« なんとなく | トップページ | イー・モバイルが快適に。 »

D12HW(イーモバイル)のネットワークマネージャでの接続

日本語フォーラムでこんな記事が。

協力させていただこうとは思ってますし、事実手順が解れば協力しますが、その前に。

D12HWの前モデルD02HWでの接続設定の例というか手順が、上記投稿にはまとめられていまして、パッチまで提供されています。
投稿者の方が、野良ビルド版をご提供の予定だそうで、待つのも手なんですが。

今回は、自分でビルド。
手順としては簡単で、
1.sudo apt-get source network-manager
 として、任意の位置にソースを取得します。
2.記事にあったようにソースを修正します。
 パッチにしてしまってもよいかも知れません。
 #ワタクシは手動でやってしまいました。(笑)
3.debianフォルダのchangelogを修正し、野良ビルドのバージョン番号を付与
4.元のフォルダに戻って以下のコマンド実行。
 dpkg-buildpackage -rfakeroot

これで野良ビルドのパッケージができあがります。
インストールして、再起動して、設定して接続。

おお、ネットワークマネージャで接続されている。
これでまた、アスワンの使い勝手が向上しました。
あとは、ふたを閉じた時の挙動と、無線LANのLEDのみ。
#もしかしたらSDは読めないかもなぁ。試してないや。(笑)
---------- 追記 ----------
読めました。>SD
普通にデジカメのSDHCが認識されました。
転送速度も高速なのね。
意外と使えるのかも。

|

« なんとなく | トップページ | イー・モバイルが快適に。 »

Ubuntu」カテゴリの記事

ハードウェア」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

関係無いんですが、ネタ投下(笑)!!!

Macに乗り換えるべき?:
http://slashdot.jp/apple/09/05/29/0129222.shtml

投稿: cametan | 2009年5月29日 (金) 18時10分

ごぶさたです。
飽きちゃったのかと思ってました。(爆)

ネタとして、一通り見ては見ましたが、今のMacOSを知らんので、ネタにして記事を書くのは厳しいかも。

個人的には、お金があるなら、Macもいいんじゃないの?
と思うんですけどね。
薄い、軽いは魅力的ですし。
マックのネットブックが発売されて6万円以下なら、ワタクシも考えます。(笑)

投稿: かおりん | 2009年5月29日 (金) 21時47分

>飽きちゃったのかと思ってました。(爆)

いやいや、違います(笑)。
単に「プログラミングの勉強」自体が忙しくって、「OSまで」手が回らないんですよ(笑)。
それと、9.04にまだしてないんです。大体1ヶ月くらい様子見て

「バグが出きってから」

変える、って調子なんです。ThinkPad Wiki辺りに対応策が大体出揃ってから、ヴァージョンアップ、てやってるんで、9.04使ってない時点で絡みづらいんですよね(笑)。

投稿: cametan | 2009年5月30日 (土) 00時48分

ああ、プログラミング勉強を。
なるほど。

9.04は、安定しててよいですよ。
デスクトップでは、なんの問題もなくインストール/運用できています。
が、ネットブックでは、もう、色々出まくりです。(爆)
楽しいんだか、辛いんだか。
まあ、この手のトラブル対応も趣味の範囲でやってる分には、楽しめるかな、と思いますが、これ、仕事でサポートとかになると大変だろうな、と思いますよ。

今回のネタ投下には、それほど反応できませんでしたが、隙見て、またネタ投下でもしていただければ。(笑)

投稿: かおりん | 2009年5月30日 (土) 01時25分

いや、実はネットブック僕も興味あるんですけどね〜〜。
100円パソコン試してみる?とかまめきちと相談してたんですよ・・・・・・。

ただ、ですね。
単に「小ささ」から考えるとPanasonicのLet's NoteのRとあんま変わんないんですよね。
「まともなパソコン」+「小ささ」だと、調べた限りこれが最小なんです。当然高いわけですが。
んで、考え込んでた、ってのがあるんですよね(笑)。

