« 壁紙変更のやり方 | トップページ | Conduitを使ってみた »

Vistaが失敗作ねぇ

なんか適当にネット見てたら、こんな記事を発見。

確かにVista評判悪いんだよね。
職場環境にもVistaマシンがあるんですが、まあ、使い勝手がXPとかなり違うから、何をするにしても、アレはどうやるの?コレはどうやるの?と質問の嵐が。(笑)

UIがちょっと変わって、XPにあった場所に、そういう項目がなくなってるから、混乱しているわけですが。
これ、2KからXPに変わった時もあった話なんで。
2K→XPが拡張というのなら、Vistaでは整理した、ってことも言えるのかな、と思ってみたり。
XPから特に、ハードウェアの隠蔽をMSは行い始めてて、Vistaではそれをさらに進める方向でエクスプローラーとか構成されてるんだけど、結局、まだ中途半端な感じが否めないというか。
で、XPと「ちょっとだけ違う」から文句が出る、と。
まあ、バージョンとしては半端なのかな、と思わないでもないです。

それとセキュリティ強化の結果、過去の資産との連携もうまく行ってないというか、その辺が問題なのかな、と思わないでもないですけど。
なんかしようと思うと、いちいち認証が必要です、と出てしまうとかね。
ただ、こういう点に文句言うヒトって開発者なんですかね?開発者の立場だと、確かに面倒なことが多いんですよ、Vistaって。
開発しているので、当然システムの設定に関わる部分に触るわけで、その場合にもいちいちダイアログが上がる。これ、面倒なんです。

で、ワタクシ個人の換装なんですが、普通にただ使ってるだけ、だと、あんましアレでないんですよ。
なので、設定変更とかしょっちゅうやってるヒトならともかく、普通にただ使ってるだけのヒトなら、それほど煩わしくないんじゃないかな、とか。
まあ、普段キチンと使ってないんで、実はよく解ってないだけかも知れないんですけどね。

それとAero。これ問題にするヒトがいるけど、これも重いって印象がないんですよね。
画面効果がうるさいなら切ればいいだけでしょ。
標準での動作が問題だっていうんなら、カスタマイズすればよいような気がするんですが、それすら気に入らないってことなのかな?
今時のPCのスペックならAeroが重いってこともなさそうなんで、こういう意見が出るヒトってのはOSのバージョンアップをするひとかな、と思ってたんですが、違うんですかね。
正直、最近のOSって、結構ハードスペックを要求するんですが、XP時代のPCに新OSとかにしたら、確かに重いこともあるかなぁ、と思います。
なので、新OS出て、使いたいならハード買い換えが今のPCの使い方なのかな、と思ってみたり。
仮にバージョンアップって話なら、ある程度カスタマイズして機能絞るのは仕方ないんじゃないのかなぁ、と思うんですよ。
でも、実はそういうところが不満なのかな?
といっても、結局出来ることが増えれば、要求されるリソースも増えるのは当然のことで、ソフトウェアに魔法はないので、結局はなんか画面に効果をつけるだけで、CPUとかGPUとか要求されちゃうのは仕方ないんじゃないんですかね。
足りないなら使えない、これは仕方ないような気がするんですが。

ファイル検索とかインデックス作成に、一部バグがあるようなコメントが入ってましたね。
まあ、バグなら改善されるんで、それまで待つしかないんじゃないでしょうかね。
ただ、インデックス作成なんてのは、それなりにHDD酷使するので、不要なら使わないというか、機能を切ることも考えればいいんじゃないのかな。
カスタマイズしても切れない機能だったりするんですかね?
ちょっとその辺不勉強なもので。(笑)

XPでは簡単にできていたやりたいことが、同じ手順でVistaでは出来ないってことはあるのかも知れません。
そうなるとイライラさせられますよね。
そういうことを経験したひとが文句を言ってるんじゃないかと思うんですが、その場合、変更すること、そのものが悪になってしまうんじゃないか、と思うんですよ。
でも、バージョンアップの場合、変えないと売れないじゃないですか?
まあ、コンシューマーの立場でただ文句を言うのもアリだとは思うんですが、変わったコトによる弊害が何で、何が具体的に問題なのかをキチンと文句として取り上げないと、あまり説得力がないような気がするんですよね。

