« k9copyのウィザードが割に使いよい | トップページ | 重いOS、軽いOS »

松島に行った

久しぶりに家族で松島へ。
TZ5も家族旅行で使う分には、いいデジカメではないか、と思ってみたり。(笑)
まあ、動画も撮れるし。

ちなみに。
松島では、水族館を見て、ホテル大観荘というところで昼飯食って、家族を松島→塩竃の遊覧船に乗せて、ワタクシは、家族を拾いにひとり車で塩竃へ、というコースを取りました。
掲載写真は、松島水族館でのペンギンです。(イワトビペンギンだったと思います。)

柄にもなく、こんな旅行記みたいなのを書いているのにも、それなりに理由がないわけでもなく。
まあ、結局のところ、どこかに行く場合、やっぱりネットで下調べをするんですが。
その際、参考になるのって、個人のブログ記事かなぁ、と思ったりしました。
もちろん、ホテルや旅館、それからレストランなんかの自分ところのサイトの記事も参考にします。
#行き方とかね。

んでも、良かったとか、悪かったとか、そういう曖昧な印象や、混んでたとか、道が解りづらいとか、そういう話って、正式なサイトには、もちろん書いてないので。

まあ、これもネットのおもしろさ、だとは思うんですが。
初めて行った土地で感動したことや、感じたことって、結構、行った近辺では覚えていても、そんなむちゃくちゃな感動なんてないので、時間が経つと忘れちゃうじゃないですか。

んでも。

ブログ書いてるひとだと、まだ記憶や印象が新鮮なうちに、きちんとブログにまとめてある場合が多いと思うので、印象を知りたい場合には、非常に参考になるなぁ、と。

特に観光地で、どこで飯食うとか、どこを見るとか、そういう割と目的に近いところを決めるための参考情報にはなるんじゃないかな、と。

というわけで。
他人の書いた情報ばかりを参考にさせて貰って、何にも還元しないのもアレなんで、一応書き留めておこうかな、と。

まあ、松島ってぇと瑞巌寺とか有名ですが、行ってません。(笑)
ま、家族連れで行ってもおもしろいところじゃないし。
子供が中学生くらいになって、歴史に興味を持つようだったら、またその時に改めて。(笑)

なので、水族館。
入場料は1400円なり。たけぇ。(爆)
水族館としてのおもしろさは、正直いわきのアクアマリンふくしまの方が上だと思います。
でも。
ペンギンがいっぱいいて。しかも、ペンギンと握手とか、おうさまペンギンとお散歩とか、ペンギン企画が多数。
ペンギン好きなら一度ぜひ。(笑)
そういう意味では、イベントとしては、松島水族館の方がアクアマリンふくしまよりも子供向けのイベントになってるような気がします。
#実際、子供連れが多の何のって。

他は見所としては、あまりなく。(爆)
ラッコとか、マンボウとか、パンダイルカとか。デンキウナギとかね。
ま、それらしい珍しい魚は見えます。
で、知らなかったんですが、今年は国際カエル年だそうで。
カエルの展示も一部行われてましたな。
カエル好きの方は、近くの水族館でもやってるかも知れないので、是非チェックを。

おみやげ物やで、おうさまペンギンの子供のミニチュアが売っていて。これが非常にワタクシの琴線を揺さぶったんですが。
もう、ぐわんぐわんって感じで。
ここは大人なので我慢しました。(爆)
#200円だったらやばかったかも。

ついでに時間がちょうどよかったので、アシカのショーを見まして。
まあ、子供だましといえば子供だましなんでしょうが、それなりにおもしろかったですな。

しょっちゅう見るようなもんでもないので、タイミングが合うようなら、せっかくだから見といた方がよいかと思います。

で、腹が減ったので、あらかじめ調べておいた大観荘へ。
水族館でも簡単な食事ならできるし、弁当広げられるようなスペースもあるので、小さなお子様連れの場合には、弁当用意していくのもアリかも知れません。
我が家は、もうそんなに小さくないので。(笑)

大観荘を選んだ理由は、ファミリーバイキングってことで、バイキングをやっていたので。
大人2100円、子供1050円。
ま、バイキングならこんなもん。

ホテルのバイキングだから、と期待半分、あきらめ半分。
というのも。
バイキングって、あんまし名物料理とかないし。
松島というと牡蠣が有名です。んでもバイキングで生牡蠣やら焼き牡蠣やらはたぶんないだろうし、あっても牡蠣フライくらいでしょう、って感じですかね。
ぎりぎり牡蠣の旬なので、まあ、間に合うかなと思ったんですが。
旬のおいしいものを、ってんなら、ここは会わないかも知れません。