予定通り、Windows 7が年末リリースだとすると、恐らくプロセッサでCore i7がミッドレンジレベルに降りてくるのもその辺だろ、と。
ネットブックにするか、極小ノートか、となると分かれ目その辺になるんじゃないか、とか個人的には考えてたんです。
コア8個、ってハードウェアマニア的には垂涎の的じゃないですか(笑)?Core 2 Duoの4倍ですよ(笑)。今んとこ、HPとDellのハイスペックのデスクトップにしか搭載されてないようですが。
(驚いたのは、富士通のいわゆる「PCワークステーション」よりCPUだけ見れば高性能なんですよね。)
その辺の事があるんで、それで動向暫く見るか、とか考えてたのです。

あと、ネットブックにするとしたら

「gOSって選択肢はどうなんだろ?」

ってのが個人的には興味があるんですよ。ネットブック入手したらこれは是非ともやってみたい。
が、話によるとGNOMEベースならしいんですよね。gOSそのものがgOS自体には大して興味が無くなったんじゃねえか、とか(笑)。今、ブラウザベースのCloud OSとかやってるらしいんですけど、この辺も何がどうなるか分からんぞ、と。
この辺の「動き」ってのも宣伝先行しますし、微妙だよな、とか思って動向見てたんですよ。あくまで個人的な意見ですが。
少なくとも、Windows 7が出た時点でネットブック系もXPから7に移行するんじゃないか、って噂もありますしね。下手すればWindowsの「反撃」ってのも結構強烈じゃないか、って畏れもあるわけです。

投稿: cametan | 2009年5月30日 (土) 01時54分

100円パソコン自体は、イー・モバイルの要否がポイントなので、まあ、不要なら、もう少し高価にはなるわけですが。
移動体通信を買っても困らないというか、使う予定があるんなら、いいんじゃないでしょうかね。
ただし、2年しばりと、結局、安いわけじゃないってところは理解する必要がありますけどね。

ワタクシとしては、安価に持ち歩けるPCを、ってことならおすすめです。
ただ、Cametanさんも言及している通り、軽い、小さい、なら、ネットブックではない、いわゆるサブノートの方がよいものが多いのも事実です。
軽量であること、高速であること、長時間駆動が可能、と本来モバイルPCに求められる性能が追求されています。
ビジネスで持つなら、ネットブックではなく、このようなサブノートになると思ってます。
#どうせ会社もちだしね。

重要なのは、やっぱり「安い」だと思うんですよ。
例えば、店頭価格で5万円ってのは、PCとしてはかなり安い方になります。
しかもOS付き。
なんというか、まあ、あまりないでしょうけど、毎年買い換えても不思議はない価格というか。
#そうでなくても、毎年ノートを買い換えてるひとはいるようで。
この価格が呼び水になって、たぶん、今までPCを持たなかったひとまで巻き込んできているんじゃないのかな、と。
実際、各社ネットブックを出してきていますが、不景気なおり、ユーザーの購買意欲も高級機には向かずに、安価に、とりあえず目的を達成できるものを選択する、という流れがあるので、国内各社も無視できなくなってるんだろうな、と。
ただ、価格で勝負しないとならないので、構成とかは似たようなものになるし、結局部材は安価なものにせざるを得ないし、特色出すとしたらデザインだけってことになってますけどね。
ただ、これもいいと思うんですよ。
デザインがシンプルなものから、凝ったものまで出ている。
デザインっていっても、カラーバリエーションや、ペイントとかのいわゆる工業デザインとは別のところでの勝負になってます。
これも面白い。

今までのミニノート市場とかは、やっぱりPCとしての特色を出すことを前面に出していて、もちろんそれは間違いじゃないんだけど、素人には、それが果たしていいものかどうかは解りにくかった。
でも、今のネットブックは、どれを買っても大差がないので、「これがかわいい」とか、「これが綺麗」とかの見た目の違いで購入しても失敗がないんですね。
#というと大げさか。
価格的にもPCと考えれば、まあ、失敗してもいいか、程度の価格になっていて、ある意味、「試そう」という価格帯になってる。
今のトレンドとしてのネットブックは、そういう点でこれまでのPCの販売の仕方から大きく変わってきていると思うんですよ。
今後デスクトップもそうなるのかな、とは思わないんですが、ネットブックの、特に低価格なところは、このままの路線で「見た目勝負」になるんじゃないのかな、と。