これ、Ubuntuなんかでも同じなんですけど。
どっか変える。結果、同じ操作でうまく行かない、文句が出る、ってのは悪循環なんじゃないのかな、と。
どうせ出すなら、文句じゃなく、「こうなってればいいのにな」って意見じゃあないのかな、と。
まず、何が問題なのか、きちんと分析してから文句なり意見なり出すようにすべきなのかなぁ、と思わないでもないです。

文句じゃあなく愚痴ならアリかも知れませんけどね。(笑)
まあ、愚痴ならコソコソとブログなんかで流していればいいんじゃないでしょうか。
それなら筋が通ってなくても、分析できてなくても、単なる悪口雑言でも、さほど問題ないような気がします。だって愚痴だし。感情から来るものでしょ。
文句はねぇ。それなりに筋が通ってないと、たんなる難癖になっちゃいますし、そう思われても詰まらないと思うんですけどね。

ま、きちんと毎日Vistaを使ってるわけじゃないワタクシがこんなことを書いても、まあ、愚痴の類、たわごとにしかなりませんけどね。(笑)

|

« 壁紙変更のやり方 | トップページ | Conduitを使ってみた »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

もう、失敗作、に一票(笑)。

いや、一番の問題は「インストール出来ないソフトウェアがある」。これに尽きます。
僕がUbuntuに鞍替えした最大の理由はこれ、です。Pythonのインストールが終わらなかった(笑)。ずーっとインストーラが終わんないんですよ。無限ループに入ってたのかしら?
数々のフリーウェアがVistaに弾かれたので「使い物にならない」と判断しました。重さは二の次、ですね。もっともUbuntuに慣れるとVistaはやっぱり「重い」と言う印象ですが。
他にも、Cygwinなんかも入らなかったな。これも減点なんですが・・・・・・。
一番呆れたのは「Microsoft Visual何たら」でさえインストールが止まって進まなかった事、です(苦笑)。これにぶったまげました(笑)。
一時期、VBS弄ってたんですが、適当なエディタが無いんですよ。VBSを適当に自動インデントしてくれるエディタって無いのかな、と探して。
実は意外なんですが、Visual Basicもともかくとして、「BASIC系言語が書ける」エディタって殆ど無いんです。これが困った。
んで、色々探してみると、結局MicrosoftのVisual何たら、しかVBSって対応してないようなんですよ。まあ、他にもあるのかもしれませんが、「検索に引っかからなかった」と言う事です。
んで、そのVisual何たらダウンロードすると・・・・・これが終わらないんだ(笑)。無限ループに突入したみたいで。


「Microsoft製品でさえマトモにダウンロードさせないのか!!!」


この時点で僕はVistaに引導を渡しました(笑)。

投稿: cametan | 2009年1月12日 (月) 10時55分

ん〜これ、互換性の問題なんですよね。
セキュリティ上の。
特に開発言語系のIDEなんかは厳しい。
レジストリ弄る類はなおさら。

以前に書きましたけど、VisutalStudio2005でさえ、インストールに苦労しましたから。
んでも、発売から一年経過して、この辺は改善されているんですよね。
アプリ側で対応しているのもあり、OS側で対応しているのもありで。

で、これ大なり小なりXPの時もあったんです。
特にSP2が出た時。
あれもセキュリティ強化で、会社のPCなんかだと、業務に使用しているアプリの動作確認がベンダー側で完了するまでSP2は禁止になってました。
まあ、こういうのは、ちまちまとセキュリティパッチとか当たった時に発生してるんですけどね。

セキュリティが厳しくなって、やれることに制限が増えてきたんで、当然問題は発生するわけですよ。
で、仮に問題があるとすると、回避策がないこと。
これさえあれば、特に問題とすることはなかったはず。

