« イー・モバイルが快適に。 | トップページ | FireFoxの起動高速化? »

バッテリーのセルの違いと電圧

ノートPCのバッテリーで、ちょっと調べてみたところ、7.4Vと11Vの2種があるようで。
これは、リチウムイオンバッテリーの1セルあたりの電圧が3.7Vである事によるんだと思いますが。

2セル直列で電圧を作ってるものが、7.4V、3セル直列で電圧を作っているものが、約11Vってことなんだと。
で、大型のノートPCの場合には、11Vを作ってるみたいなんですが、例えば、スタミナを謡っている機種、軽量コンパクトな機種だと、7.4Vのようで。
ちょっと調べた限りでは、EeePCが7.4V、レッツノートのRシリーズが7.4Vとなってました。
他のを見たら、大抵、11Vでした。
ワタクシのアスワンも11Vで、バッテリーは3セルです。

電圧が低く抑えられるのであれば、バッテリーは前述のように、セル数を少なくできるので、軽量にできます。
逆に、セル数を増やして、並列につなげば、容量を大きく取れます。
長時間駆動が可能になるわけです。
PCの電源は、基本12V、5V、3.3Vを電源から供給し、必要に応じてレギュレーターで電圧を変更して、各チップに提供しているわけですが、12Vは大抵3.5インチHDDに供給されていたと思いますが、2.5インチだと調べてみたら5Vなわけで、そうすると基本的に12V電源は不要なのではないかな、と思ったりするんですが、どうしてバッテリー電圧が12V近くの11Vで提供する機種があるのかなぁ、と。
例えば、液晶とか、そういうのに影響するのかな、とも思ってみたり。

例えば。
電圧の違いが液晶のバックライトの明るさに影響することはあるかも知れません。
電圧は、結局のところパワーなので、電圧が高い方が力強いことにはなるので。
んでも、PC基盤系に電圧かけても、単に壊れるだけなので、いいことないかな。(爆)

まあ、電圧に余裕がある方が、例えば、バッテリーの容量終盤で、最低電圧を低めに設定されているのであれば、ぎりぎりまで容量を使い切る、なんてことも出来るのかも知れません。
#んでもリチウムイオンって、ぎりぎりまで放電すると痛むし。

単純に考えるなら、バッテリー電圧を低くして、同じセル数なら、容量に割いた方が、ノートPCとかネットブックとしては正しい姿のような気がするんですが、どうして、高電圧のものが採用されているんでしょうねぇ。そこが謎です。

誰か知りませんか?
#調べてみたけど、イマイチ回答がヒットしなかった。

|

« イー・モバイルが快適に。 | トップページ | FireFoxの起動高速化? »

ハードウェア」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
私はバッテリのことはよくわからないのですが、Inspiron mini 12のバッテリについて調べていたとき、こんなブログ記事を見つけました。
http://techlogg.com/?p=470
確かに11Vとか7.4Vとかなんですが、なぜかmini 12が14.4Vとなっています。そんなはずはないだろうと思うのですが。

投稿: 松本 | 2009年5月30日 (土) 16時00分

ちょっと調べてみましたが、互換電池が発売されているようで、そちらが確かに14.4Vとなっています。
この電圧で、3セルだと、1セルあたり4.8Vということになり、そういうセルがあることになります。
リチウムイオンの単セル電圧は3.7Vのもののみと思っておりました。
#例えば、ニッカドや、NiMHが単セル1.2Vのもののみのように。
混乱させてしまったのかも知れません。

他のDell PCの場合もノートは14.4Vのモノを使用しているように見受けられますので、案外、Dellではポピュラーな電源なのかも知れませんけど。
ちなみに、mini9も同じバッテリーのようです。

投稿: かおりん | 2009年5月30日 (土) 16時36分

すんません、嘘でした。
レビュー記事を調べてみたら、全て写真に写ってるバッテリーは、11.1Vと明記されています。
おそらく、普通の3セルリチウムイオンです。
前述の松本さんが発見したブログ記事が間違ってるものと思われます。
確かに、昔のDellのノートPCは14.4Vが多かったようですが、Miniシリーズは、11.1Vみたいですね。
http://gizmodo.com/5093030/dell-inspiron-mini-12-review

投稿: かおりん | 2009年5月30日 (土) 19時54分

なるほど、書いた人の勘違いだったのでしょうね。
どっかで、乾電池で動くラップトップが近々発売されるという話を読みましたが、実際、そのぐらいの方がユーザーにはありがたいんですけどねえ。

投稿: 松本 | 2009年5月30日 (土) 20時39分

ん〜乾電池って言っても、マンガン電池だと、全然パンチがないし、アルカリだと高価だし。
容量的に、今のところ1次電池は2次電池に遠く及ばないんじゃなかったかなぁ。
もう少し省電力化が進まないと現実的な話ではないような気がしますが、まあ、こんなのは技術的な問題なので、解消するのかな。(^^;

正直、「乾電池でも」駆動できるようになる、ってのはありがたいですけどね。
日常的に使うのではなく、電池切れの時に一時的に使えるってのは、かなりアリだと思います。

投稿: かおりん | 2009年5月30日 (土) 20時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/45174685

この記事へのトラックバック一覧です: バッテリーのセルの違いと電圧:

« イー・モバイルが快適に。 | トップページ | FireFoxの起動高速化? »