とはいえ。
バイキングの内容は、結構多彩で、料理もそれなりにおいしかったので、値段なりといえば値段なりといえるかと。
バイキング好きなので、機会があれば、また行こうかな、と思ってます。
何より、混んでなかったので。
#ってもガラガラでもない。
観光地だから、やっぱり名物料理や海鮮系を喰いたがるひとが多いってことでしょうね。
参考にさせていただいたブログでは、かなり混んでたような記述があったんですが、それ、別のレストランだったみたい。
#同じホテルのなかに、複数のレストランがあるんですよ。

バイキングは、適当に混んでて、料理の回転もよく、バイキングにありがちな、料理が冷めていたり、なかなか補充されなかったり、ということがありませんでした。

特に何がうまかったとかないんですが、どれもそこそこ。
ワタクシグルメではないので、激マズじゃなければ、なんでもイケてしまうので。(笑)

デザートがちょっと寂しい感じがしましたが、結構おいしいので、まあ、許せる範囲。
プチケーキの種類がもう少し多いと楽しいんですけどね。
果物も、ちと種類が少なかったかな。

ちなみに。
牡蠣フライはありましたけど、牡蠣フライはできたてじゃないとイマイチなので、料理が補充されたタイミングを見計らって取りに行けば良かったかな、と思いました。
料理は中華風と和風が主体だったので、パンとかなかったし。
パンとかあったらよかったのになぁ、とも。
#ホテルのパンってうまいじゃないですか。(笑)

とまあ、はみ出るほど喰って、遊覧船へ。

これ、いろいろとコースがあるんですが、ワタクシが選択したのは、松島→塩竃のコース。
松島湾内一周とかもあるんですが、混みそうだったのと、ぼちぼち帰りの時間かなぁと思って。
ちなみに。

ワタクシは県内なので、車で行ったんですが、かなり混みます。
有料道路が整備されているので、山の中を通ることになりますが、行き帰りとも、有料道路を使った方が、ストレスは少ないと思いますね。
あと、意外に駐車場が少なくて、すぐにいっぱいになるみたいです。
ワタクシは、9時過ぎに着くように行ったので、その時は駐車場はガラガラでしたが、昼前くらいに車に戻ったら、もう満車になってました。
車で行く場合には、渋滞と駐車場にはご注意。
瑞巌寺、五大堂近辺はすぐにいっぱいになるみたいです。

遊覧船は、ワタクシは乗ってないので、なんともいえませんが、子供の話を信じるなら、それなりに楽しかったようで。
まあ、こういう変わった乗り物は、乗るだけで楽しいもんでしょうから、そういう意味ではよい機会だったかな、と。
ちなみに、松島→塩竃コースで大人1400円、子供700円。
船は、それなりに大きい船で3階席まであり、2階席が+600円、3階席が+1000円だそうです。
そっちの席のチケットは船の中で購入ってことのようでした。
あらかじめ解ってたら、2階席のチケットにしたのになぁ、というのも後の祭り。
ま、本人楽しかったようなので。

遊覧船の移動時間は、約50分。
松島→塩竃間の車の移動がやく40分。
駐車場まで歩いたので、だいたいちょうどいいくらいの時間につきました。
距離で考えると20分程度の距離なんですけどねぇ。
かなり渋滞するので、そんな時間になるみたいです。
ま、利用する場合には、そんな点も注意した方がいいですかね。
#今は携帯あるから、連絡取れないなんてこともないか。

とまあ、これが本日のワタクシの家族サービスの全貌となります。(爆)
いずれどなたかの参考になれば。

天気が良かったので、外も気持ち良かったんですが、松島ってのは風光明媚な以外に、何もないようなところなので、あんまし期待して行くとがっかりするかも知れません。(笑)
遊覧船くらいは乗った方がいいでしょうね、せっかく行くなら。

なお、風光明媚って意味では奥松島と呼ばれる地域の方が上なので、状況に応じて足を伸ばすなり検討した方がいいかも知れません。

ワタクシ的には。
ベルギーオルゲールミュージアムと藤田喬平ガラス美術館は、お勧めなんですが、いずれも、子供連れでおもしろいところではないです。
デートとかなら、ね。(笑)


送信者 Blog


|

« k9copyのウィザードが割に使いよい | トップページ | 重いOS、軽いOS »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
>TZ5も家族旅行で使う分には、いいデジカメではないか、と思ってみたり。
最近、TZ7が出たじゃないですか。
だから、TZ5の中古が名古屋ソフマップに時々出てるんですよ。
約2万円で出てるなら買おうかと見てると、1週間ももたずに売れてしまってます。

投稿: mi84ta | 2009年4月 6日 (月) 00時00分

コメントありがとうございます。
確かに2万円で買えるならいいかも知れません。
もちっと室内での画質がよいと、何の問題もないんですが。(^^;
今は、コンパクトでないデジカメの6万円くらいのでなんかいいのないかなぁ、と物色中です。

投稿: かおりん | 2009年4月 6日 (月) 10時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/44576766

この記事へのトラックバック一覧です: 松島に行った:

« k9copyのウィザードが割に使いよい | トップページ | 重いOS、軽いOS »