« キーボード購入 | トップページ | クライモリ »

SSD交換完了

アスワン(用に購入した)のSSDが、どうやら初期不良だったらしい。
らしいというのは、具体的な動作上の不具合はなかったからで。
なんか、振るとカラカラという音がするようになってまして。
初期導入の時には気がつかなかったので、日々運用しているうちになったのかも知れないし、実は最初からだったのかも知れないんですが。
ドスパラに電話したら、初期不良対応期間なので、交換してくれるということになったので、ddとか使ってディスクのイメージをバックアップしていたわけで。
ddを使うって話を以前に書いてたけれども、実際には別途インストールしたdd_rescueというコマンドを使ったんですよ。
ddだと実行時に画面に何もでないで、こっそりとコピーが進行していくけれども、dd_rescueの場合には、今、どのくらい転送が進んでいるのかが画面に表示されます。
ついでに、瞬間の転送レートと平均の転送レートも表示されるので、ある意味、メディアとバスのベンチマークっぽいことも可能かも。

USBに接続して読み出し、書き込みを行ったので、まあ、SSDといえどもたいした速度ではなかったのは残念。
今は復帰も完了し、アスワンは元気に動いてます。
ちなみに、転送はメインマシンにSSDをUSB接続して、メインマシンのドライブにイメージの吸い出しを行っています。
アスワンでやったら、なんだかUSB転送が遅いので。
大体、USB転送のレートでメインマシンの半分くらいかな。
USB転送にもCPUパワーが効いてくるとは。まあ、考えてみれば、USBあたりだと、バスマスタ転送なんてしてない可能性があるのか。
そうすると、全部CPUが面倒見ている可能性もあるな。
てなことを考えると、ますますUSB起動のOSって、性能はよくないんだろうな、って想像がつくなぁ。

OS性能というか、アプリケーション使ってても、体感できる性能って、一番はストレージ性能なんですよね。
なんでもディスクから読み出さないと動作しないし、起動までの待ち時間とかって、体感に一番大きな影響与えるところの性能なので。
ちょっとくらいCPUパワー落としても、ストレージが十分に速いなら、結構体感的には誤魔化されます。
#まさに今SSD積んだアスワンがそんな感じ。誤魔化されています。

まあ、いずれにせよ。
新品交換してくれたドスパラには感謝しつつ。
あんまし対応良くないなんてネット上の書き込みも見たことあるけど、人や店によるんですかね?ワタクシは非常に丁寧に対応して貰えましたけどね。



|

« キーボード購入 | トップページ | クライモリ »

Ubuntu」カテゴリの記事

ハードウェア」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/45676241

この記事へのトラックバック一覧です: SSD交換完了:

« キーボード購入 | トップページ | クライモリ »