« イー・モバイルの新型 | トップページ | Lady in the Water »

ノートPCとネットブック

これまで、ノートPCを所持したことは一度もないので、もしかしたら、不適切な話になるのかもしれませんが。
ノートPCとネットブックを一緒に扱っちゃダメでしょ、なんて話が某巨大掲示板でなされていました。

んでもさ。
ネットブックっても、普通に液晶画面があって、キーボードもあって、マウスとか使えるし、HDDついているし、一般人の感覚で行ったらノートPCでしょ?
違いがなにか、ってことなら、例えば、以下の項目?

  • 画面が狭い。WSVGAが主流。
  • CPUがプア。AtomNかAtomZ。PenMの1GHz相当?
  • HDD容量が少ない。SSD16GBとか、HDDでも160GBとか。
こんな感じ。
※劣ってる点だけ列挙。
で、普通の今売ってるノートPCと比較した場合、性能的には確実に劣ってるわけです。
なので、普通にノートPCとして売ってるものとネットブックとして売ってるものを比較して、ネットブックって遅いよね、とか、画面狭いよね、とか言うな、ってことなのかも知れないんですが。
ま、そらそうか。
買う前にスペック検討して、それから買おうよってことなのかも知れません。
大抵の場合、量販店なんかだと実機のデモをしているわけで、デモ機に触って、納得してから購入すればいいわけで、見もせずに買って、後から文句言うのは筋が通らないでしょ、と。
そういう点では、ネットブックに限らないんじゃないの、とは思うんですが。
スペックを調べて、自分の用途に合ったものを購入していれば、そこから文句は出ないと思うんですがね。
例えば、1台のノートPCでなんでもしたいのなら、ハイスペックなノートPCがあるわけで、そういうのを購入すれば、満足できると思うんです。
「なんでも」の中に持ち運びが含まれるなら、ハイスペックのモバイルノートがあるじゃあないですか。
用途も考えずに、スペックの劣るネットブックを買ってしまったら、そら期待外れかも知れません。
YouTubeだって、綺麗に再生出来ないジャン、となる。
ワタクシ的には、それならYouTubeなんて見なければいいじゃん、となるんですがね。
スペック的に厳しいことをさせようとするから、不満が出てくるのであって、スペック相応のことだけやっておけば、問題はないんじゃないかと思うんです。
人間なら、限界ギリギリのところで鍛えていれば、成長する事もあるかも知れませんが、機械なので、成長しません。
ギリギリのところで頑張っても、いつまでもギリギリのままです。
PCは鍛えても成長しないんですよ。

まあ、販売店も悪いのかも知れませんけどね。
「普通のノートPCと同じです。大体のことはできます」なんて言ってる店員を見たこともありますし。
#用途聞かないと解らないじゃん?なんて思ったりもしましたけどね。

ダイソーの工具なんかと同じで、割り切って使うべきものなんじゃないのかな、と思うんですけどね。ネットブックは。

ワタクシはアスワンには、現在のところ非常に満足していますよ。
使い方を工夫もしていますし、アスワンで出来ることしかしませんから。
もちろん、要望はないでもないですよ。
もう少し画面の縦サイズがせめて768だったら、とかね。
でも、今時点でないものねだりをしても仕方ないし、600で厳しいなら、600で困らない使い方をすればいいだけの話じゃないかな、と思います。
基本、ブラウザとブログだけなら、全然困らないですよ。
まあ、ワタクシの場合はWebブラウズに、動画再生が含まれていませんので、困ってないだけかもしれませんが。

ただ。
もしも、これ一台しかなかったら、結構厳しかったかも知れないなぁ。
いずれにせよ、メインマシンとして考えているなら、ワタクシはネットブックはお勧めしませんけどね。
#メインマシンの定義も難しいところですけど。

|

« イー・モバイルの新型 | トップページ | Lady in the Water »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ノートPCとネットブックって同じでしょ?
「厳密な定義が無い辺りでの」マーケッティング上の呼び方、って言う意味ではオブジェクト指向とかWeb2.0とか。そう言うのと変わんないと思うんですよ。何がネットブックなのか、と言うのは厳密な定義が無いと思います。

僕の意識では本当に「旧来の」ノートPCの「あり方」がむしろネットブックなのかな、って気がします。元々ノートPCってデスクトップから「遥に劣った存在」だったんですよね。絶対PC好きだとか、あるいはプログラムやりたがるハッカーが「使わない」選択肢だったと言うか。元々ノートPCなんか携帯性しかウリが無くって、カラーの時代に白黒液晶とか、CPUは遥に劣ってるとか、マトモなグラボを積んでないとか、拡張性が乏しいとか、そのくせ値段「だけは」高いとか。まあ、考えてみれば良いトコ一つもなかったんですよね(笑)。
多分Celeron出た辺りでしょ?ノートPCの能力が無茶苦茶上がってきて、デスクトップ機と遜色無くなってきた、のは。それでも21世紀に入ってから、ですよね。格段に能力上がって。SONYのType Aとか、どこがノートなんだ、ってくらいデカいですし(笑)。

多分、ですから、「ネットブック」ってのはむしろ旧来のノートPCの「あり方」に戻ってるんですよね。今なら昔の「あり方」ならここまで値段下げれるぞ、みたいな。そーゆーニュアンスとして受け取っています。
単に「フツーの」ノートPCが性能上がっちゃっただけ、ですよね。

投稿: cametan | 2009年8月15日 (土) 21時24分

>「厳密な定義が無い辺りでの」マーケッティング上の呼び方、って言う意味ではオブジェクト指向とかWeb2.0とか。そう言うのと変わんないと思うんですよ。何がネットブックなのか、と言うのは厳密な定義が無いと思います。