まあ、大きな変更があったときには、過去の遺産の継承には、それなりに問題があるのは常の話なので、Vista用に作られたバイナリが動作しないならともかく、そうじゃないなら、失敗とまでは言えないんじゃないのかなぁ、と思うんですけどね。

投稿: かおりん | 2009年1月12日 (月) 11時55分

とは言っても、


>仮に問題があるとすると、回避策がないこと。


ってのはやはり致命傷なのでは、と(笑)。


>大きな変更があったときには、過去の遺産の継承には、それなりに問題があるのは常の話


これは確かにありましたよね。
でも・・・・・・う〜〜〜ん。
例えば8bit時代から16bit時代に変わったとき、って誰も「互換性」って言わなかったんですよね。「マシンが違うからしょうがない」ってあの時代は割り切れてました。もっとお8bit機って使ったことないんですけど(笑)。
16bit以降ですよね。互換性どうの、ってので苦労しだしたのは。
んで、ある意味Windowsユーザーって・・・・・・「調教されてない」ってのはあるかもしれませんね(笑)。大衆化路線、ってのが弊害化してて……。
いや、元Macユーザー的にはこれは調教されてるんで、あんま文句出ないだろうな、ってのがあります。
古くはMC68XXXからPowerPCへの「互換性の無い」CPUへの変更、その後は今度はIntelマシンでしょ?OSにエミュレータ積んで頑張ります、でも互換性は無い場合があります、とか言うアナウンスがあるんで、割にその辺の事って「Macを使う限り」慣れてるんですよね(笑)。
一方Windowsは……「WindowsはWindows」でしょうからねえ。認識の問題として。名前変えておければ良かったのに(笑)。その辺「XPもVistaも」Windowsだ、ってのがユーザー側の認識じゃないかな?多分大衆化路線なんで、そうなんでしょう。中身が基本的に同じだ、とかしかユーザーサイドは感じないでしょうからね。


>Vista用に作られたバイナリが動作しない


うん、Linuxとか、その点、登場から「全然変わってない」んですよね。まあ、もちろんちょこちょこ変更加わってるんでしょうけど。意外とこっちの方が安心するかも。
古くは70年代から基本的には(少なくともコマンドラインの見た目は)同じでしょうから。
でも、実際Vista用のバイナリって出ないでしょ(笑)?NTTにまで無視されてるんで、アレっすよ(笑)。誰も協力してない……Nintendo64状態ですね(笑)。

投稿: cametan | 2009年1月12日 (月) 18時51分

>>仮に問題があるとすると、回避策がないこと。
>ってのはやはり致命傷なのでは、と(笑)。

確かに、回避策が存在しないなら致命傷かも知れませんが、各種アプリケーションってのは、今時点でも結構動いてないんですかね?
商用ソフト、オープンソース含め、仮に今時点ですらVista上で動作するバイナリがないとすると、かなり問題が大きいような気もしますけど。
これ、対応してないとするとアプリケーション側の怠慢ですよね。
OSそのものに多少問題があるとして、Vistaをサポートしないってのは、通用しないと思うんです。
基本的に売ってるのはVistaなわけで。
多少知識のあるひとなら、プレイントールされたOSにはXPを選ぶかも知れませんけど、新規に購入するひとは、Vistaになってしまうわけですよ。
で、そのユーザーが購入してきたタイミング、時に今くらいSP1も出てしまった状況で、まだ動かないってのはさすがに如何なものか、と。

>例えば8bit時代から16bit時代に変わったとき、って誰も「互換性」って言わなかったんですよね。

ハードウェアレベルで異なるものを、互換性を維持しようって動きは、昔からあまりなかったように思います。
まあ、Macの場合はPowerPCの時には68Kエミュレーターとか搭載して、それなりに話題になりましたけど。
基本的に吸収しようがないので、まあ、諦めましょう、ってことだとは思います。
無理して値段上げるくらいなら、割り切りましょう、ってことですかね。


