« 正直なところを言えば | トップページ | 64ビット版はイマイチ?(Chromium) »

iBusを使ってみる。

Ubuntu Tweakにアップデートをかけてみたら、iBusが使えるようになってたので、インストールしてみた。
iBus1.2の系列。
1.1とかには、まだ問題があったりして、日本語環境としては厳しい、なんて話を目にしていたので、Ubuntuではまだしばらく先の話になるのかなぁなんて思ってたんですけれども。

とりあえず、im-switch -c として、切り替え。
#ダイナミックには切り替わらないので、ログオフしてログイン。

触った感じでは、悪くないというか、大きな問題はない感じ。
SCIMと比較して違和感があるのは、英字を入力する際かな。
SCIMだと、先頭の大文字を入力すると、そこからは英字扱いにしてくれるけど、iBusではそんなことはなくて、普通にローマ字入力として扱われる。
もしかしたら設定とかあるのかも知れないんですが、そこまで追い込んでないというか、使い込んでないです。
少なくともメインマシンでは、SCIMと比較して重いなんてことはないし、FireFoxでも正常に入力されているので、もしかしたら、SCIMよりも、FireFox3.5の系列では、相性がいいのかも知れません。
もう少し使い込んでみないと比較はしにくいし、重さの問題もあるので、メインマシンで快適でも、アスワンでは使えない、なんてことも十分に考えられますしね。
まあ、別に切り替えは簡単でストレスを感じるような代物ではないので、SCIMと並列して使い比べてみようかと思ってます。
9.10からiBusになるんだったかなぁ。

基本、SCIMとキーバインドも変わらないようなので、使い勝手に違和感はないですね。
普通に単語登録とかもできますし。
ま、不思議変換はIMEの責任ではないので、IME切り替えても、大差はないはずですけどね。(笑)
---------- 追記 ----------
アスワンにもiBusを入れてみた。
期待しているのは、FireFox3.5を使ったときに、何故か一発めは、IMEが起動しないという現象が起きていて、それが改善されないかな、と。
SCIMの問題だとすれば、iBusでは違った結果になるだろうし、そもそもFireFoxの問題であれば、iBusでも変わらないので、その場合にはSCIMに戻すことになるかな、と思う。






|

« 正直なところを言えば | トップページ | 64ビット版はイマイチ?(Chromium) »

Ubuntu」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

IBUSになってから、日本語まわりは使えるけど、中国語関連は壊れまくりでIM全体がだめになってしまいました。

投稿: OK牧場 | 2009年9月 9日 (水) 15時26分

Fedora等の話ですか?Ubuntu9.04に入れてみた?
残念ながら中国語関連は、使ったこともないので、どんな影響があるかは解りませんでした。
元々は中文用に開発された物がiBusだったようにも思うんですが、問題があるんですかねぇ。
中文だと、SCIMの方が良いとも悪いとも判断が出来ず、申し訳ありません。(^^;
Ubuntuの問題であれば、フォーラムで質問されてみては如何でしょうか。

投稿: かおりん | 2009年9月 9日 (水) 15時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/45884887

この記事へのトラックバック一覧です: iBusを使ってみる。:

« 正直なところを言えば | トップページ | 64ビット版はイマイチ?(Chromium) »