« 今年も咲きました。 | トップページ | GDMテーマを弄る »

ケース改造

東北の方も、だいぶ春らしい陽気になりまして。

まあ、それはそれとして。
こうなってくると気になるのは、室温とCPU温度というか。(笑)

ま、別にOCとかやめてしまってもいいんですが、温度が高いのは気になるところ。

実は、Q9650を注文していまして、まだ届いてないんですが、ネットの風評を見る限り、Core2Duoよりは温度が高めらしいんで。
#んでも65nmのE6850よりは45nmのはずなので、温度低いんじゃないの、とも思ってますけど。

CPUパワーを使う用途ってのが、ほとんど動画エンコードのみなので、まあ、クアッド化もいいかな、と。
これであとは箱さえ買えば、もう一台組めるし。(笑)

で、ここからが本題。

今のDELLのケース、エアフローはそんなによくないようで、ケースに似合わない巨大CPUクーラーも悪さをするのか、期待したほどCPU温度は下がらないんですよね。
以前から、吹きつけ型のCPUファンと、ケース側面の隙間がほとんどないのが気になっていて。
CPUファンの意味があまりないのかなぁ、とか思ってました。

そんでも、ファンを止めると、それなりに温度上昇するので、まあ、無意味ではないんですけど。

で、本日、思い切って、ケースの側面のフタに穴を開けました。(笑)
ほぼ1cm間隔で縦横13個ずつ。
169個もの6mmの穴を。
電動ドリルでシコシコと。(爆)

ドリル刃が使い古しのものしかなかったので、切れ味が落ちていて、かなり苦労しました。
途中で何度投げだそうかと思ったことか。

そんでも、やりかけてやめるほど無惨なものはないので、がんばりました。自己満足のために。(爆)

結果、10度弱、高負荷時、およびアイドル時に下がったので、まあ、やって良かったのかな、と。
#正確には計ってないので、あれなんですが、高負荷時で10度、アイドル時7度程度のCPU温度低下だと思います。

GPU温度も2度ほど下がってるので、ケース内全体の温度の改善にはなったのかも知れません。

これで、あとはCPUが届くのを待つばかり、なんですが。
在庫切れになってたからなぁ。

|

« 今年も咲きました。 | トップページ | GDMテーマを弄る »

ハードウェア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/44636095

この記事へのトラックバック一覧です: ケース改造:

« 今年も咲きました。 | トップページ | GDMテーマを弄る »