« ガンダムOO 2nd #18 | トップページ | こりゃすげぇ。(笑) »

GeanyとかいうIDEを見つけた。

しばらくぶりの投稿になる気がしますが。(笑)
ま、何もしてなかったわけでもないんですが、特別記事にするほどのこともなく。
#つまり、何もしてなかったのか。orz

たまたま、GetDebでエディタを見つけたので、インストールしてみました。
説明見ると、簡単なIDEですよ、てな感じで書いてありますが。
Geanyだそうです。
本家サイトはここ、なのかな。
Ubuntuの場合は、上記GetDebから持ってくるのがいいんじゃないですかね。

以前からPython用のIDEを探してた、というのは以前書きましたけど。とりあえず、sciTEなんてのを使ってたりしたんですが。
#ま、それからあんましプログラム書いてないんですけどね。

とりあえず、ってところでは全然問題なかったんで、まあ、sciTEでもよいとは思うんですが。
GTK2で作られてるって書いてあったんでGNOME環境にはこちらの方が相性いいのかな、とか思いましてね。
特に日本語関係とか。

で、インストールしてみたわけですが、当然のように普通に動きます。
ま、Ubuntu用なんで、その辺は当然か。
Vine使ってた頃は、野良ビルドが当たり前だったから、普通にパッケージでインストールして動くとちょっと感動してみたり。(笑)
#ま、今のVineは解りませんけど。Vine2.0とか、そんな昔の話ですから。

新規にプログラム書くのは大変なので、前にsciTEで弄くったプログラムを読み込んでみて。
まあ、普通に表示されますし、編集も特に問題なさそう。
拡張子でPyhtonプログラムというのを自動的に認識して、関数とか、変数とかも自動的に抽出するし。
細かい設定なんかは、まだ設定ファイルで行うようなので、この辺整えばsciTEなんかより使い勝手は良くなるかも知れません。
まあ、キーバインドなんかが弄れるのかどうかまで見てないので、使い込みはこれからなんですけど。
ファイル読み込んで実行可能なとこだけでもsciTEと比較して、使い勝手が変わらないようなので、これでOKなところはあるんですけどね。
日本語も、GEdit並とは言いませんが、普通にインラインで入力可能ですし、保存も読み込みも問題ありませんでした。

まだバージョンが若いので、これからが楽しみ、という気はしているんですが、個人的には、ヘルプファイル等のパスを設定して、オブジェクトの後の.でメソッド等を表示してくれる、インラインヘルプみたいなのが実現されると嬉しいですかね。
ま、MSのVisualStudioみたいな機能です。
あれ、なにげに便利なんですよね。
さすがに全部のオブジェクトの全部のメソッドなんて覚えてないので、ずらっと一覧で出てきて選択出来て、カッコ入れると、引数の一覧がツールチップで見えるんで、うろ覚えでも実装可能なんで。
ああいうのが入るとIDEらしくなると思うんですけどね。
#その代わり起動に時間かかるけどな。

まあ、軽い環境と便利な環境ってのは、なかなかアンビバレンツなものなので、両立は難しいとは思いますけど、お気軽にプログラムできる環境ってのは、やっぱりありがたいと思うので。
そんで、Gladeなんかと統合して使えると、なおGUI関係の開発やるにはありがたいんですけどね。

そういや。
PythonってGTK使う時、Glade使えないのかね。
調べてないんで、ちと解らないんですが。
GNOME環境で使うツール作るなら、そっちの方がいいのかなぁ。

|

« ガンダムOO 2nd #18 | トップページ | こりゃすげぇ。(笑) »

Ubuntu」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/44132911

この記事へのトラックバック一覧です: GeanyとかいうIDEを見つけた。:

« ガンダムOO 2nd #18 | トップページ | こりゃすげぇ。(笑) »