« ソフトウェア資産 | トップページ | SDカードで失敗。orz »

GoogleOSに期待する人って誰?

全貌がまだ見えてないけど、GoogleOSは、あちこちで話題になってるっぽい。
ま、ギークな人たちの間だけかも知れないけど。

で、ASCII.jpでシンクライアントの記事もあり、まあ、こちらは対企業向けとして、ターゲットが明らかなんで、そういうビジネスを展開していくんだろうな、ってとこで。
思うのが、このシンクライアントとGoogleOSって被るんだよなぁってこと。
シンクライアントの場合、基本的にすべてサーバに置いて、ブラウザだけでPCそのものを完結させようとしているので、まあ、ちょっと毛色は異なるんだけど、サーバ上の仮想環境ですべて終わらせてしまって、どこからでも、どのPCからでも自分の最新データにアクセスできます、面倒な環境設定はありません、常に同一の使い勝手です。セキュリティも、アプリケーションのアップデートも自動で行われます。
とまあ、お題目が同じなんですよね。

で、思うのが、GoogleOSに期待しているのって、誰なんだろうな、と。
逆に、Googleがアテにしているユーザー層ってどこなんだろうな、ってことかな。
作るんだから、それなりにどのユーザー層ってのは考えてると思うんだけど、コンシューマーを対称としているのか、企業なのか。
最初はね、企業向けかと思ったんですよ。
シンクライアントとできることが同じなので、対象も同じなのかな、と。
主にデータの保護とメンテナンスコストの削減、ってのが大きいのかな、と。
んでも紹介されている記事とか見ると、謳ってるのは、安い、速い、うまい、くらいの話で、論調的にはWindowsに替えて使えます、なんですね。
なので、その手の記事からは、ターゲットがどこか見えにくい。

まあ、ネットブック用ってことで最初展開するようなので、コンシューマーが対象なのかな、と思うんですが、その場合、アピールするのは、GoogleDocじゃないんだろうな、と思うんですけどね。
少なくとも、Chromeで、IEより快適にWebブラウズできます、は確保されました。Gmailはメーラーとして認知、普及しています。
日常的なツールとしての使い勝手は、確かにGoogleは握っているので、強いは強いんですが。
コンシューマーにアピールするなら、娯楽性が大事なんじゃないのかな、と思うわけですよ。
速くても、安くても、うまくても、つまらないなら使われないと思うんですけどね、
まあ、基本、ネット上での娯楽が、安く、速く、うまく動かないと普及しないんじゃないのかな、と思います。
まあ、基本はFlashですか。
Adobeの協賛を得ているので、この辺は間違いなく力を入れてくるんでしょうけど、世界中のWebコンテンツは、GoogleOSがWindowsよりも快適に閲覧できます、を最低限ウリにしないと、コンシューマー向けに普及は難しいんでしょうね。

ついでに。
巡回とか、RSSリーダー系の機能を組み合わせて、あらかじめネットにつながってる間に、キャッシュにダウンロードとかするような仕組みを考えないと、ネットブックでプアな回線使ってるときに、それらのコンテンツが快適に閲覧できないので、まあ、機能のON/OFFは必要にしても、対ネットブックとしてはオフライン使用もある程度は考慮してあげないと、日本での普及は難しいかも知れませんね。
まだまだ無線ブロードバンドといっても、使用可能エリアが狭いですからねぇ。
---------- 追記 ----------
なんか、こんな記事もあるようですね。
まだ、形も見えないものをアレコレ心配するのは早すぎな気がしますけどね。
例えば、自分が、必ずそれを使わなければならない境遇にいるならともかく。
ダメだったら使わなければよいだけの話なんだし、素敵な未来を夢見て待ってればいいような気もするんですが。(笑)
ま、ダメだったら、素直にWindowsに戻るなり、Ubuntuを使うなり。

|

« ソフトウェア資産 | トップページ | SDカードで失敗。orz »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

Google Chrome OSは無料 ASUSやAcerがサポート:
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090709-00000025-zdn_n-sci

投稿: cametan | 2009年7月10日 (金) 17時21分

ユーザーコメント見てみましたが、結構なユーザーが「ソフトの対応」を気にしてますね。
やっぱりな、って感じはあるんですが、別件でのコメントで触れられている通りに、そういうユーザーって特定アプリのユーザーなんですかね。ゲームとか。
ソフトの対応次第ってひとは、何をしたいのかなぁ。
まあ、たぶん、ネットだけ、ってことではないんでしょうね。