それとWindows7ですが。
まだ触ってないんでなんとも、ってところはあるんですが、確実にXPから、メーカーサイドでのシフトは進むでしょう。
ただし、OSの価格って点では、今よりも上乗せはされそうなんで、そこをメーカーが価格に反映せざるを得ないので、微妙といえば、微妙なところですね。

ちなみに。
Core iですが、7は、消費電力大きいので、ノートへの搭載はどうなのかな、と思います。
確かに4コア8ハイパースレッドってのは面白いと思いますが、ノートPCというか、普通の一般ユーザーのデスクトップとして、そこまでのパワーは不要でしょう。
#Core2Quadにして実感しました。orz
使い道ないです、そこまでのパワーって。
動画の再生時にも不要じゃないか、と。
普通に2コアで4ハイパースレッド、で、2.66GHz程度で消費電力と発熱抑えてくれた方がよほどいいと思うんですが。

まあ、高級サブノートとかなら、その辺搭載はしてくるんだと思いますが。Core iのシリーズとして3とか5とかあるようですし。
高級機には、そんなのがあってもいいと思いますしね。

まあ、それはそれとして、OSで遊ぶ、とかやっぱりメインマシンで遊ぶのは大変なので、こういうサブマシンがあっても面白いかも知れませんよ。(笑)

いずれクラウド環境に移行してしまえば、端末のパフォーマンスなんてどうでもよくなるんでしょうから、今の状況っての過渡期のものなのかも知れませんね。

そういや、レノボがION搭載のネットブックを発売するらしいので、どすか?(笑)

投稿: かおりん | 2009年5月30日 (土) 07時18分

いや、基本的には僕はかなりのビビリなんですよ(笑)。
何故なら、過去2回も失敗してるから、です(笑)。MacとAmigaで(笑)。
Macの場合は、今みたいにネットで情報がすぐ見つかる、ってわけじゃない頃だったんで、「憧れの」040マシンを入手してすぐにPowerPC機発表と言う衝撃(笑)。
(丁度、その時、IBMとMotorolaとAppleの3社提携が発表される直前だったのです。)
Amigaの場合はCommodoreが潰れちゃいましたからね〜〜〜(笑)。

その辺で「かなり慎重だ」ってのがあるんです。

>これまでのPCの販売の仕方から大きく変わってきていると思うんですよ。

ある種「薫り」があって、それは、昔PCって凄く高かったわけでしょ?それでスロットが何個も付いていて、

「拡張性があるから高いけどいつまでも使える」

ってのがある種売り文句だったわけです。
それが、SOTEC辺りが出てきた時に、スロットが殆どなくって極端に低価格化した。その辺で、

「あ、誰も拡張スロットなんてマトモに使わない。(と言うか、半年に1回上位CPU投入、って形になってきたんで事実上"使えない")
これは、"使い捨てPC"の時代になってきたかな?」

とか感じたんです。

ノートブックは「ディスプレイ付きのオールインワン製品」ってんで、「割高でもしょーがない」ってのはあったわけですが、ネットブック登場でいよいよ「ノート」も使い捨ての時代が到来したのかな、とは感じます。それもかなり極端な形で。
emobileの2年縛り、ってのは「使い捨て」には丁度いい期間、ですよね。減価償却考えると。
極端な話、emobileも2年で解約、そしてまた契約して「100円パソコンを買いつづけていく」ってのも原理的には可能な時代になったのかな、と言う予感はありますよね。そうなったらほぼケータイと変わんなくなります。
今、だから消費者の行動がどう変わるのか、ちょっと見ていたい感じがします。

>Core iですが、7は、消費電力大きいので、ノートへの搭載はどうなのかな、と思います。

かもしれません。が、コア単体に関しては消費電力はむしろ低くなってる、って話なんですよね。将来的にどこまで下がるか。
恐らく、人柱は最初は例によってAppleで(笑)、多分、Macbook Proの17inch商品辺りで先行投入してきて(と言うのも、17inchだと実際、使い用はデスクトップと変わんないでしょうし)、これは「ハイエンド商品」なんで価格帯的にも「買うユーザーはパフォーマンスを求めている」と言う建前があり、そこで「これで良い」とか「これじゃダメだ」的な評価になるんじゃないのかな、とか思います。
PC陣営は投入するにせよ、「ちょっと遅れて」ってなるでしょうね。

