« 仮想環境で。 | トップページ | ClamTKを使う。 »

ま、ネタがないわけですが。(アスワンでフルHDのはなし)

なんかネタでも拾おうかと、アスワンのmplayer弄くってましたが。
やっぱりどうしてもフルHDはダメですな。

大体、今までの経験から、音ズレのパターンってのは、音声側の再生負荷が高くて、画像がついて行けないパターンが多く、サウンドのアウトプットを変更したりしてみましたが、どうしてもCPU負荷が100%張り付きになってしまう。orz

HD動画であれば、まだCoreAVCの威力でMax80%くらいで推移するので、音ズレは基本発生しないんですけどね。
おそらく、画像の縮小にかかるCPUのコストが大きいので、負荷が減らないんだろうと思ってるんですが、スケーリングのオプションで負荷の小さい物を見つけられないため、断念って感じですかね。

この辺、なんかうまいオプションの組み合わせがあれば、アスワンというかATOMでもフルHDの再生可能ってことになると思うんですけどね。
ちなみに。
フルHD再生に関しては、動画の品質なんかに依存するので、問題無く再生可能なものもあります。
例えばMSのサイトにサンプルとして配置されているフルHDのWMVなんかは、ギリギリ音ズレなしで再生可能だったりします。
同様に、逆のパターンも考えられ、HD動画でも、品質によっては、あるいは動画の内容によっては、コマ落ちしたり、音ズレが発生したりすることも考えられるので、アンダーパワーなCPUの場合には、極力性能を重視したオプションを選択しないと、再生時に困ることが考えられますね。
Core2なんかの場合には、品質に特化したオプションの方が動画が綺麗に再生され、負荷もそこまで極端には上がらないのでオススメなんですけど。

デフォルト設定になっているもので、性能に依存するようなものは、積極的に外す、とかしないともしかしたらATOMで汎用的な設定ってのは難しいのかも。
もう少し調べてはみますが、ちょっとくたびれたので休憩。(笑)

ちなみに。
サウンド出力ですが、アスワンでの負荷の傾向を調べてみましたが、alsaが一番少ないような気がしました。
これ、サウンドチップにも依存する話なので、どれがってのは総当たりで調べるしかなさそうですけどね。
#メインマシンではOSSが一番負荷が少なかったし。

逆に一番負荷が高かったのがSDLでしたね。

なかなか、鉄板の設定がないので、難しいもんです。

|

« 仮想環境で。 | トップページ | ClamTKを使う。 »

Ubuntu」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/46071335

この記事へのトラックバック一覧です: ま、ネタがないわけですが。(アスワンでフルHDのはなし):

« 仮想環境で。 | トップページ | ClamTKを使う。 »