投稿: かおりん | 2009年7月10日 (金) 23時55分

>別件でのコメントで触れられている通りに、そういうユーザーって特定アプリのユーザーなんですかね。ゲームとか。

いや、8割がたそうじゃないと思いますよ(笑)。「言ってるだけ」で(笑)。それ言っておいたら「賢く」思われるだろ、的な(笑)。内容は無いです。
ただ1~2割は「切実に」感じてると思うんですが、そもそも初音ミクとか、見る限りヘビータスクですしね。結構CPUパワーもっていかれるでしょうし、ネットブックのユーザーとは被らない気もするんですけどね。ゲームもしかり、ですし。
あとは、Gyaoとかそれこそバンダイチャンネルとか(笑)。そーゆーのはどーすんだ、って思う人は「自覚層」やもしれません。それで言うと、かおりんさんは「そっち側」で発言して良いですよ(笑)。

「Chrome OSでバンダイチャンネルが観れるのか不安だ」

って言うのはアリだと思います(笑)。

投稿: cametan | 2009年7月11日 (土) 00時05分

ああ、なるほど。バンダイチャンネルか。
そもそもUbuntuで見れないんで、頭から消し飛んでました。(笑)

Gyao含め、その辺のサービスの対応を推し進めないと、確かに今のネットで動画のユーザー層を取り込むのは難しいかも、ですね。

んでも。
正直、Googleがやるなら、これは普通に互換アドオン作るんじゃないのかな、と思ってたり。
Moonlightなんてレベルのものじゃなく。
むしろ、そういう意味では期待できるかも知れませんねぇ。(笑)

投稿: かおりん | 2009年7月11日 (土) 00時17分

>Gyao含め、その辺のサービスの対応を推し進めないと、確かに今のネットで動画のユーザー層を取り込むのは難しいかも、ですね。

そうですね。
ただ、僕が思うに、GyaO自体がユーザー数減ってんじゃないのか、とか疑ってるんですよ。多分壊滅的ダメージ受けてるんじゃないのか、と。
以前、こう言うニュースが上がってて、

YouTubeともニコ動とも違う——「GyaOは“大人のビジネス”」川邊社長:
http://mansion.excite.co.jp/News/it/20090626/Itmedia_bizid_20090628015.html

プレス向けに「大人のビジネス」とかワケ分かんない「キーワード化」してる事言い出してる以上、ねえ(笑)。
相当YouTubeとかニコ動とかにやられて収益悪化してんじゃねえのか、とか思って読んでました(笑)。
YouTubeもニコ動もブラウザやらOSやらの制限無くして上手い事やってんですよ。GyaOはそうじゃない。技術的にFar behindだ、ってのを気づけば良いんですが、その辺を「大人のビジネス」ってプレス向けに発言して煙に巻こう、ってのが逆に必死さを感じました(笑)。
ダメだこりゃ(笑)。5年後には無くなってますよ(笑)。

投稿: cametan | 2009年7月11日 (土) 00時37分

まあ、投稿型の映像サイトと異なる「合法で高画質」な動画サイトには、価値があるかも知れませんけど。
見れませんので。(笑)
評価もできませんけどね。>GyaO
広告主の意向とか、コストの問題を気にするんだろうから、その辺、マイナーなOSとかは切り捨て方向になるのかも知れないんですが。

まあねぇ。ビジネスでやってる限り、今のデスクトップLinuxは対象外かも知れませんねぇ。
ま、いいです。GyaOはなくなってくれても。(爆)

投稿: かおりん | 2009年7月11日 (土) 02時02分

>まあ、投稿型の映像サイトと異なる「合法で高画質」な動画サイトには、価値があるかも知れませんけど。
>見れませんので。(笑)
>評価もできませんけどね。>GyaO

そう。
で、「評価も出来ない」って事は「ないも同じ」なんですよね。
かつ、「合法で高画質」は全然ユーザーに支持されてないんじゃないのか、って事です。

>広告主の意向とか、コストの問題を気にするんだろうから、その辺、マイナーなOSとかは切り捨て方向になるのかも知れないんですが。

単に「作り方が下手」としか思えないんですけど(笑)。
例えば、今時、「Javaアプレット」で、アクセスしてみたら「JREをインストールしてください」とか言われたら嫌でしょ(笑)。
YouTubeはそう言う「煩わしさ」を無くした、って事に価値があると思うんですよ。「取りあえずデフォルトで動く」「ブラウザさえあれば何とかなる」とか。
高画質化は後で如何様にでも出来る、まずは「動くものを」って作戦が上手かったんじゃないのかなあ?
ニコ動なんかは、元々YouTube寄生だったんですが、その辺、上手い具合「考え方」を継承したよな、とか思うんです。
GyaOもそうですし、その辺、実は下手糞な作り方してる日本のサイトって異常に多いと思うんです。
(例えば映画エヴァなんかも予告編観れませんしね。意外と「作り方」ではエロ動画系サイトの方が上手いんじゃないか、って感じる事がままあります。)