>ノートPCというか、普通の一般ユーザーのデスクトップとして、そこまでのパワーは不要でしょう。
>#Core2Quadにして実感しました。orz

いや、この手のリソースはすぐ喰い潰されますよ(笑)。
多分、そこまでの「パワーが必要な」アプリケーションがまだ無いんですよね。

例えば、Common Lispとか触ってて特にそう思うんですが、昔ってリソースが無くってこう言う言語は「非効率」で「マトモに動かない」プログラミング言語だったわけじゃないですか?だからこそ「とにかくリソースを喰い潰さない為に」C言語、って選択肢しか無かったわけですし。
ところがCeleron〜Core2Duo辺りになると「ラクラク動く」ようになっちゃった。これはPython、Ruby辺りでも同文脈なんですよね。これらも10年以上前だと「驚異的に非効率な」言語です。
恐らく、コアが増えると、「作り手」も意識変えてくるんですよね。「Cでマルチコア/スレッド意識してガリガリ書いて・・・・・・」ってどんどん減ってくると思います。生産性考えると、「言語そのもの」がそう言う機構持ってて「非効率に」「でもラクに書ける」言語が動く余地がずーっと高くなるのでは、と。従って、リソース消費なんて「あっと言う間」だと思いますよ(笑)。
恐らく、HaskellとかErlang辺りが台頭してきて、もの凄い事になっちゃうのでは、と(笑)。
10年後くらいには「64コアじゃないとマトモに動かない」とか言ってそうです(笑)。

>そういや、レノボがION搭載のネットブックを発売するらしいので、どすか?(笑)

いいですねえ。
ただ、今まで見てきた感じでは、やっぱり「可愛さ」から言うとEeePCなんですよね。お茶目で。
もうちょっと悩んでみます(笑)。

投稿: cametan | 2009年5月30日 (土) 10時25分

>いや、基本的には僕はかなりのビビリなんですよ(笑)。

安全サイドに倒すのは、ビビリとは言わないような。
バグができってから、ってのはよいような気がします。
最近、アップデートもなくなって落ち着いては来ているようですね。


>今、だから消費者の行動がどう変わるのか、ちょっと見ていたい感じがします。

これは同感で。
これまでのPC市場は値崩れ、だけじゃなく、使い方まで含めて提案していかないと、端末が売れないなんてことになりかねないのかな、と思ってみたり。
それこそ、クラウド環境までのつなぎになるんだとして、「ツールとしてのPC」の在り方に拍車が掛かると思っています。
例えば、ネタ投下のコメントにあったように、MacBookを使うのがカッコイイなんてステータスがあるのだとして、それと同様に、どのブランドのPCがよい、なんて普通に話されるようになるのかも知れない。
ここ、今がPCにとっては面白いところだと思うんですよね。
いい例がHPのデザイン端末だったり、Dellの同様な端末だったり。
EeePCやアスワンに貼るシールまで売られています。
こんな市場があったんだ、と(買う気になって)検索して初めて知りました。
なんとなく、この流れって、自動車に似てるような気がします。(笑)
#あっちと違ってレースで性能アピールはないですけどね。


>いや、この手のリソースはすぐ喰い潰されますよ(笑)。

ん〜ここはイマイチ賛同できない部分で。
例えば、確かに有り余るパワーは、OSや言語等にとっては有益ですし、開発者に取っては有利に働く部分が多いんですね。
企業で使うなら、出来ることの幅が広がるので、これまで我慢していた部分が、我慢せずによくなったりします。
で、その時、個人ユースで考えた場合に、そんなツールって使うのか、と。
まあ、仮にそんなツールが必要な用途があるとして、割と特殊なケースではないのかな、と思ったりします。
#デジカメのようにデジタルビデオが一般的になっている昨今、そうでもないのかな。

