« クッションを買った。 | トップページ | Windows版のChromeを使った。 »

OpenSolarisに触ってみた

VirtualBoxにインストールして、OpenSolarisのディストリであるところのJarisに触ってみた。
けど。
まだきちんと触れてないし。(笑)

というのも、結構インストールが遅くて。
VM環境のせいかも知れないんですが。
興味があったのがMadorisというWineを拡張した(らしい)Windowsコンパチ環境で。
いろいろと動くのかな、と。
ゲームなんかも一部動いているらしいので、もしかしたら動画環境なんかも動くとおもしろいかも、と思ってインストールしてみました。

正直な話をすれば、常用環境にするつもりはなく。
Ubuntuで動かせないようなものを動かせるなら、意味があるのかな、って感じで。

そもそも、Ubuntuを使い続けている理由の一つに、豊富なアプリケーションってのがあります。
まあ、Windowsの比ではないんでしょうが、オープンソースなアプリケーションの場合、大抵はUbuntuのパッケージがサポートされていまして。
#Fedoraも多いとは思いますけど。
ディストリビューションの提供するパッケージだけ使ってて幸せなうちは、あまり困らないんですが、たまにね、バグに引っかかってみたり、ドライバの問題だったりで、最新バージョンが使いたいことがあったりします。
そんな場合に、Ubuntuってのは、結構アプリの本家サイトに行ってもパッケージで導入可能だったりすることが多いので、便利なんです。
#PPAでサポートされていたり。

いずれにせよ、デスクトップ環境として使用する際に必要なことはかなり考えられているのがUbuntuなので、その辺困らないから使い続けているってのが理由だったりします。

その利点を越えて、OpenSolarisが有利とはとても思えないので、まあ、隙間を埋める程度に使えればいいのかな、とも思いました。

使う前に、何点かブログとか見たんですが、「開発者に使って欲しい」ってのがOpenSolarisの考え方みたいなんですよね。
一般ユーザーは視野に入ってないのかも、と思って。
でも、Jarisはデスクトップ環境の提供を目指しているみたいだったので、ちと使ってみようかな、と。
Madorisってのが、たぶん、Jarisのひとつの回答なんだと思うんです。
OpenSolaris専用のアプリをこれから開発して貰うのは、マイナーなだけに困難であろう、と。
ならば、メジャーであるところのWindowsアプリをそのまま使えれば、弱点になりがちな、アプリの貧弱さを補えるし、そもそも手慣れた環境であるWindowsからの移行も促せるであろう、ってところなのかな、と。
まあ、理想からは離れているんでしょうけど、現実的なひとつの解ではあるのかな、と思いましたけど。

で、使ってみたかったんですが。(笑)
Windowsアプリを持ってない。orz
ま、考えてみれば、この10年、年賀状ソフト以外にWindowsアプリなんて買ってないな、ってことを思い出しました。(爆)
ゲームもゲーム機でしかやらないしねぇ。

さて。
仕方ないので、なんかフリーのツールでも動かして見ますか。(爆)

|

« クッションを買った。 | トップページ | Windows版のChromeを使った。 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/45741426

この記事へのトラックバック一覧です: OpenSolarisに触ってみた:

« クッションを買った。 | トップページ | Windows版のChromeを使った。 »