« 古いPCでUbuntu(6) | トップページ | 初音ミクブログパーツ【フルみっく伝染歌プレーヤー】をScreenletsで使う »

sshを使ってみる。

せっかくUbuntu-PCが2台あるので、いろんなリモート接続を試してみました。

ほとんどは、Ubuntu Weekly Recipeに紹介されている内容となりますけど。
sshって今まで使ったことがなく。
まあ、試してみたいな、と。

ちなみにVPNでの接続は全く問題なし。
XDMCPでの接続は、GDMから接続は問題ないんですが、一度デスクトップを開いて(ログインして)から、ターミナルサーバクライアントで接続を試みると、キーボード入力が必要なアプリケーションを開くとxnestが落ちます。
調べてみましたが、バグ認定されているっぽいので、そのうち直るのか、別に重要視されてなくて、しばらく放置なのかは解りませんでした。(^^;

で、最後のひとつがssh。
端末から接続して使うわけですが。
まあ、別にGUIにこだわらなければ、これが一番簡単にサーバ機を操作できます。
ssh -X
としてやることで、GUIアプリケーション起動しても大丈夫だし。
#クライアントのX環境を使用してくれる。

簡単なコマンド試しただけですが、システムのアップデート程度の話なら、sshで十分かな、と。
で、sshからpoweroffコマンドが正常に動いてしまったので。
用途としては動いてくれた方がありがたいんですが、誤って電源断したときに、ちょっとだけ手間かな、とかね。
まあ、PCのところまで行って電源ボタンを押せばいいんですが。

そういやぁ、マザーの設定でWake on Lanを有効にできたはず。
いそいそと旧PCのところに行き、BIOS起動。
あった、あった。Enableに設定。

Ubuntuというか、クライアント側から、MagicPacketというのを送らないとならないらしいんですが、リポジトリに、そのものずばり、wakeonlanというコマンドがありますので、それを使います。
IP指定しないとネットワーク全域にブロードキャストするみたいなんですが、家庭内LANなら問題ないでしょう。
#次々とPCが起動してみたり。(笑)

ところが。
全然起動しない。送っても送っても起動しない。

あれぇ?とか思って、ネットで調べてみる。
幸いマザーボードのマニュアルがPDFであったんで、見てみると。
確かに設定した項目はWake on Lanのものだったんですが、大きく注意書きが。
「Wake on Lanに対応したLANカードが必要です。」
10年前のLANカードだから対応してない可能性も高いんですが。

さらにマニュアルを読むと、Wake on Lanを使用するには、マザーとLANカードのケーブルによる接続が必要とのこと。
PCIからのトリガで電源入るんじゃないんだ。

たぶん、結線してない。orz

まあ、そういう物理的な問題で動作しないんなら、仕方ないですな。
おそらくLANカードも対応してない可能性が高いし、そもそも結線のためのケーブルがないと思うので。

電源ONは、ものぐさしないで、その場所まで行くことにします。orz
#サーバルームがあるでなし。

|

« 古いPCでUbuntu(6) | トップページ | 初音ミクブログパーツ【フルみっく伝染歌プレーヤー】をScreenletsで使う »

Ubuntu」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/44706612

この記事へのトラックバック一覧です: sshを使ってみる。:

« 古いPCでUbuntu(6) | トップページ | 初音ミクブログパーツ【フルみっく伝染歌プレーヤー】をScreenletsで使う »