« ホテルでUbuntu(7) | トップページ | リアル鬼ごっこ »

エルフェン・リート

何の予備知識もなく、見ました。
そもそも原作ありで、マンガだったことも知りませんでした。
ヤングジャンプで連載だったんですかね?その後ネットで調べてみたところ。

暗い。
絵柄の割に、話が暗い。
主人公が比較的明るいのが救いかも知れませんが。
本編というか、メインとなるストーリーには、救いがなんにもないような気がします。
ヤング誌連載だったんだとすると、アニメも深夜枠ですかね、たぶん。

まあ、かなり死にます。
関係者は、あまり死ななかったような気がしますが、ストーリーに関係ない一般人?がもう次から次へと死んでいきます。
胴切断されたり、首切断されたり、腕は飛ぶ、足は飛ぶ、もう血まみれです。(笑)

その割には、主人公とイトコがラブコメっぽかったり、もう、はっきり言って、よく解らない物語でした。
最後まで見たのは、虐殺するヒロイン?と主人公の関係が、失われているっぽい主人公の過去の記憶に秘められてるらしかったので、最終話直前までそれが語られなかったからです。
そこら辺の話が、途中途中にフラッシュバックのように挟まれているので、さて、本当のところはどうだったのか?という推測を確認したくて見たようなもんですな。

面白いか?と問われると微妙です。
絵がスキならアリなんじゃないでしょうかね。
こちらが検索した結果のリンクです。

ま、気になったら見てみてください。
個人的にはお勧めできかねます。

屍姫が面白いひとなら、面白いかも知れません。

|

« ホテルでUbuntu(7) | トップページ | リアル鬼ごっこ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/43338519

この記事へのトラックバック一覧です: エルフェン・リート:

« ホテルでUbuntu(7) | トップページ | リアル鬼ごっこ »