>まあねぇ。ビジネスでやってる限り、今のデスクトップLinuxは対象外かも知れませんねぇ。
>ま、いいです。GyaOはなくなってくれても。(爆)

無くなりますよ(笑)。今のままだと(笑)。

投稿: cametan | 2009年7月11日 (土) 03時02分

合法は、ユーザー支持如何を問わず考え方の中に必要ではないか、と思いますけどね、
映像に対してのライセンスの考え方ってことなので、まあ、ソフト屋としては、そこは支持せざるを得ない。(爆)

それはそれとして。
ユーザーに取って、利便性を提供できないなら、コンテンツに価値がないと生き残れないわけですが、まあ、言ってしまえばGyaOは、いみじくもご紹介の記事で社長が語っているように「TUTAYAの代用」でしかないのだとすれば、それは意味がないでしょ、と。
DVDレンタルそのものがネットで宅配可能になった今、DVDレンタルの代用って考え方では生き残れないでしょう、と。
まあ、百歩譲って、広告を出すので、GyaOなら無料ですよお、ってことに価値がある、って話だとして、じゃあ、宅配DVDよりもお手軽ですか、ってことが大事になる。
で、Windowsユーザーにとっては、利便性はあるわけですよね。
IEであれば。
んでも。
まあ、メリットを享受できるのは現時点ではWindowsユーザーに限られてたりするわけで。
#もしかしてMacもOK?
まあ、今はLinuxは圧倒的にマイノリティですが、今後どうなるか解らないし、そういう切り捨て型の商売しているところは、いつか、Windowsがマイナーになれば切り捨てるだろう、ってことも容易に想像が付くわけで、日本人的「義理人情」に欠けた会社な印象がありますよね。
#まあ、バンダイチャンネルも同じかも知れませんが。(笑)

絶対数は少ないLinuxですが、それでも曲がりなりにも対応だけしておけば、ああ、GyaOってのは、そういうマイナーなOSも相手にするんだ、ってのが解りますし、じゃあコンテンツも、もしかしたら掘り出し物があるかもしれない、って考えるひとは多いと思うんですよね。
でも、マイナーなものを切り捨てるところであれば、コンテンツもメジャー指向であることが容易に想像できますし、まあ、定番の価値はあるかも知れませんが、掘り出し物は見つからない可能性が高いし、たぶんないんですよ。
GyaOとか、別に自分とこで動画作ってないですよね、たぶん。自分で版権持ってるコンテンツってあるんですかね。
そういうのを多数抱えていて、GyaOでしか見れない、って価値があるなら、生き残る可能性は高いですよ。
それこそバンダイチャンネルですね。もう、バンダイが版権がっちりに握ってて、そこでしか見れないコンテンツはある。
で、こういう価値があると、Windowsでしかバンダイチャンネル見れないんで、Windows使うか、となるんです。もうなんでLinuxサポートしないのよ、とか文句言ってもはじまらなくて、今見たいなら、Windowsを使うか、と。
バンダイチャンネルのコンテンツって、結構期間限定だったりしますし。(笑)
#Linuxユーザーの方は自分がマイナーなことを知ってるから、そんな場合でも、じゃあ仮想環境のWindowsで見ますか、となりますけどね。(笑)

合法高画質がウリになるのは、その動画そのものに価値がある場合ですよね。
単純に高画質であるだけ、には価値がない。
例えば、日々のニュースがフルHD画質であることにはあまり意味がないし、天気予報がフルHDで提供されても、お天気お姉さん好きなひと以外には意味がないです。
#少なくともワタクシは天気予報やニュースをフルHDで見る必然性を感じません。ま、見れてもいいですが。
GyaOって、コンテンツの一覧見たとき、そんなGyaOだけ、なんてのがあったかなぁ、ってのが正直な印象です。
ま、こんな映画知らない、ヒマだから見てみようか、程度のものしか覚えがないんですよね。
で、暇つぶしだけなら、実はYouTubeやニコニコ動画の方が、合法で低画質だけれども、面白い独自のコンテンツがあるです。
#投稿だしな。
ま、独自性でかなわないなら、ってことで言い出してるんだとは思いますが、それならYahoo!でディズニーの版権押さえて、GyaO
で流すとかしないと、合法高画質な大人のビジネスにならないんじゃないですかねぇ。(笑)