>一方Windowsは……「WindowsはWindows」でしょうからねえ。認識の問題として。

これはその通りで、基本的にWindowsはWindowsなんですよ。
で、経験的には大抵の物は動作していました。Vistaでも。
一部ハードウェアに関係するものはNGでしたし、それらはドライバ揃うまでは無理でしたね。
それ以外だと、ちょっとお行儀の悪いアプリケーションがNGだったと思います。
正直、この辺の問題って、常にあったと思うんです。
Windowsがバージョンアップルするたびに。
もちろん、Windows98/MEから2Kへの移行、XP登場時、XP SP2登場時。
色んなアプリケーションで問題が発生していました。
ことさら、Vistaだけ取り上げて互換性問題を語るのは如何なものか、と思うんですけどね。
Vistaの場合には多かったんですかね、互換性で問題が発生したのが。
完全に動かないわけじゃなく、例えば管理者として実行すればOKだったとか、そういうことはなかったんですかね?
ワタクシの経験としては、大抵の物は権限の問題でインストーラを管理者として実行するとか、アプリケーションを管理者として実行すれば動作したように思います。
もちろん、手間は増えてますけど、Vista対応までの辛抱かなぁ、と思ってましたし。

一部ユーザーが騒いだか、いわゆるキラーアプリが動作しなかったんですかね、もしかして。
そうなら解らんでもないですけど、それにしても、登場当初のOSがXP用として謳われてるアプリケーションが完全には動作しないってのは、ある意味仕方ないと思うんですけどね。

繰り返しになりますが、今もって動かないなら、それはそれで問題大きいとは思いますけど。
APIに互換性がなくなったわけじゃないと思うんですよ。
問題はセキュリティの強化ってところなので。

で、セキュリティの強化を仮に簡単に外せるようにしてたとして、ハズして使ってて情報漏洩すると、今度はOSのセキュリティが甘いとか言い出すひとが必ず出てくる。
この辺はバランスが難しいのと、Windowsはどっかで、管理者とユーザーの使える領域をきっちり切り分けが必要なんじゃないかと思いますけどね。
ただ、マルチユーザーのOSではないので、本来その必要があるのかどうか、ってのは議論の余地がありそうですけど。

正直今のVistaに対しての非難、批判の類って、イマイチ根拠が見えないんですよ。
実は何が問題なのか解ってないんです、ワタクシ自身。
特に問題あるとも思ってないんですね。
普段あんまり使ってないから、アプリが動作しなくても、さほど痛痒を感じないってのと、基本IEとか動けば充分な使い方しかしてないから、ってのが大きいと思いますけど。


>でも、実際Vista用のバイナリって出ないでしょ(笑)?

本来不要ですからねぇ。APIレベルでは互換取れてるし。
アプリケーションがシステムの余計なとこまで触るような仕様じゃなければ、大抵の物は大丈夫だと思ってるんですが。

レジストリとかいじり始めるとダメなのかな。
昔作ったツールは動かないんだろうなぁ。
フォルダの監視とかしてたから。(笑)

投稿: かおりん | 2009年1月12日 (月) 19時25分

初めまして。Vistaの再評価をしようと色々調べている者です。

私、企業向けにパソコンの販売などで飯を食っているのですが、
Vistaに対するお客様の反応は、
『圧倒的なシェアに物を言わせて、無理やり買い換えさせようとしている』
というものでした。
身近な量販店からはXp機が一気に消えましたし。
同時期のOffice2007インターフェイスにも批判が集まってました。
Vistaの不評は、M社様の驕慢ぶりに対するユーザーの反発が集中しただけかもしれません。

しかしながら、Vista不評の理由は、
それだけではないと思うところもあります。
まず、多くのユーザー(個人・企業)の場合、Xpとの比較対象はWindows98SEになると思います。
Xp、私も始めは文句言ってました。Win98とあまりに違うし遅いって。

けれどそれを上回るメリットももたらしてもくれました。
まずXpはなかなか落ちない。Win9xは突然のフリーズなんて普通でした。
また、USB機器を挿したらすぐ使えるのも便利でした。
ドライバもかなり自動で認識してくれるので手がかからない。
ネットワークも安定して動き、VPNなどの新技術も身近なものにしてくれました。

