« 学校へのUbuntuの導入? | トップページ | MG シャア専用ザク Ver 2.0 »

ガンダムOO 2nd #16

え〜、ガンダムOOも後半戦突入ってことで。

マスラオとの決着は付かず。
ミスターブシドー、血を吐いてましたけど、トランザムってパイロットにも負担を強いるんですかね?
それだけマスラオの機動性が高い?
まあ、トランザムのOOライザーに追従していたので、その可能性は高いわけですが。

機体性能は、圧倒的にOOライザーが上として、トランザム+マスラオ+ミスターブシドーで、どうにか対等ってとこでしょうか。

ラストは、この二人の戦いなのかなぁ。

戦いこそが生きている証、とミスターブシドーは叫びますけど。
それにセツナが応えてますな。
「今まではオレもそうだった、しかし、今は違うオレがいる」と。
自身の変革を自覚し、これからも変わっていくことを誓った、という点で今回のガンダムのターニングポイントがここなのかも知れません。
セツナが変わる。
ガンダムが変わる。
ソレスタルビーイングが変わる。
ってことなんだと思うんですよ。

問題は、どう変わっていくか、なんだと思いますね。
ま、普通に平和を求めて変わるんでしょうけど。(笑)

ここで、OPのラストが意味を持つのかなぁ、とも思ってたりします。
これまでのOPのラストは4つの光が、シンクロしたように光線を描きますが、今回のOPのラストは4つの光線がそれぞれの方向に散って行きます。
まあ、これはそれぞれの未来へ、ということなんだと思うのですが、これまでは思いをひとつに、正しい未来へ、という暗示だったものが、変革により、それぞれの正しさ、を見つける、ということになるのかなぁ、とかね。
ま、穿ちすぎ?(笑)

そういや。メメントモリ。
やっぱりまだありましたね。(笑)
あると思ってたんですよ。当然ですよね。(爆)
また壊しに行くのかね。

今回は、物語の主役はオヤジ達だったわけですが。
まあ、色々と正しい政治とか、正しい軍隊とか言ってます。
政治が正しいかどうかは、後の歴史で判断して貰うしかないと思うんですよね。
今、正しいと判断するのは、非常に困難であろう、と。
変革には痛みを伴う、というのは、某総理大臣も言ってましたけど。
緩やかに変化していくのでなければ、必ず犠牲とか被害とか出ます。
急激な動きには反動もあります。
それを解って、かつ急激な改革を進めることも、後世から見れば正しかった、ということになるかも知れませんし、結果から見れば、正しくなかった、ということになるかも知れませんし。
渦中にいる人には、正しさの判断は難しいと思うんですよね。
まあ、正しいと思いこむコトは可能なので、政治家の人々は、自分と、周りの人々にとって正しいと感じられる行いをするわけですが。
軍隊に関しては、抑止力以上のことをしてはいけないんじゃないかな、と思ってたりします。
軍隊が独自の判断をする時点で、政治的な責任を負うひとがいなくなっちゃうじゃないですか。
ま、それをした時点でクーデターとか言われてしまうわけですけど。
今回はクーデターだからいいのかな。(笑)

それにしても。
スミルノフ大佐は若い時はいい男だったんですねぇ。(笑)
で、美人の奥さんを貰った、と。
ま、奥さんの死に関しては、今後語られるタイミングもあるかも知れませんけど。
息子が語るのかな、たぶん。
で、その時、死ぬな、息子。(笑)

今後の展開は、ちと読めないんですが、短期的には、6万人の民間人はカタロンと共に、メメントモリで一撃でしょうな。
で、そこにはイノベイターが関わってないわけですが、なんとなく、なんですけど、アロウズの非道な行いを世間に暴露するのがイノベイターなんじゃないのかな、と思っていたり。
今回、作戦にまったく参加も関与もしないところがポイントかな、とか。
もちろん、カタロンとかクーデターとか、ソレスタルビーイングとかは、メメントモリで一蹴して貰った上で、という話になるわけですが。
そうして邪魔者を排除してから、世論をアロウズ排除に向けさせて、実際に排除する、と。
で、英雄になったイノベイターが世界を支配、てなシナリオなのかねぇ、と思いますけど。
ちょっと稚拙なシナリオかな。
リボンズさんのことですから、もう少し凝ったこと考えてると信じましょうか。(笑)

そういや。
マスラオの話に戻りますけど。
1stシーズンでも疑似GNドライブって、GN粒子というか、燃料っぽいものを補給してたなぁ、と。
今回も、マスラオの去る理由の一つに粒子残量がどうの、とか言ってましたよね。
疑似GNドライブって、本物と比較してGN粒子の生成の機能が貧弱なのかなぁ、と思ったり。
ま、本物のGNドライブですら、トランザムの後は、粒子が不足して動けなかったりするわけで、そういう意味ではイーブンかも知れませんけど。
イマイチ、トランザムについてはよく解ってないなぁ。
どっかに解説あるのかも知れませんけどね。
ま、調べてないので。

さて、今回で16回。前回と同じ25話で完結するなら、残り10話切りました。あと2ヶ月くらい。
大量に残る伏線をどう消化していくんでしょうか。
楽しみですなぁ。(笑)

|

« 学校へのUbuntuの導入? | トップページ | MG シャア専用ザク Ver 2.0 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/43852733

この記事へのトラックバック一覧です: ガンダムOO 2nd #16:

» 機動戦士ガンダムOO2nd #16 悲劇への序章 [ところがぎっちょんちょん]
「あえて言わせてもらうぞ、少年!覚えているがいい!」 ハムちゃんらしい、そしてありきたりな捨て台詞でした(ー`) b 前回の続き、マスラオとの対峙シーンから始まるかと思いきや、 全然戦闘シーンは始まらず、延々と反乱分子とのやり取りが続く前半~中盤・・・。 セルゲイさん、若い頃カッコよかったのねえ~んで、左にいたのが奥さんなのかな。。。 荒熊さんの声が顔に似合わず「ジジ臭かった」のが何とも言えませんな(ー`) 軌道エ... [続きを読む]

受信: 2009年1月25日 (日) 22時02分

« 学校へのUbuntuの導入? | トップページ | MG シャア専用ザク Ver 2.0 »