« 新しいscreenletsを使ってみる-SysMonitorPlus | トップページ | ガンダムOO 2nd #24 »

64ビット化のメリットとデメリット?

大げさなタイトルですが。(笑)

64ビット化したわけですが、メリットとデメリットなど整理してみようかと思いまして。
ま、その実、単に思いついたことを並べるだけで、あまり整理にならないとは思うんですけどね。

ワタクシの使用しているCPUはCore2DuoのE6850、3.0GHzのものです。
#CPUの型番間違えてました。修正してます。E8400じゃないよ。orz
インテルCPUなので、購入した当初は、32ビットCPUと信じていました。(爆)

その後、実は64ビット命令コードもサポートしていると知ったわけですが、ネット上の風聞では、Core2は32ビットよりも64ビットの方が遅いらしい、みたいな話で、64ビット化はためらわれていたわけです。
ま、それ以外にもUbuntuの64ビット版は、結構地雷が多く、運用するには手間だよ、なんてこれもネット上の風聞を見てまして、まあ、それなら32ビットで困らんし、いいか、と。

んでも。
メモリが暴落した際に、つい大量にメモリを搭載してしまって。(笑)
このままでは積んだメモリが使えないので困るな、と思っておりました。
Ubuntuでは、32ビットカーネルは標準ではPAEが有効になってませんし、サーバカーネルだとnVidiaドライバの導入に苦労するし。

そんな些細な理由で、ずっと64ビットUbuntuが気になってました。
単に積んだメモリを認識させたい、だけです。(爆)
それ以外の理由なし。(^^;

で、今回HDD換装を機に64ビット版Ubuntuを導入してみたわけですが。

正直な話、メリットもデメリットも解りません。(爆)

まあ、主観的な話ですと、デメリットはないかな、と。
いくつか、amd64アーキテクチャのdebパッケージがないものがありましたが、導入に苦労したわけでもなく、ちょっと例外的なオプションにより、インストールは可能です。
それ以外には、通常のリポジトリがあるものならば、たいていの場合、amd64アーキテクチャのdebパッケージが用意されてますし。
ちょっと困ったのは、ubuntu-desktop-jaがないので、日本語Remix化するには、自力でどうにかせねばならん、くらいでしょうか。

ああ、あとなぜかdelugeの最新版が動きませんでした。
ま、これはリポジトリのバージョンを使用することで回避可能でしたが。

一番よく使うのが、動画の視聴なんですが、これも問題なく動作しています。
今のところ、フリッカーも出てないようですし。

そのほか、大きくメリットを感じているところといえば、やはり、自前でPAEを有効にしたカーネルを作る必要がない、ってことですかね。
Ubuntuから提供されるカーネルパッケージの導入だけで、問題なく動作する、ってのは非常にありがたいです。
カーネル追っかけしなくても済むし。(笑)

そういう意味では、現在のnVidiaドライバも安定していると思われるので、これはこれで本家ドライバ導入とかしないで済むのでOKかな、とか。
最新版追っかけも楽しいんですが、まあ、ぼちぼちいいかなぁ、という感じがしています。
#単に飽きただけ。(爆)

で、肝心の性能面ですが。
いろいろとネットで調べてみると、ネイティブなアプリケーションの場合、Core2でも5%程度は高速に動作する、なんて結果も目にしました。
Windowsでの64ビット版でのベンチマーク以外にも、MacOSなんかでの結果がいくつかネットで見つかります。
そうして考えてみると、Ubuntuの場合、専用にビルドされている場合が多数なので、ネイティブに動作するアプリケーションと見てよいのではないかな、と思ってます。
で、5%が体感できるか、というと。

無理。

気のせいレベル。

どこまで体内時計が正確ですか。くらいのレベルじゃないと体感できません。
実際、ワタクシは、まったく体感できていません。

んでも。
ケロロ軍曹のエンコードは、トータル時間が短くなってるように思えます。
これ、Avidemux使ってるんですが、残時間が表示されるんですよ。
これが、32ビット環境よりも、64ビット環境の方がかかる時間が短くなってるようです。

まあ、この辺もうろ覚えの記憶からの比較なので、正確な線は不明なんですが。

そんでもね。
気のせいでも遅くなったわけじゃなく、速くなったんだからよしとしとこうかと思います。

結論としては。

地雷を踏む覚悟があり、4GBを超えるメモリを積んでいるなら、Ubuntuの64ビット版の導入には、メリットこそあれ、デメリットはない、といえます。

逆に。
そこまでメモリ積んでないなら、別に32ビット版でいいじゃん、ってのがワタクシの結論ですかね。
まあ、ある意味64ビット版でも32ビット版でも、大きな違いはないなぁ、というのが正直なところですかね。

まあ、巨大メモリ空間をフラットに使える64ビット版は、もしかしたら巨大データ(動画とか)を扱う作業には向いていて、しかも高速、な可能性がありますけどね。

今のところは、メリットもデメリットもこの程度。
誤差の範囲内でしか感じないってことです。

好きな方をインストールすればいいんじゃないでしょうか。(爆)
#だから、どっちが好きか解らないんだってば。

|

« 新しいscreenletsを使ってみる-SysMonitorPlus | トップページ | ガンダムOO 2nd #24 »

Ubuntu」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/44444513

この記事へのトラックバック一覧です: 64ビット化のメリットとデメリット?:

« 新しいscreenletsを使ってみる-SysMonitorPlus | トップページ | ガンダムOO 2nd #24 »