それに対して、XpとVistaを比較して、Vistaは何を齎してくれたのでしょうか?
見た目が変わって使い方に戸惑う上に、
今まで使っていたソフトや機器が使えなくなったり
何より遅い(低スペックVista機を平気で売る量販店も悪いと思いますが)

Xpに満足していたのにそれを取り上げて、
お洒落な見た目か知らんが使いにくいだけでデメリットしか感じられない物を、
自分でカスタマイズすればいいだろうがと押し付けられて、
黙っているほどみんなお人好しじゃないんですよ。

>これ、2KからXPに変わった時もあった話なんで。
>ただ、こういう点に文句言うヒトって開発者なんですかね?
>画面効果がうるさいなら切ればいいだけでしょ。
>足りないなら使えない、これは仕方ないような気がするんですが。
>まあ、コンシューマーの立場でただ文句を言うのもアリだとは思うんですが、変わったコトによる弊害が何で、何が具体的に問題なのかを>キチンと文句として取り上げないと、あまり説得力がないような気がするんですよね。
>どうせ出すなら、文句じゃなく、「こうなってればいいのにな」って意見じゃあないのかな、と。
>文句じゃあなく愚痴ならアリかも知れませんけどね。(笑)
>文句はねぇ。それなりに筋が通ってないと、たんなる難癖になっちゃいますし、そう思われても詰まらないと思うんですけどね。

部下がこんな風にお客様の事を言ったら殴ってますね(笑)
文句を言う奴らは声の大きい少数のクレーマーにすぎないってか?
それ以前に、最初っから不要だと拒絶されてたんだよ気づかなかったのかよホントに社会人かお前。

投稿: 山本寛 | 2012年6月20日 (水) 00時15分

>Vistaの不評は、M社様の驕慢ぶりに対するユーザーの反発が集中しただけかもしれません。
MSのことかとは思いますが、OSのバージョンアップ、および、それに伴うハードのリプレイスは、どのOSでも発生するものかと思いますが。

>まず、多くのユーザー(個人・企業)の場合、Xpとの比較対象はWindows98SEになると思います。
>Xp、私も始めは文句言ってました。Win98とあまりに違うし遅いって。
コレに関しては、山本さんの仕事上の話が絡んでくるので、なんとも言えないところも大きいんですが、ワタクシは、XPのリプレイス対象は、ほぼ2Kだったと思います。
というか、ワタクシの仕事では、ほぼ例外なくそうでしたので。
98SEも、残ってはいましたが、レアでしたね。

で、その後に続く話の安定性ですが、98SE/Meと比較すると、NTカーネルに統合された、2Kで、OSとしての安定性は飛躍的に上がったと思っています。

>それに対して、XpとVistaを比較して、Vistaは何を齎してくれたのでしょうか?
元記事の方でも結構触れられていると思ってましたが、そうでもないようで。
基本、「安全性」を提供している、と考えています。
例えば、ユーザーに、「この操作はPCに対して変更を行うものだが、本当に行なって良いのか?」などの確認ですね。
煩わしい、と感じるひとの方が多いと思いますが、一方で、XPの場合は、何も警告なしで、システムに関する部分に対しての操作が可能だったため、セキュリティ的な問題に対して、余計な気を使わねばならなくなった、という側面があるかと思います。
Vista以降は、「ユーザーに確認する」ことで、事前にユーザーに対して、警告されることの意味を考えることを促してします。
セキュリティ、ということに無頓着になりがちな、コンシューマユーザーでも、嫌でも意識せざる方向に持って行った、ということですかね。
本来はもっと早く行われるべきだったのかも知れませんが、XPが異常に長生きになってしまったため、結果としてはVistaで煩くやらねばならなかったのでしょう。
その他、管理者権限じゃないと、システムに干将出来ない、のも当然なのですが、XPだと、その管理者権限を持つユーザーで、すべての作業を行ったりする場合が多く、結果として、ウィルスやらスパイウェアやらに引っかかって、イヤな汗を流す、なんてことも多かったのは事実じゃないでしょうか。