まあ、触って面白い、なんてGUIは、CPUパワーを使うし、GPUだって必要になるんですが、必要なのか、と問われると疑問が。
それだけのパワーで何をしますか、という問いに答えられるアプリケーションや用途がワタクシは思いつきません。
用途があれば、それに併せてアプリケーションが開発されるので、必要なパワーというのはたいていの場合不足しがちになるんですが。
正直、4コアでも、4スレッド同時にユーザーが使うなんてことがあるのか、と思うわけです。
#仕事ならあり得ると思います。
せいぜい、PCで音楽聞きながらネットって使い方をしているだけなら、2コアあれば十分だと思うんですよね。
#と、メインマシンの10%を超えないCPUメーターを見ながら言ってみる。

今は、Core iは不要です。無駄ですよ。(爆)
今、買うものではないな、というのが正直なところ。
#もちろんサーバ等は別問題。あれはパワーが足りるなんてことは絶対にないので。
#業務用ですよ、あくまで。


>10年後くらいには「64コアじゃないとマトモに動かない」とか言ってそうです(笑)。

10年後まで視野にいれると、ありかも知れませんけどね。(笑)


>ただ、今まで見てきた感じでは、やっぱり「可愛さ」から言うとEeePCなんですよね。お茶目で。

ああ、やっぱりEeePCか。
バッテリーの観点から、EeePCがいいんじゃないのかな、と思ったりしています。
ワタクシ購入時には、その辺の観点なかったんで。
効率というよりも、重量と稼働時間の観点になるんですが。
2セルで十分に動作する基盤を開発しているんだから、そうすればいいのに。
なんで、他社は3セルなんだろうなぁ。
#既存機とのバッテリー共有の観点はあるにしても。


投稿: かおりん | 2009年5月30日 (土) 11時28分

>これまでのPC市場は値崩れ、だけじゃなく、使い方まで含めて提案していかないと、端末が売れないなんてことになりかねないのかな、と思ってみたり。

いや、これはかなり「あり得る」でしょう。
事実、ワークステーション市場って殆ど消失してるじゃないですか?ハイエンドPCの登場で「売れなくなっちゃった」。価格的にはPCが圧倒しちゃったから、ですよね。
Yahoo!やGoogleでも「サーバー専用機」ってのは全然無くって、ほぼ普通のPC使ってる、って話ですし。
今度はその文脈がPC端末vs.ネットブックで起こりつつある、って事でしょうね。

>なんとなく、この流れって、自動車に似てるような気がします。(笑)

全く、です。
ある程度普及すると、「デザイン」重視に移る、ってのは工業製品に関しては必然的な流れですし。
要するに、車なんかもそうですけど、「どれにしたって走るわけじゃん?」ってなれば差別化ってそこしかないんですよね。「持ってて楽しい」とか付加価値の方が大きくなるでしょう。

>その時、個人ユースで考えた場合に、そんなツールって使うのか、と。

もちろん、「言語」とか言うツールに限って言うとそうでしょう。僕もそんな必然性無い、とは思うんですが、ちょっと語弊があったかも。
そう言う「非効率言語で書かれた」アプリケーションが必然的に多くなるだろう、と言う事です。相対的にC言語でガリガリ書かれたアプリケーションはどんどん減るのでは、と言う事です。
以前のラッパーの話じゃないんですが、例えば「APIを直接叩く」よりも「Python辺りでラッピングしたツール」が多用されだした背景は、結局リソースが良くなってきたから、ですよね?それでOS間の互換性も良くなるわけですし。
もちろんエンドユーザーには全然関係ないわけですけど、開発者がそう言う流れになっていくと、必然的に「リソースを当てにした」プログラムを作るようになっていくのでは、と言う事です。
んで、i7に関して言うと、まあ、価格ドットコムで調べてみる限り、現時点、DellとHPの「ハイエンドマシン」しか搭載されてないんで、その辺のリソース当てにして書いてる「プログラム」がそもそも少ないだろうな、って事なんです。これは、Windowsの流れ見てみると、原則、OSアップグレードに「伴って」CPUのランクを上げる、と言う戦略ですから、殆ど「OSのアップグレード=ハードウェアのアップグレード」なんですよね。
んで、「新規格の」ハードウェアが登場して「素晴らしく速くなりました」でみんな最初はビックリするんですが、1年後くらいには体感速度ってそんな速くなくなっちゃうじゃないですか(笑)。
もちろん、バックエンドで走ってる、色んなもののせいで遅くなる、ってのもあるんですが、結局「新規ハードウェアのリソース当てにして」書かれたプログラムが増えるから、ですよね。ハードに甘える。と言うか「甘えて良い」って言い方もできるわけで。
そんなわけで、i7辺りが戦略的にミッドレンジレベルに投入されだして普及していくと「必然的にその状況が当たり前になる=遅くなる」ってなるんじゃないのか、と言うのがあるわけです。開発ツールも「高負荷/非効率」がどんどん当たり前になっていくだろうな、って事なんです。

