« ntfs-3gが改善 | トップページ | ネットブック買っちゃった。 »

無線LANの導入

このGWに、PCを一台組んでしまったので、ワタクシの部屋には3台のデスクトップPCが。orz
しばらくは、なぜか家族が2台のPCを駆使していましたが、やはり意味がない、ということで、3号機を居間に持っていこうかな、なんて話になりました。

で、その場合、居間でPCを何に使うのか、ってことが問題になりそうで、まあ、普通にネットでしょう、と。
ちなみに、3号機は、ワタクシのたわごと内では、かなり古いPCってことになってますが、動画以外の普通に調べ物とかする程度であれば、特に困るようなことはありません。
ま、その程度の性能ではあります。

なので、居間にインターネット環境を、ってのは悪くない選択ではないのかな、と。
#部屋にデスクトップが3台あってもねぇ。
この時、問題になるのが、「我が家には無線LAN環境がない」ということ。
PSPやら、DSやら、実は無線LAN環境で使えそうな機器はあったんですが、まあ、実は使ったことがない。
#仕事では、普通に無線LANユーティリティの開発やら、ドライバ開発やらはやってたんですが、自宅にない。(笑)
仕方ないので買ってきました。
まあ、後述の理由で安くなるってことで、子機付のモデルを選んで。
モノはプラネックスのMZK-WNHPUとかいうもの。
なんでこれを選んだかというと、付いてる子機がGW-USMicroNとかいうえらい小さいUSBの子機だったので。
ちなみに、この時、この子機がUbuntuで使用可能かどうか、とか全然気にしてませんでした。(爆)
というのも。
まあ、プラネックスといえば、海外でも有名な無線LANのメーカーであるし、そもそもドライバくらいメーカーで出してるでしょ、と。
親機に関しては、普通、ブラウザで設定可能になっているものなので、Ubuntuだろうと、Windowsだろうと問題にならないはず、と思ってましたし。
で、それ買ってきまして。

設置は特に問題なく。
最近のこの手の製品って、紙のマニュアルつけないんですね。
箱もコンパクトになってるので、小冊子みたいなのがついているのかな、と思ったんですが、簡易マニュアルっぽいのが入ってるだけでした。
で、CD-ROMにマニュアルがPDFで収められてる、と。
コストの面からもエコの面からも、これがベストである、とは思うんですが。
そのおかげで、親機のIPがいくつなのか解るまでに結構時間が。orz
#ま、これも自業自得です。
せめて、親機の設定画面のスナップでもあれば、どのIPなのか、見て解ったと思うんですが。
まあ、それは愚痴で。
とにもかくにも、親機の方はそれでなんとかなった気配なんですが。
で、この時、実は自分自身に罠を仕掛けてました。orz
親機の設定時、DHCPサーバの機能があったので、つい、普通ルータに設定するように、有効にしてたんですね。
ワタクシの環境では、光モデムと一体型のルーターが、DHCPサーバになってまして、LAN内のPCにIPを振っています。
同一LAN内にDHCPが複数ある場合の挙動は、ワタクシもちと詳細には押さえてないんですが、まあ、バッティングしていたらしく、DHCPから渡されたDNSサーバのアドレスが、本来のDNSへ透過になってなかったらしくて、ブラウザで名前解決できないなんて事態に陥っておりました。
これに気が付くまで、実は一時間以上かかりまして。(爆)
なかなか、自分で慣れでやってしまったようなことは、意識下にないってこともあり、気が付かないもんです。orz

まだPSPとかの接続は試してないんですが、これも今日やってしまおうかな、と。
つないだことないんで、PSPでのネットってどんな感じなんだろうか、と。
ちなみに。
PSPは、動画再生環境&MP3プレイヤーとして活躍しております。
でかいですけどね。
動画再生で考えると、あのくらいのサイズはないと厳しいのも正直なところで。
携帯でも動画は見れるんですが、ワンセグとか非常に厳しい。
#年のせいかも知れませんが。
PSP、もともと画面綺麗ですからね。アニメや映画なんか、TVからの録画程度のものであれば、結構綺麗に、ある意味大画面PCで見るよりも綺麗に再生されます。
お持ちの方は、大容量のメモステ買って試してみてください。(笑)
結構、出張の暇つぶしとして、新幹線で、ホテルで活躍しております。
#ゲームもいいんですが、なかなかね。コストも掛かるし。

で、親機の方は、それなりに手間が掛かったんですが、動くようになり。
次に子機の方を3号機に取り付け。
このGW-USMicroNってUSBの子機なんですが、どうやら世界最小という触れ込みらしく。
確かに小さくて。
#ま、それが理由で選んでますが。
3号機の背面のUSBポートに挿してしまうと、ほとんど邪魔になりません。
他のケーブルの方が出っ張ってるくらいで。
こりゃあいい買い物をした、なんて悦にいってましたが。

で、3号機起動。
もちろん、この時点では、有線LANも接続した状態としてました。
何が必要になるか解りませんので。
自動認識を期待したんですが。
自動認識せず。orz
モノは8.04のころからあるはずなので、9.04なら自動認識するだろ、くらいの気持ちでいたんですけど。
仕方ないのでググって見ると。
How2Ubuntu
というサイトが見つかりまして。
ちょっと手順は古いのかも知れませんが、この手順通りに作業することで、問題なく無線LANにつながるようになりました。
ちなみに、ここでUSB子機を認識させてから、前述の親機のDHCP問題にはまりましたので、順番は逆なんですけどね。(笑)
ワタクシとしては、このようにちょっと面倒でも手順が明確になっていれば、「使える」と判断しますけど、普通の、別にPCを使うことにチャレンジしたいわけではない人たちにとってみれば、このような手間をかけないと動かないようなデバイスは対応しているとはいわない、ってことになるのかなぁ、と思ってみたり。
まあ、Windows並に自動認識してくれれば、それに越したことはありませんが、そんでも数年前のLinuxの状況から考えれば、メーカーがドライバ提供してくれているだけでもありがたいよな、と。(笑)
ま、なんにせよ、3号機の無線化計画、無事に実行できそうです。
んでも。
まだ3号機は部屋にあるんだよなぁ。

|

« ntfs-3gが改善 | トップページ | ネットブック買っちゃった。 »

Ubuntu」カテゴリの記事

ハードウェア」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/45027361

この記事へのトラックバック一覧です: 無線LANの導入:

« ntfs-3gが改善 | トップページ | ネットブック買っちゃった。 »