« Q9650到着 | トップページ | 古いPCでUbuntu(5) »

古いPCでUbuntu(4)

古いPCでのビデオカードも古いものなので、またモニターもCRTで10年選手なので、フォーカスが甘いのは仕方ないのかなぁ、と思ってました。
でも、ふと思い立って、DELLを買った時にモニタに付属していたアナログ用のケーブルが余ってたので、付け替えてみました。
古いモニタにつないでいたケーブルは、これまた10年選手のBNCケーブル。
ケーブルなんてものは、こだわるなら1年程度で買い換えるようなものなんですが、こだわってなかったので、すっかり忘れてました。(笑)

で、意外に改善。

そんでも、まだデジタル液晶ほどのシャープさは得られない。
ま、仕様上仕方ないような気もしますが。

なんとかならんかなぁ、とCRTの設定を見てたら。
垂直コンバージェンスと水平コンバージェンスなる設定項目を発見。
これ、本来なら色ずれの補正を行うものなんですが。
昔のCRTの多機能機には付いてた機能です。
まあ、それほど用途もあるとは思えないし、購入当初にちょっと調整して、特に変化がないのですっかり忘れてた調整項目でもあります。

ま、ピンぼけも、ある意味色ずれには違いないか、と思いまして。(笑)

ちまちまと調整。
本来なら、格子状のデータを作成して、虫眼鏡とかで拡大しながら調整するべきもんなんですが、白地に黒のWeb画面で適当に雰囲気で調整。(爆)
#ま、根がいい加減なんで、そんなもんです。

そんでも、新品ケーブルと、微調整によって、当初とは比較にならないくらいのフォーカスになりました。
なんでもやってみるもんです。

これで、CRTの寿命が尽きるまでは、使えそうな気配です。

とはいえ。
今朝も、試そうと思ってPCの電源入れたら、モニタには何も映らない、なんてことがあったんだよなぁ。
ぼちぼち寿命なのは間違いないんで、覚悟だけはしとかないと。
#リサイクルってどうやるんだっけかな。



|

« Q9650到着 | トップページ | 古いPCでUbuntu(5) »

Ubuntu」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/44696227

この記事へのトラックバック一覧です: 古いPCでUbuntu(4):

« Q9650到着 | トップページ | 古いPCでUbuntu(5) »