« とりあえず設定を進めてみる | トップページ | ネットブックの今後? »

まだなんともいえないんだけど

相変わらず、アスワンの環境構築中。
今まで、どれだけWindowsに対して無関心であったかが、明らかになる無知っぷり。(爆)
動画再生環境に関してはSMPlayerもあるようですが、試してみたら、CoreAVCが動作しない(設定があるのか、バージョンが絡むのか)ので、GOMPlayerを継続して使用することに。

SMPlayer(というかMPlayer)と使い勝手が違うところは、キーカスタマイズが可能なので、そちらで回避。
機能的にはGOMPlayerの方が豊富なようなので、これはあんまし問題ないかな。
キーバインドが変えられないと、ちょっと面倒なんですけどね。

ObjectDockは、そのまま継続使用。
有料のPlusなんてのもあるようですが、無料版で十分かな、ワタクシとしては。
日本語化パッチ(というか言語モジュール)があるので、それをインストールして使用。
どうやら、個人の努力で作成されてるっぽい。頭が下がります。

それにしても、素のXPと比べると、ClearTypeとメイリオの組み合わせはすばらしい。
見やすいというか、なんというか。
まあ、Ubuntuと比較すると、こんでもまだ不足感は否めないんですが、欲張るのはやめときましょうか。

FireFoxは、プラグインを見直して、Ubuntuとは違う運用を検討。
まあ、こちらはこちらでなんとか。
全画面表示も併用して使うことになるとは思うんですが。
全画面表示にしていると、タブが見えなくなるので、微妙に困ったり。(笑)
この辺、何を表示して、何を表示しないか、ってのを完全に設定可能になってるなら、全画面表示のカスタマイズでOKな気もしますけど。
ついでにUbuntuで行っていた起動高速化の手法を導入して、履歴を削除/保持しないようにしました。
どんだけ違うかは微妙なところですが、起動が遅いので、少しでも足しになれば、ってところで。

で、WindowsにはWindowsでの利点もあり。
この辺、Ubuntuでも改善されるといいな、と思う点ではあるんですが。
サスペンドもハイバネーションも完璧なので、まあ、再起動しない、ってのが運用の基本となります。
そのため、少々再起動時が遅くとも、さほど気にならないってことになるでしょうか。
ハイバネーションからの復帰には、ちょっと時間がかかりますが、これはUbuntuでも変わらないので、諦めるところでしょうかね。
で、何が利点か、というと。
以前にも書いた覚えがあるんですが、ノートを閉じてサスペンド、サスペンド後、一定時間を越えると自動的にハイバネートに移行する、という機能です。
これ、ノート運用には非常に便利な機能で、とりあえず、一時的に使用を停止したい場合に、閉じてさえ置けばいいわけで、その後作業をすぐに再開するか、とかあんまし意識しなくていいわけですよ。
そんなに時間が経過していなければ、サスペンドからの復帰なので、すぐに作業を再開できるし、時間が経ってしまう場合には、ハイバネートへの移行で、バッテリーが温存される。
バッテリーの少ないアスワンでは、非常にありがたい機能だといえます。
まあ、とりあえずサスペンドしといて、かばんに入れて、移動中にハイバネートってことになったら、HDDは大丈夫なのか?なんて疑問は浮かばないでもないんですが。(爆)
#そのせいでHDDが壊れたら目も当てられん。

現在、アスワン上のUbuntuでは、閉じて云々ができませんが、せめてこのサスペンド→ハイバネーションの機能は、次のUbuntuあたりで考えて欲しい機能ですね。
デスクトップばかり使ってると全然不要な機能なので、メインマシンのみの使用の時は気にもしてなかったんですが、こうしてノートPCを使ってると、サスペンド/ハイバネート周りの機能が不完全だと気になります。
運用に大きく関わる部分なので、この辺の対応は手厚く行って欲しいものだと思いますね。

というわけで、現在のデスクトップのスナップ。
Ubuntuとあんまし変わりません。(笑)

送信者 Blog


|

« とりあえず設定を進めてみる | トップページ | ネットブックの今後? »

ネットブック」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/45349709

この記事へのトラックバック一覧です: まだなんともいえないんだけど:

« とりあえず設定を進めてみる | トップページ | ネットブックの今後? »