なツールがあればなぁ、と思ってますけど。

それよりもWine上で画像ファイルのクリップボード経由でのコピー&ペーストが可能になればそれでいいのか。
出来ないってこともなさそうなんですが、Nautilusには貼り付けが出来ませんでした。
Picasa3がまだβ版だから、って可能性もありますが、その可能性は薄いかな。

いずれにせよ、来年の年賀状を作成する頃には、この手の問題も解消していると嬉しいですねぇ。

|

« ガンダムOO 2nd #13 | トップページ | VirtualBox 2.1が出てる »

Ubuntu」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/43560641

この記事へのトラックバック一覧です: 年賀状作成中に:

« ガンダムOO 2nd #13 | トップページ | VirtualBox 2.1が出てる »