« Ubuntuって難しいんですか? | トップページ | XPに戻した。 »

レスキュー用にUSB-Ubuntu作り直し

8.04でUSB-Ubuntuを作ってましたが。
レスキュー用としても、イマイチなので、9.04で作り直しました。
手間がかかる。orz

DVDドライブとかついてないネットブック用なので、USB起動するUbuntuが必要だったんですが、普通のデスクトップとかには不要です。
まあ、他にもUSB接続のDVDドライブを買うって選択肢もありますけどね。
ある意味、そちらの方が本道か。
自由度も高いし、運用の幅も広がりますしね。

基本、レスキューはLiveCDで行うのがいいと、ワタクシも思っています。

以前は、USB-Ubuntuを作って、出張の際に活用しておりましたが、あくまで、そういう使い方というか、テンポラリな使い方を目的として作ったものです。
思ったよりは使えるんですが、それを常用するとなると、結構大変なんじゃないのかな、と。
例えば、プチフリ起きますし。
それと、やっぱりUSBメモリって遅いんですよ。
HDDとかSSDと比較すると。
#SSDと比較しちゃダメか。

昔から比べれば、はるかに高速になりましたが、そんでも遅いです。
まあ、LiveCDよりは快適かも、って程度。
結局USBってバスの規格の限界なのかも知れませんが、同じHDDでUSB接続と、SATA接続では、体感できるほどに起動速度も違いますしね。
#10秒近く違う。

なので、仮にWindowsとのデュアルブートに問題があるなら、wubiによるインストールが一番お手軽で確実じゃないかと思います。
実際、以前に試験的にwubiで運用してみましたが、ネットブック等のモバイル運用を考えてるのでなければ、十分実用になると思います。

例えば、どうしても外で使いたいとか、レスキューの必要があるなら、USBメモリによるUbuntuの一時的な運用ってのもアリだとは思いますが、その環境で常用できるとは考えない方がいいと思います。
使えないこともないな、程度に考えた方が幸せになれると思いますし、Ubuntuの実力をUSB-Ubuntuで判断されるのも迷惑な話ではないかな、と。

とはいえ。
PCがUSB起動に対応しているなら、一本作っとくと、何かと便利ではあります。
レスキュー用途ならお勧め。(笑)
ま、作るの面倒ですけどね。grubインストール時に注意も必要だし。


|

« Ubuntuって難しいんですか? | トップページ | XPに戻した。 »

Ubuntu」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/45654039

この記事へのトラックバック一覧です: レスキュー用にUSB-Ubuntu作り直し:

« Ubuntuって難しいんですか? | トップページ | XPに戻した。 »