« 仙台光のページェント | トップページ | 11人いる!とガンダムSEEDディスティニーの最終回 »

逆襲のシャア

ガンダムですな。
映画です。
時代的には、どの辺になるのかなぁ。
Zの後?

シャアがネオジオンとやらの総帥に納まって、地球に攻撃を掛ける、ってなところから物語は始まります。

北爪センセがキャラクタなのね。
意外だったのは、出渕センセがメカデザイン。
そうだったんだ、てな感じ。

これ、劇場では見てないんですが、レンタルされてすぐに一度見てるはずなんですよ。
ちっとも覚えていませんでした。(爆)

内容は、まあイマサラ触れても問題ないでしょうけれども。
アムロとシャアの相克というか、ファーストでは描き切れなかったシャアの想いってのが描かれているようにも思いますが、ちょっとシャアが悪人過ぎな気もします。
この辺は意見が分かれるところなのかなぁ。

戦闘シーンは悪くないかな。20年も前の映画ってのを感じさせない絵の作りはしてます。
MSの結構カッコイイしね。
で、MGでも作ろうかな、とνガンダムの画像探したんですが、キットそのものが古いせいか、デキはイマイチな印象。
作成は諦めました。(笑)
その代わり、シャアの乗機であるサザビーは割と良い出来な感じでしたな。
でも、サザビーだけあってもねぇ、という感じなので、見送り。νガンダムの出来が良ければ、この辺、揃えてもよいかな、と思っただけに残念。
そういう意味ではF91の方がいいのかな。
系図としては、F91もこの流れに乗ってるはずなので。

それはそれとして。
ニュータイプのクエス・パラヤでしたっけ?
これどうなの?って気がしました。
キャラクター的に、壊れているというか。
幼稚すぎる描かれ方をしているような。
あの年の女の子なら、もっと大人びててもよいような気がします。
さらに、過保護な家庭環境ならともかく、政府高官の娘で父親に対して批判的な娘、って設定なのに。
ちょっと10代には見えないなぁ。
小学校低学年な設定なら解らないでもないんですが。
例えば、ポケットの中の戦争とか。
あれなら、あのくらい幼稚でもアリかな、と。

でも、そういう設定じゃないっぽいし。
だから子供は嫌いなんだよっ!的なセリフがありましたけど、思わず、「いや、おまえの方が子供だし」とつっこみを入れたくなりました。(爆)

ニュータイプとか、改造人間のこういう幼稚さは、結構ガンダムでは描かれていますが、それにしても極端かな、と。
改造人間なら、脳改造に近いことをするんでしょうし、薬物も使用すると思うので、ある意味精神が壊れてくるのは解る気がしますし、そういう描写もアリなんだと思うんですよ。
まあ、結果として、サイコミュとか、そういうのに触れていくと、ニュータイプはもろいので、ああなってしまう、てな話なら理解も出来るんですが、劇中触れもしませんからね。
シャアの恋人の研究者がひとことでも、「いいんですか?このままでは・・・」くらいのセリフでもあれば、ああ、そういうことなのね、くらいの解釈は出来るんですよね。
でも、ないし。
同じく改造人間の方も考え方が幼稚で、イマイチな感じですが、こちらは改造人間なんで、まあ、アリなのかも知れないな、とも思うわけですが。

全体に描写が綺麗なのと、戦闘シーンで手を抜いてないように見えるので、これはこれでガンダム好きならありだとは思います。
ま、腑に落ちないところがあるのはガンダムシリーズ全般なんで、仕方ないですけどね。(笑)
逆に、こういうところがないとガンダムらしくないか。(爆)

|

« 仙台光のページェント | トップページ | 11人いる!とガンダムSEEDディスティニーの最終回 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/43491047

この記事へのトラックバック一覧です: 逆襲のシャア:

« 仙台光のページェント | トップページ | 11人いる!とガンダムSEEDディスティニーの最終回 »