« Ubuntuで麻雀 | トップページ | 新しいscreenletsを使ってみる-SysMonitorPlus »

Avast!も動いた。

結局64ビット版でも、32ビット版のパッケージが動作する。
この辺、64ビット版がよくできているから、なのか、そもそも、バイナリで動作するものなんて、あんまりなくて、Pythonみたいなスクリプト処理されているものが多いからなのか、は解りませんが。

一応、64ビット版が互換性に関して、よくできているってことにしときましょうか。(笑)

先ほど、AdobeReaderの時に無視してインストールしたアーキテクチャ。
今回もこれをやれば、いけるんじゃないか、と思った次第で。

で、コマンドはこんな感じ。

sudo dpkg --force-architecture -i avast4workstation_1.3.0-2_i386.deb

これで、コマンドからavastguiで起動するとエラーもなく起動しちゃいます。
ま、必要ライブラリが少ないから、この手の技が可能なのかな。

あんまりやると、インストール関連ではまりそうですが。
特に、依存関係があるようなアプリケーションのインストールの場合には注意が必要そうです。
次期バージョンでx64_64対応になった時に、すでに強制的にi386が入っててハマル、ってのも構図としてはありそうなんで。(笑)

ワタクシも注意しましょうかね。(笑)
#ま、そのための覚え書きか。

|

« Ubuntuで麻雀 | トップページ | 新しいscreenletsを使ってみる-SysMonitorPlus »

Ubuntu」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/44431061

この記事へのトラックバック一覧です: Avast!も動いた。:

« Ubuntuで麻雀 | トップページ | 新しいscreenletsを使ってみる-SysMonitorPlus »