« 単なる感覚の問題なんですが。 | トップページ | やっぱりUbuntu »

acpiのせいらしい

UbuntuでN280がフルスピードで動作しないのはACPCのせいらしい。
というのも、起動時のブートオプションにacpi=offを追加して、/proc/cpuinfoを見てみると、ものの見事に、1.66GHzになるわけで。
ただし。
ACPIをオフにすると、結構不都合も多く。
例えば、バッテリーの残量が見えなかったり。
ちらと調べてみた限りでは、電源管理が何も行われない可能性があり、はっきり言って、ネットブックでACPIの恩恵を受けられないのは厳しいかも知れない。
電源断とかはAPMでも可能なのかも知れないけど。
まあ、それなりに不都合があるのを我慢してフルスピードで使う意味ってどんだけあるのかな、と思わないでもないけど。
ワタクシ的には。
別にCPUが1.33GHzでもいいから、長く使えた方がありがたいので、ACPIはONのまま使うのが正しいような気がしてるし。

いずれ、遠くない未来に修正されるんじゃないかと思うので、それまで気にしないで1.33GHzで使いますかね。
取り合えず、フルスピードで動作させるための方法が解ったので、これはこれでOKってことで。(笑)
たぶん、だけど、9.10では直ってるんじゃないのかな。
#それとも久しぶりにKernelCheckを使う?

|

« 単なる感覚の問題なんですが。 | トップページ | やっぱりUbuntu »

Ubuntu」カテゴリの記事

ハードウェア」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/45128127

この記事へのトラックバック一覧です: acpiのせいらしい:

« 単なる感覚の問題なんですが。 | トップページ | やっぱりUbuntu »