>今、買うものではないな、というのが正直なところ。

そうです。「今、買うものではない」ってのは僕も賛成です。
だからこそ、恐らく今年の年末、つまりWindows 7が予定通り投入されるんだったら、その辺がターニングポイントじゃないか、ってのがあるんですよ。
恐らく、最初は評価定まらない、とは思うんですけどね。i7もWindows 7も合わせて、です。
だから、評価的には短くても1年かかるんじゃないですか?んで、以前言ってたんですが、「地デジ登場の」2011年辺りでどうなるか、って事だと思います。

>#もちろんサーバ等は別問題。あれはパワーが足りるなんてことは絶対にないので。
>#業務用ですよ、あくまで。

これ全然分かんないんですよ(笑)。何かCPUの系列そのものが全然違いますもんね。
僕は最初は、Intel系列だと、Xeonがそのうちパーソナル市場に降りてくるのかな、とか思ってたんですが、どうやらそうじゃないみたいですしね。

>10年後まで視野にいれると、ありかも知れませんけどね。(笑)

これは絶対「アリ」だと思います。
もう絶対アーキテクチャーの基本、ってPC市場にせよ、サーバー市場にせよ、基本的には変わらないじゃないですか?
「計算機工学」って文脈で言うと、全く違うアーキテクチャーで「ベクトル計算機」とか言うのが流行ってるらしいんですが、恐らくこう言うのはもはや一般市場には降りてこないんじゃないのかな、ってのがあるんですよね。OSの互換性どころの話じゃなくなっちゃう。
だから、既存のアーキテクチャーで「コアを増やす」ってやり方が(やっと)ポピュラーになった、って事は飽和地点まで「これで行くしかない」ってのが市場原理なわけでしょ(笑)?多分このまま突っ走っていくんだろうな、ってのがあります(笑)。

>2セルで十分に動作する基盤を開発しているんだから、そうすればいいのに。
>なんで、他社は3セルなんだろうなぁ。
>#既存機とのバッテリー共有の観点はあるにしても。

バッテリーは細かい観点分からないんですが、やっぱ「既存のパーツ」が安く手っ取り早く入手出来るんで良いんじゃないですか?「珍しいパーツ」だとコスト高く付くでしょ?だからあんま考えてないのでは、と(笑)。
例えば、ネットブックは「軽量」が主眼なんで、当初「意地でもSSD搭載」とかやってましたが、ここに来てやっぱりハードディスク、って流れが出てきたわけじゃないですか?「こなれた技術は安く済む」って事にやっぱなったのでは、と。
後は考えづらいんですが、CPUなんかに関して言うと、MicrosoftとIntelが制限かけてる、って話もありますからね。バッテリーレベルまで口を出す、ってのは考えたくないんですけど、その辺の事もあるのかもしれません。
あんまり「長時間駆動可」になっちゃうと、ハイエンドノートPCが売れなくなっちゃう、ってんで協定で妨害してる、って可能性もありますよね(笑)。

投稿: cametan | 2009年5月30日 (土) 12時41分

>そう言う「非効率言語で書かれた」アプリケーションが必然的に多くなるだろう、と言う事です。相対的にC言語でガリガリ書かれたアプリケーションはどんどん減るのでは、と言う事です。

