« acpiの件 | トップページ | acpiの件はもしかしたら »

アスワンでsmplayerでh264

アスワンで、1280x720のいわゆるHD動画を再生してみました。
coreAVC導入後、初めてまともに再生チェックです。
coreAVC導入前は、まともに再生すらできませんでした。
コマ落ちってよりも、画像が乱れて。
#コマ飛びして、差分が取得できない感じ。ブロックノイズのノイズなんてレベルじゃないって感じかな。
ちなみに。
この動画、メインマシンでは、なんの問題もなく再生可能で、かつ、CPU負荷なんて、10%も行きません。
アスワンでは、常時85%オーバーをキープ。(笑)
ちなみにXPの方が綺麗に再生されますが、GOMPlayerが優秀なのか、それとも、2割ほど上がらないCPUクロックが影響しているのかは謎です。
Ubuntu側でCPU速度がフルに利用可能になったら、この辺は再検証なのかな。

とはいえ。
CPU負荷こそ高いものの、全然再生出来ないってことはなく、たまに画像が乱れるものの、視聴は可能です。
えらい、coreAVC。
ちなみに、xvidのAVIファイルなんかだと、こんなことはなくて、普通に再生可能ですし、まあ、困りません。
まあ、そちらは画像サイズも大きくないんですが。
#640x480くらいなら、問題なし。

種々のコデックでエンコードされているデータを豊富に持ってたりしますが(笑)、どれがどれやら解らないので、一番負荷の高そうなh264のHD画質で試しているわけです。
これが綺麗に再生できるなら、他は大丈夫でしょ、と。
ま、ぎりぎり大丈夫かな。
でも、この性能だとニコニコ動画の弾幕動画は厳しいだろうなぁ。
YouTubeであれば、さほど問題ありません。
#あれは、再生環境が悪いのか、元々画質が悪いのか、判断が難しくて。

基本、メインマシンとの比較なんですけどね。

ま、なんとか使えるかな、って感じ。
画面も10インチあると、やはり見易いです。
PSPでの動画再生も悪くないんですが。
#寝転がって見れるし。
例えば、新幹線の中とか、このくらいの画面サイズで見れれば、満足でしょう。
ポータブルDVDプレイヤーよりは大きめの画面だしね。
#mpeg2も試してみるべきか。

メインマシンとの比較といえば。
前のエントリで書いてますが、カーネルビルドに3時間以上かかるとは思いませんでした。orz
メインマシンだと、30分程度の作業なので、かかっても1時間でしょ、と思ったんですが、あまかったです。(^^;
なるべく、今後はアスワンでのビルドは避けたいところ。
マシンの耐久テストみたいになってしまうので。(爆)

Core2って速いんだねぇ。

Atomのコアが何を使ってるのか知らないんですが、PentiumM程度の性能と考えればよいのかな。
だとすると、1.66GHzも出ていれば、普通にオフィス製品使う分にはなんの問題もないはずなんだけどねぇ。
ま、今、こうして使ってても、特に動画再生以外には遅いと思うこともないので、向かない作業を無理にやらせないようにしようと思います。
ひともそうですが、PCも適材適所ってことで。

ちなみに。
またホテルでアスワンです。(爆)
前回と同じホテルでリベンジ中です。
やはり言いがかりだったようで、ホテルのネット環境はなんも悪くありません。
ドライバのビルドミスでした。orz
今は、こうして普通に使えてますから。

ああ、フルスピードにするならACPI切ればいいのか。
性能比較してみるかな。

---------- 追記 ----------
ACPI有効の方が綺麗に再生される。orz
何が関係しているのか解らないけど。
本当にクロック上がってないのか?
単純に数字上の問題で、ACPIの管理の時には、1.33GHzって表示されているだけじゃないのか?
とか、疑問が出てきたんですが。
CPU速度を実測する手段がない。orz
なんか、そっちを探した方が、精神衛生上よいような気がしてきた。orz

|

« acpiの件 | トップページ | acpiの件はもしかしたら »

Ubuntu」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/45139635

この記事へのトラックバック一覧です: アスワンでsmplayerでh264:

« acpiの件 | トップページ | acpiの件はもしかしたら »