そのような、セキュリティ意識に対して、Vistaは、従来のWindowsよりも積極的にユーザーに警告し、訴えかけてきます。
もちろん、これも、セキュリティレベル、UACのレベルを下げることで、警告の数も少なく出来ます。
最大に設定してあるのは、MSの意図ではないか、とワタクシは考えますが。
一方で、Windows7では下げてきましたけど。
ユーザーに不評だった、という側面は非常に大きいと思いますが、一方で、これもMSの戦略だったのかな、と思わないでもないです。
Vistaで、一度「改悪」に見せかけたセキュリティ対策と、その煩わしさを見せたあとで、7で、一見「改善」に見せる、という。
#その他にも、幾つか、7では大きな変更が入ってますが。

あと、気が付きにくいかも知れませんが、XPとVistaを比較すると描画システムに大きな変更が入っています。
結果として、「重さ」を生んでる部分でもありますが、根本的な部分から見直されたので、AEROの視覚効果を切っても、おそらくは有効なんじゃないかと思いますが。
具体的には、XPでは発生する、ティアリングがVistaでは、ほぼ完全に抑えこまれています。
#すごく大雑把に行ってしまえば、画面のチラツキですね。
マルチメディア機能を使用しない場合には、あまり影響はないかも知れない、と思われるかも知れませんが、通常のウィンドウ移動などでも、ティアリングは発生し、気がつくと、かなり煩わしいものです。
マルチメディア機能に力を入れた結果、この部分は、かなり真剣に改善されたようで、XPとVistaで動画を見比べれば、その差は明らかか、と思います。

その他、細かいバグフィックスなど、MSのOSは間違いなく新しい方がよい、とワタクシは考えていますが。
#企業への導入、再度の教育のコスト、およびハードのリプレイス、など考えた場合に、それらのメリットと釣り合うかどうか、は、また別の話であると思います。

>部下がこんな風にお客様の事を言ったら殴ってますね(笑)
殴られたくはないので、たわごと、と受け流してくれるとありがたいのですが。

個人的には、今更Vistaを再評価する必要があるのか、という点については不要、と思います。
Windows7が出ていますし、もう半年もすれば8が出そうな時期です。
今更Vistaを再評価しても、サポートもほどなく切れますし、無意味ではないか、と。
なぜ導入しなかったのか、という点について考察する、ということであれば、問題はないかと思いますが、その点に関しては、ワタクシは、以下の点になるのかな、と思っています。
・企業で導入されているハードの償却期間が終わってない
・企業で使用されているアプリケーションの動作検証に掛かるコストが甚大
・OSの使用方法の再教育に掛かるコストが無視できる範囲ではない

Vistaが現役の当時は、まだXP機の入手も容易であり、MSもOSのダウングレードというちょっとなんだかな、というライセンスでXPの延命を認めてきました。
Windows7から、そのダウングレードも不可能になり、償却期間を終えた端末からWindows7にリプレイスされざるを得なくなり、企業ユーザーも重い腰を上げたのではないか、と思っています。

なお、
>自分でカスタマイズすればいいだろうがと押し付けられて、
>黙っているほどみんなお人好しじゃないんですよ。
この件に関しては、非常に同意です。
デフォルトが使いにくいものは、やはり使いにくい。
カスタマイズすれば使いやすくなるよ、と言われても、万人がカスタマイズするとは限らないし、また出来るとも限らない。
デフォルトが使い易いのがベストだとワタクシも思います。

これはLinuxなんかを使ってると、強く感じる部分ではありますが。

そのせいかも知れませんが、ワタクシはVistaを別に使いにくい、と思ったことはなかったので。
ただまあ、開発環境の構築には、ちょっと手間が掛かりましたが。
Vistaで苦労したのはそれくらいですかね。
あとは、慣れるまでは設定を行う際の各種項目がどこにあるのか、探すのに困ったりました。
それ以外は、さほど困らなかった、というのが個人的な感想ですね。


投稿: かおりん | 2012年6月20日 (水) 07時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/43714581

この記事へのトラックバック一覧です: Vistaが失敗作ねぇ:

« 壁紙変更のやり方 | トップページ | Conduitを使ってみた »