ああ、そういう意図でしたか。
ならば、確かにそういう方向性にはなってますね。
Windowsの世界では、最近はCでガリガリなんて、ほとんどありませんから。
GUIを持つモノはWebか.NETになってます。
#ま、これも一側面だけで語ると足下をすくわれそうですが。(笑)

APIや下層のレイヤーラッピングしていって、コンピューター的に「非効率な」言語での開発というのは今後も進むでしょうね。
その時、確かにCPUパワーに「おんぶに抱っこ」という現実は出てきそうな話です。
現実には、我々は仕事での開発の場合、そこに導入されているクライアントPCの性能を要件に盛り込み、そのクライアントで快適に動作することを念頭にモノを作るので、市場とはずれてることが多いんですけどね。
それでも、可能な限りラクに開発したいので、非効率(笑)な言語を使いたいのは本音です。
あんまし、現場の技術者は、C++とか使って、クラス設計とかしたがらないので。(爆)
#ぶっちゃけ、ツールでER図とか、UMLとか書いたらコンパイルして欲しいわけで。


>だから、評価的には短くても1年かかるんじゃないですか?んで、以前言ってたんですが、「地デジ登場の」2011年辺りでどうなるか、って事だと思います。

ワタクシの感覚としては、Core i7はこけるんじゃないのかな、とか。
省スペース化が最近のデスクトップの目玉になってるようなので、発熱の多いCPUは、たぶん。
次のCore iが本命なのかなぁ、とは思ってますけどね。
なので、1年後、Core iの性能で、省電力ってコアが出て、それがブレイクってストーリーなんですかねぇ。


>これ全然分かんないんですよ(笑)。何かCPUの系列そのものが全然違いますもんね。

ん〜なかなかねぇ。
単体でのパワーはものすごいんですけどね。>サーバー機
それに500人からぶら下がることがあるので。
ま、普通にいつもパワー不足です。なので並列が多いですかね。
CPUパワーが上がって、一台で賄えそうになると、台数減らしちゃいますからね。(^^;
あの文化もどうにからならんか、とも思うんですが。
#並列で使って、パワーが足りなくて、パワーアップするんだから、同じ台数揃えろって。

僕は最初は、Intel系列だと、Xeonがそのうちパーソナル市場に降りてくるのかな、とか思ってたんですが、どうやらそうじゃないみたいですしね。


>バッテリーは細かい観点分からないんですが、やっぱ「既存のパーツ」が安く手っ取り早く入手出来るんで良いんじゃないですか?「珍しいパーツ」だとコスト高く付くでしょ?だからあんま考えてないのでは、と(笑)。

まあ、そういうことなんだとは思うんですが、例えば、パナなんて、レッツノートでは、Rシリーズのみが2セル直列設定なんですよ。7.4V。他は3セル直列の11.1Vなんです。
まあ、でかいノートは以前は3.5インチHDD積んでたかも知れないんで、12Vが必要なのは解るんですが。

今、ネットブック用に、たぶん、12Vの要らない基盤やら部品やらが出てきてると思うんで、なんで、そっちが主流になってないのかなぁ、と。
MSの干渉を挙げてましたが、それはないんじゃないか、と。
別に、端末のランタイム伸びてもMSは困らないだろうし、PC本体の重量に関してもそうでしょ。

なので、可能性があるとすると、やはり差別化、とコストなんだろうな、とは思うんですが。
EeePC有利ってのは、ランタイムと重量だと思ってるので、まねするならそこだろう、と思うんですけどね。
なぜか3セル直列の機種ばっかりなんですよ。
あ、8.9インチモデルは、横幅の制約だと思うんですが、2セルのモノが主流でした。

電圧が低いといいことないんですが、それにしても、部品があるのに、ウリに使わないのってなんでかな、とね。
ノートPCで一番の重量物は、やっぱりバッテリーですからねぇ。
なんか、取引先とかの関係もあるのかも知れませんけど。
ちょっとアスワンが3セルなのが納得いかないというか。(爆)
2セルなら、あと30gは軽くなっただろう、って話なんですけどね。