投稿: かおりん | 2009年7月11日 (土) 10時52分

Google社内は既に“脱Windows”:
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20090709/333568/

投稿: cametan | 2009年7月13日 (月) 01時54分

記事の論調では、GoogleOSに否定的に見えますね。
というか、懐疑的、か。
期待はしているけど、大成功にはならないよね、って感じですか。
まあ、それでいいんだと思いますよ。>GoogleOS
まずは業界に一石投じました。
プレインストールで選択できます、で。
あんまし売れなくて、日本ではプレインストールに選択できなくて、一部ギークだけのOSになってもいいと思うんですよ。
Googleがやった、って事実が残れば。

正直、この先、MSが本気になれば、どこまでもプレインストールで対抗するのは難しいし、プレインストールされていないOSを使うのは、やっぱり「普通の人」じゃないと思いますしね。
こうして、少しずつWindows以外のOSもあるよ、ってのが「一般人」に認知されていけばいいのかな、と。
ただ、仕事でPC使ってるひとたちには、なかなかWindows以外のOSとMS環境で動くアプリ以外は受けれいられ辛いのは、もはや事実なんでしょうから、Googleが勝つことはないんだと思います。
少なくとも3年以内は。

ネットブックは登場から普及まで、一気に来たけど、これもWindowsを載せた低価格なノートPCって認知のされ方をしたからであって、Windowsの動かないちょっと安いPCってだけだと、一般人は見向きもしなかったんだと思うんですよね。
ほんのちょっと、まずは5%のシェアを、ってことでいいので、Googleには頑張って欲しいもんだと思います。(笑)
#これからのLinuxのために。

投稿: かおりん | 2009年7月13日 (月) 05時30分

私としては、Windows一辺倒な世界が非常に仕事がやり辛いという個人的な事情があるので、Windows以外のOSが認知されればそれでOKです。そのためにはWindowsのシェアが現在の9割からもう1、2割下がれば十分で、それは目の前だと思うんですよね。逆に、MSが「負けて」Windowsがなくなってしまったら、それはそれで困ります。OSの選択肢がなくなるってことでは同じになってしまいますから。そういう意味では、MSがビジネスユーザーがっちりつかんでるっていうのも悪くはない。

ただ、Microsoftのビジネスモデルが独占を前提に組まれてるのが、ちょっと気になるんですよね。全OSのシェアの半分でも握ってれば押しも押されない巨大ビジネスだと思うんですが、現在のビジネスモデルだとシェアの半分を失ったらもう「負け」で、消えてしまうみたいな感じで受け止められてそうです。このあたり、ちょっとMicrosoft自身にかわってもらわんといかんのかなあとは思ってます。

Google OSがそのきっかけをつくったんなら、非常にいいことではないでしょうか。

投稿: 松本 | 2009年7月13日 (月) 08時48分

同感というか、ワタクシは、それほどOSのシェアに関しては、真剣に考えてなくて。(笑)
単に、Linux系OSに対して、各種ハードメーカーが無視できない程度のシェアになればいいな、ってのは変わってないんです。
んで、GoogleOSが、何割か、もしくは1割弱でもいいんですが、MacOS程度には無視できない状況になればいいな、と。
仕事面では、別にWindows全盛でなくとも問題ない(笑)んで、正直どうでもいいんですよね、OSのシェアって。
まあ、Windowsで固定されていた方がシンプルだし、前提を固定することができるんで、テストが少なくて済むってメリットはありますが。(笑)

そういう点で、業界全体が、Windowsのシェア前提なところがあり、テストが増えること考えると、もしかしたらドライバのせいでハードの値段が上がることも考えられますけどね。
そうなると、ちょっと問題あるかなぁ、
カードメーカーには、今のMS独占状態の方が、コスト的にラクかも知れません。

なので、もしかしたら、GoogleOSがネットブック含むPCに展開されることを望まないかも知れないなぁ。>ハードメーカー

投稿: かおりん | 2009年7月13日 (月) 12時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/45590005

この記事へのトラックバック一覧です: GoogleOSに期待する人って誰?:

« ソフトウェア資産 | トップページ | SDカードで失敗。orz »