« 日経とかでネットブックの特集してたけど | トップページ | 上から目線なのかもね »

美紗緒辞書の効果

導入してから2〜3エントリ書いてみましたが。
効果はあったんじゃないかと思います。
劇的かどうかは、疑問ですが、地味に効果がありそうです。
というのも、まだAnthy特有の変な変換結果は出てきますが、減ってます。(笑)
美紗緒辞書の作成ポリシーというのは、美紗緒辞書のサイトに書かれていますが、そもそもcannaの変換がアレだったので、「よく使う単語の組み合わせは登録してしまえ」というポリシーで作成されているようで、そこから品詞の見直しを行って、一応、変換が正しく行われるようになったものらしいんですよね。
なので、最初に導入した頃のように、ほとんど単文節変換をしていた当時は、あまり効果がなかったのかな、と思います。
今は、それなりに長い分節で変換をするようになったので、多少は美紗緒辞書の効果が現れているのかな、と思います。
#まあ、そんでもAnthyの不思議文節区切りはなくなりませんが。(笑)

効果があるかどうかは、比較的長めの文章を入力し、一発変換を試みた場合に、文節の区切り方が標準と導入後では変わるので、その辺で解るかと思います。
逆に、普段の文章入力中に、標準と導入後で文節の区切り方に変化が見られないようなら、美紗緒辞書導入の意味はあまりなかったことになるので、もう少し長めの文節で区切るクセをつけた方が、Anthy的にも美紗緒辞書的にも有利に働くかも知れません。
とはいえ。
これも有志で作られた辞書であるので、そこそこ作った人のクセが反映されているのは仕方のないところ。
この辺、システム辞書に、学習結果を反映させる手立てはないもんなんですかねぇ。
せめて、手動でもいいので、学習結果を永続化させる手段が残されているなら、Anthyもかなり使い物になる日本語変換なんじゃないかと思うんですが。
忘れるのだけがネックなんだよな、あと辞書か。(笑)

そうすれば、最初は、それなりの変換しかしない状態でも使い込むに従い、手放せなくなるツールになると思うんですけどね。
さて、次期UbuntuのAnthyはどうなりますか。

ATOKより軽量なので、ネットブックのような非力なPCにはうってつけだと思うんですが。
#パワーが有り余ってるならATOKの変換効率と、補助機能は大変素晴らしいんですけどね。

|

« 日経とかでネットブックの特集してたけど | トップページ | 上から目線なのかもね »

Ubuntu」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/45779461

この記事へのトラックバック一覧です: 美紗緒辞書の効果:

« 日経とかでネットブックの特集してたけど | トップページ | 上から目線なのかもね »