投稿: かおりん | 2009年5月30日 (土) 13時40分

>現実には、我々は仕事での開発の場合、そこに導入されているクライアントPCの性能を要件に盛り込み、そのクライアントで快適に動作することを念頭にモノを作るので、市場とはずれてることが多いんですけどね。

あああ、なるほど。そう言う観点があるんですね。
「ブラック会社に勤めてるんだが・・・・・・」思い出しました(笑)。
確かに、受注→開発の観点だと、「一般用アプリ」とはまた違うかもしれませんね。

意外と企業のPC環境って酷いのかしら?
そう言えば、まめきちが中学校の英語の教師になったんですが(笑)、「学校のPCが使い物にならない」って怒っていました(笑)。

「今時Wndows MEなんだよ!信じられない!Gmailも読めないんだから!!!」

とか怒ってて(笑)。
Ajaxとか、その辺の機械じゃ読めないらしいんですよ(笑)。「こっちの」感覚からすればビックリするわけですけれども(笑)。
そう言うのって意外と多いのかなあ。

>可能な限りラクに開発したいので、非効率(笑)な言語を使いたいのは本音です。

僕みたいな軟弱な人間だと、「非効率言語万々歳!」ですよ(笑)。マジで(笑)。

>あんまし、現場の技術者は、C++とか使って、クラス設計とかしたがらないので。(爆)

いや、僕も最近、ソフトバンクから出てる

「ダンジョンRPGプログラミング」

とか買ったんですよ。C++丸っきり知らないんですが「何とかなんだろ」とか思って。

何ともなんなかったです(爆)。「何だこの言語は?」とか思って(笑)。
アレ使ってプログラム書くって大変なんだろうな、ってのは何となく予想付きます。悪魔の設計の言語ですよ(笑)。

>#並列で使って、パワーが足りなくて、パワーアップするんだから、同じ台数揃えろって。

何か聞くだけで恐ろしい(笑)。
そのうち自宅サーバーやってみたい、ってんで色々調べてはいるんですが、怖いですね(笑)。ハードの価格か、管理か、システム設計か。

>MSの干渉を挙げてましたが、それはないんじゃないか、と。

なるほど。ちょっと疑い過ぎてたかしら。

投稿: cametan | 2009年5月30日 (土) 14時11分

>意外と企業のPC環境って酷いのかしら?

確か償却が5年だったと思います。
なので、場所によっては、普通にWin2000使ってますよ。
#さすがに98/MEは見なくなりましたが。


>Ajaxとか、その辺の機械じゃ読めないらしいんですよ(笑)。

てか、そういうプラグインを動かすDLLがないんでしょうね。
確か、2000以降だったと思いますよ、IEの対応も。


>何ともなんなかったです(爆)。「何だこの言語は?」とか思って(笑)。

う〜ん、好き好きなんですかねぇ。
ワタクシ、専門はC++なんですが、あまり困ったことがありません。
逆にVBなんかの方が使いにくいですけど。
購入された本は見たことないんですが、本屋で見かけたら、中身を見てみます。
あんまし、癖のあるコードは書けないようになってるんだけどなぁ。

>何か聞くだけで恐ろしい(笑)。

ああ、あくまで業務用サーバの話ですよ。
家庭内サーバなら、もっとプアなマシン、極論、インストールできさえすれば、Celeron程度のPC(ベストはノート)で十分です。
業務用とは、ぶら下がる人数が違うので。
まあ、ご家庭内に500人ほど、いらっしゃるというのであれば、業務用サーバが筆意ようになるとは思いますけど。(爆)

投稿: かおりん | 2009年5月30日 (土) 16時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/45160905

この記事へのトラックバック一覧です: D12HW(イーモバイル)のネットワークマネージャでの接続:

» イーモバイル速度比較 [モバイルパソコン 比較]
イーモバイル速度比較友人のVAIO VS 私のASUSの徹底比較の結果は、やはり価格と操作性でほんの少しの差だがEeePCに軍配が上がった。今度は友人のイーモバの速度の金額のおさらいをしましょう。友人のバイオはイーモバセット価格で購入した。イーモバ... [続きを読む]

受信: 2009年5月29日 (金) 13時35分

« なんとなく | トップページ | イー・モバイルが快適に。 »