« 古いPCでUbuntu | トップページ | 古いPCでUbuntu(3) »

古いPCでUbuntu(2)

遅いのはHDDなので、「めも」さんのところを参考にいくつか。

高速化計画その1 noatime
高速化計画その2 ext3はwritebackで

この辺の設定を行って再起動。
プラシーボで速くなったと信じることに。(笑)

Xubuntu化はしてみましたが、やっぱりイマイチUIが合わない感じがしたので、GNOMEに戻しました。
操作感は、正直大差ないかなあ、というのが本音。
ウィンドウの描画とか、確かにきびきびした感じはあるものの、Compizだと、画面効果で、そこそこごまかされてしまうので、Compizでよいかな、と。

結局アプリケーション起動周りはHDDが足を引っ張るので、あんまし変化ないし。
一番問題だったのは、モニタが古いCRTでフォーカスが甘くなっているので、デフォルトの文字サイズとかだと、かなり見にくい。
細々と調整すれば、どうにかなるものの、ちょっと面倒だったので、大差ないならGNOMEでよいか、と。
ま、ずぼらの結果なので、そのうち、時間取ってXubuntuの設定をしてみるのも悪くないかも知れません。

家族からは、8.10のデフォルト壁紙が気に入らないので、どうにかせよ、と言われまして。(笑)
GNOME-look.orgから気に入ったものを選んで貰って設定しました。

そんだけで、あとは気にせず使ってるみたいです。
もう少し、細々と設定は弄る予定ですけどね。

で、せっかくなので、古いPCから、印刷もできるようにしてみました。
なぜかIPPでは接続できずに、samba接続で印刷可能となっています。
不思議。
ま、この辺、設定を追い込まずに、適当にできる方法でやっただけなので、もしかしたら、プリントサーバ側になんか設定が不足している、とかその程度の話じゃないのかな、と思ってますが。
ファイル共有もsambaになってるので、まあ、それならそれでいいかな、と。(笑)

sambaで印刷可能だったんなら、Windowsの場合でもできたんだなぁ、と今更ながら。
試してなかったので。

そういや。
リモート接続はXDCMPでの接続は、ログイン画面表示後、ログイン中にエラーが発生して落ちます。これもイマイチ理由が見えてない。
ま、なんかあるんでしょう、きっと。

とりあえずVNCではつなげるので、家族が使用中に、なんか問題が発生した場合でも、ワタクシのデスクトップPCから状態確認できるので、とりあえずOKかな、と。
リモート接続したい理由はそれくらいだし。

とまあ、おもちゃが増えたので、朝っぱらからいろいろと遊んでました。(笑)

さて、今晩は何を試すか。(爆)

|

« 古いPCでUbuntu | トップページ | 古いPCでUbuntu(3) »

Ubuntu」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

noatimeは必要ないかもしれませんよ

atime関連マウントオプション使用時のディスク性能比較
http://d.hatena.ne.jp/shiumachi/20080614/1213415948

投稿: | 2009年4月16日 (木) 11時40分

情報ありがとうございます。検証してるサイト、見て見ました。
弊害もあるようなのでnoatimeは外してみます。

投稿: かおりん | 2009年4月16日 (木) 21時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/44684758

この記事へのトラックバック一覧です: 古いPCでUbuntu(2):

« 古いPCでUbuntu | トップページ | 古いPCでUbuntu(3) »