« 意外な接点(笑) | トップページ | 鉄のラインバレル »

昔やったバカなこと

別にね、ブログに書くようなことでもないんですが、唐突に思い出したので。

高校生くらいの頃、結構友人が多くて、皆で出歩くなんて時には、総勢12名ほどが横一列に並びながら、ワイワイガヤガヤと話をしながら歩いておりました。
#もちろん、それだけの道幅があるところ、ですけど。

ある時、誰かが、「なんで我々は横一列になって歩くのだ?」という疑問を投げかけまして。
「それは、縦一列だと、話がしづらいからだろう。」という至極もっともな意見が出されました。
「いや、横と縦で、結局一列になるのであれば、横と縦の差異はそれほどないのではないか?」という反論が上がり。

「ならば実験してみようではないか」という話に。(笑)

とりあえず、駅前からアーケード街を通り、当時よく行っていたお店まで、総勢12名が一列縦隊となって話をしながら歩いていくことになりました。

結構異様な光景だったのではないか、と思います。
時々順番は入れ替わるものの、信号待ちとかでも、一列縦隊は崩れず。
格好もバラバラ、年齢は近いとはいえバラバラな統一の取れていない集団の一列縦隊。

行きつけのお店まで付いた時には、別段支障もなく、来れてしまっていたのですが。
「どうせなら、このままもう少し行こうじゃないか」という話になり。

なぜか山のてっぺんの動物園まで一列縦隊のまま歩いていきました。
途中、そこそこ道も細いので、普通に一列じゃないと歩けないんですが、なぜか歩調も合わせなくてはならない雰囲気になり、ただでさえ、歩いて1時間近くある道のり(しかも登り)を踏破し、動物園の前まで来た時には、皆疲れ果てていたのでした。
せっかく来たんだから、動物園に入れば良さそうなものを、団体割引まで3人足りないという理由で、動物園に入るのは見送りに。

帰りは、バスで帰りました。

結論としては、「一列縦隊はくたびれるので、今後はやめにしよう」という結論になったのですが、これ、一列縦隊のせいで疲れたんじゃないんですよね。(笑)

今思えば、本当に意味のない、ムダなことに時間を使っていたなぁ、と思わないでもないです。
まあ、そういう無駄遣いこそが、若さの証明だったのかも知れないんですけど。(^^;

Ubuntuとも、映画ともPCとも関係ない話でした。

|

« 意外な接点(笑) | トップページ | 鉄のラインバレル »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/43669953

この記事へのトラックバック一覧です: 昔やったバカなこと:

« 意外な接点(笑) | トップページ | 鉄のラインバレル »