« 古いPCでUbuntu(3) | トップページ | 古いPCでUbuntu(4) »

Q9650到着

アマゾンで注文していたQ9650が到着しました。
これでクアッドコアだ。(笑)

1時間弱かけて搭載。
ケースが狭いんで、CPUクーラー装着に手間がかかります。
今はグリスのエージング中。
終わったら、OCやるかなぁ。放置かなぁ、って感じ。

温度は思ってたよりも高めです。
まあ、これも計測ツールによりいろいろっぽいんで、絶対温度では計測できないのかな、と思ってますけど。
よほど不自然に高くない限り、あまり意識せんでも良さそうな気配ですが。

気になったのはコア温度がバラバラなこと。
グリスの塗布に失敗したのかなぁと思ったんですが、ネットで調べてみると割と当たり前っぽい。
ひとによっては、アイドル時のコア温度に10度も差がある場合もあるみたいだし。
ワタクシの個体では、そこまでは差がないので。
#最大3度程度。

これから夏を迎えることだし、OCはまあ、しなくてもいいかな。
4コアになることで、いくつかscreenletsなんかのモニタを追加。
CPU負荷とか。
全部見なくても良さそうなんだけど、エンコード時にきちんと負荷が分散してくれるか、とか一応チェックしとかないと。
せっかくの4コア、負荷が高くなる時はまんべんなく使いたいものですし〜(笑)

ちなみに。
ブログ書いてたり、動画見てたりの場合、ほとんど負荷はあがらないので、あんまし4コアの意味ないです。
Ubuntuで、それほど高負荷なことをしない限り、宝の持ち腐れとなる可能性もあります。
最近、古いPCのUbuntu化も行っており、そちらでも案外実用性は悪くないことを再認識していますので、考えてみれば、別にQuadCoreなんて要らなかったかも、と、今更ながら、少し冷静になってみたり。orz

一方で。
2台目を組むためにはCPUは必須だったわけで、そういう意味では、スペック劣るものを購入しても仕方なかったんで、まあ、これはこれでアリだったなかな、と。
もう少し、CPUを使うようなPCの使い道を考えますかね。

壮大なプログラムを組んで、コンパイルにCPUをきちんと使う、とか。(爆)

|

« 古いPCでUbuntu(3) | トップページ | 古いPCでUbuntu(4) »

ハードウェア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/44695588

この記事へのトラックバック一覧です: Q9650到着:

« 古いPCでUbuntu(3) | トップページ | 古いPCでUbuntu(4) »