« アスワンのSMplayerで動画 | トップページ | USBメモリに足下をすくわれてみる »

ホテルでUbuntu(10)

金曜日だってのに、帰れずにホテルに宿泊中。
明日、飛行機で帰る予定ですが。天気良いといいな。
#上空関係ないけど。

メモ的に。
アスワンで使用している環境を。

まず、パネルですが、上一枚だけにしています。
#これはメインマシンも同じです。なんで2枚出すのか理由が解らないので。
そして、自動で隠す設定に。
その場合、はみ出しが大きくて不格好なので、gconf-editorで/apps/panel/toplevels/top_panel_screen0/auto_hide_sizeの値を1に設定しています。
これで、パネルは必要な場合のみ呼び出せばよいことになります。

で、Cairo-Dockを使用。
まあ、これはメインマシンでも使用しているので、同じ環境をってことで。
一点違うのが、パネルを隠すので、実行中のアプリケーションもDockに表示するようにしています。
あんまし役に立たないけど、たまに役に立つこともあるので。

で、Metacity(ウィンドウマネージャ)のテーマは以前に公開した、Chrome風のものを使用し、タイトルバーの高さを調整して、22ピクセルとしています。
これはXMLを書き換える必要があるため、お手軽ではないかも、ですが、簡単です。
#バックアップの意味も含めてどっかに上げとくかな。ま、検討しときます。

んで、これがワタクシ的には重要なFireFoxのプラグイン。
メインマシンと共用のものは置いとくとして。
・AutoHide
F11で最大化する時の動作をカスタマイズします。
ぶっちゃけ今は使ってません。
・FoxClocks
ステータスバーに表示する時計です。
パネルを隠しているので、時間が解りません。(笑)
ま、必要に応じてパネルだせばいいんですが、出てても邪魔にならないので。
日本時間だけ表示してます。
・PersonalMenu
これがキモかな、と。
メニューバーをアイコン化してしまって、ポップアップメニューとして表示することができるようになります。
ブックマークも別のアイコンとして、ポップアップ可能になるんです。
これのおかげで、メニューツールバーとブックマークツールバーを非表示にすることが出来ました。結果、2行分稼げたので、ほとんど全画面表示は使用しなくなったわけです。
パネルを自動的に隠すことによって、パネルの部分とタイトルバーの部分が共用されるし、これで、ほぼ必要な情報だけを画面に出しとくことができるようになりました。
ネットブックにはお勧めです。(笑)

他は定番とか適当に入れてまして。
ネットブック専用で入れてるのは上記くらいかな。
Chromeテーマにこだわらなければ、ナビゲーションツールバーのアイコンなんかも小型のものが使えるテーマにして、そもそもMetacityのテーマもタイトルバーの細いのとかあるので、その手で統一すれば、もう少し画面を広いイメージで使えるかも知れません。
まあ、この辺が妥協点かな、と。
タブ見えないと、どこに遷移したのか解らないし、ナビバーがなくても、ちょっと辛い。
全画面表示を使わなくなったので、ステータスバーも非表示にして、Screeletsの時計を常に前面に、で使う手もあるかな。
まあ、その辺はぼちぼちと。
そういや。
screenlets、使わないつもりでいたんですが、やっぱりPlaceだけは便利過ぎて手放せませんでした。(笑)
ま、そんな頻繁に画面更新されるもんでもないし、たぶん、パワーはそんなに喰わないでしょ、ってことで。

それ以外だと追加でインストールしているのはMplayer系くらいですか。
まあ、この辺のインストールするツールは用途によりけりなので、ネットブックだから入れてるなんてものは、他にはないかも知れません。
最初は、Cairo-Dockも使うのやめようかな、と思ったくらいなんですが、やっぱりね、メインマシンで使ってるのと、操作性が変わると、結構混乱しやすいので。
それが理由でXubuntuにしないでUbuntuのまま使ってるわけだし。
ネットブックのCPUパワーを考えるなら、UbuntuよりもXubuntuの方が絶対にいいのは解ってるんですけどねぇ。
ま、好き好きってことで。

ちなみに。
ふた閉じてどうのこうの、ってやつですが、改善しておりません。orz
もう、こうなったら電源落としてやれ、と思ったんですが、落ちてくれませんで。
まあ、スクリプトに手を入れるしかないのかも知れません。
ふぅ。
--------- 追記 ---------
結局どうにもならないので、別途スクリプトを作成し、パワーオフすることにしました。
どうせ、ふたを閉じると、acpidがループに入ってしまうので、再起動を余儀なくされるので、電源落としても大差ないかな、と。
まあ、仕方ない。しばらくはこれで運用します。
いろいろと試してみたんですが、LIDイベントが一度起動した後、クリアされてないみたいな動作をしているのも問題で。
たぶん、LIDステータスを正しく取れない件と関係があるのかな、とも思ってますが。
まあ、運用できないわけではないので、9.10に期待して、あと数ヶ月はこのまま運用します。

|

« アスワンのSMplayerで動画 | トップページ | USBメモリに足下をすくわれてみる »

Ubuntu」カテゴリの記事

ネットブック」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/45392565

この記事へのトラックバック一覧です: ホテルでUbuntu(10):

» Something missed [競馬@Blogger]
え~~。どーでも良い話ですが(笑)。 [続きを読む]

受信: 2009年6月23日 (火) 19時46分

« アスワンのSMplayerで動画 | トップページ | USBメモリに足下をすくわれてみる »