インテルやMS的には厳密な定義があるようで、それでチップセットやCPU、あるいはOSの提供の価格が決まってるようですが、一般には、全然そんなの浸透してないんですよね。
その点がまず問題で。

むしろMIDや携帯端末に近い位置づけでネットブックってのを考えた節があり、結局はWindowsを載せちゃったから、ユーザーが誤解したって感じらしいんですが。

どう見てもノートPCですよねぇ。(笑)
これネットブックだから、ノートPCじゃないから、なんて言われても困るし。
その辺をユーザーが理解してない、なんて論調なんですが、実はユーザーが理解してないのは、「ネットブックって名前が付けられているノートPCのスペックが低い」ってことじゃないのか、と。
安いんだから仕方ないじゃん、ってことを理解してないってことが問題なんじゃないのかな、と思います。
某掲示板とかでは、まあ、色々と興味深い書き込みもありますけどね。
割り切った使い方ができないならネットブックは止めた方がいいでしょ、ってのはみんな考えは同じみたいなんですが。

買っちゃった人に後からそういうのは、後出しジャンケンなんで、納得しろって言っても難しいんでしょうね、きっと。


>単に「フツーの」ノートPCが性能上がっちゃっただけ、ですよね。

これが真実というか、事実なんですけどね。
ATOMのおかげで電源回りにさほどお金かけなくても、そこそこの駆動時間が得られるようになった、ってのがネットブックの大きな利点なんですが。
まあ、んでもモバイル用途で考えるなら、バッテリーで2時間ってのは、どう考えても短いんですけどね。
バッテリーで5時間駆動できないと、モバイルPCというのは辛い。
最近のモバイルノートの方は普通に8時間オーバーなんで、そういう点でもネットブックは劣ってる。
確かにね、昔のラップトップとかノートPCなんて、「運べる」しか利点がなくて高価でしたからねぇ。
それでも売れた。日本では。
なので、ノートPC開発に力を入れてるんだと思うんですが。
日本だけでもないのかなぁ。ノートPCの方が主力って。
ワタクシのまわりでも、デスクトップ持ってる人の方が少ないんですよねぇ。

投稿: かおりん | 2009年8月15日 (土) 21時57分

>インテルやMS的には厳密な定義がある

これは面白いですね。
まあ、インテルはさておき、元々ASUSが当て込んで作った時にはWindowsはオプショナルな選択肢だったんですがね(笑)。やっぱMSしゃしゃり出てきたか(笑)。

これが謎なんですけどね。どーもマーケティングに見えるなあ。
今はどうだか知らないんですけど、こーゆー話があって。
昔CommodoreはAMIGAのラップトップって作って無かったんですよ。でもラップトップ欲しい層もいるわけですよね。
んで、こう言う場合「勝手に作っちゃう」ってのが向こうのやり方だったりするわけです。POWとか言う実際、Amiga 1200を分解してラップトップにしちゃって販売する会社が出てきたりして。
さて、そうなると、「ラップトップ用のケース」ってのが売ってる、って意味ですよね。自作PCで「ラップトップ作りました」って話あんま聞かないんですが、秋葉原とか行けばそう言うパーツ売ってんのかしら?
そうすると、「自作ラップトップ」をAtomで作るとネットブック?型落ちのCeleronで作ってもネットブックとは呼べない?
この辺謎なんですよね。ベンダーが「定義した」ってのは普遍的と言えるのかどうか。

>日本だけでもないのかなぁ。ノートPCの方が主力って。
>ワタクシのまわりでも、デスクトップ持ってる人の方が少ないんですよねぇ。

多分、今はノートPCが主力ですよ。間違いなく。
敢えて言うと、ハッカー連中でもデスクトップPCを主力にしてる、ってのは90年代まで、でしょう。
僕もThinkPadにしたのは、ハッカー連中の主力がノートに移った、ってのを確認したから、ですよね。それでデスクトップは今は要らないんだ、ってのが分かったからなんです。
いつぞやのポール・グレアムをはじめとして、Canonicalのマーク・シャトルワース、エリック・レイモンド、FSFのリチャード・ストールマン、Rubyの作者のまつもとゆきひろ氏、全員ノートPC主力でしかもThinkPadだったから単純にThinkPadに決めたんですよね。これが間違いのない選択だろう、と。

別な言い方すると、仮にデスクトップPCを持ってたとしても、作業用になってない、って事なんですよ。自宅サーバーにしちゃう、ってのが連中の「使い方」なんだと思います。
それなりにフリーOSの知識があって、ハードウェアに対しての知識があると、デスクトップPCはサーバー専用機を買わないで安価にサーバーにしちゃえるんですよね。Yahoo!やGoogleもそうですが、ポール・グレアムもベンチャー企業立ち上げる時、サーバー専用機なんて買わずに自作でデスクトップPC組み立ててサーバーにしちゃった、って書いてましたからね。多分そう言う使い方がハッカー流の「デスクトップPCの使い道」になってるんだと思います。
RAIDとか色々ありますが、結局こっちの分野もCPUの性能やメモリの量から言うと、差別化しづらくなってる、って事もあるんでしょう。

投稿: cametan | 2009年8月15日 (土) 23時26分

どの記事だったかなぁ。
ビルゲイツとか、その当時のソフトウェアの先駆者たちはハードに詳しくないひとが多かった、なんて記事を、ごく最近読んだ気がします。
プログラムを書くのも、シミュレータ上で行うというか、下手すら机上で書いてた、なんて話で。

ノートPCの話を伺うと、今もそうなのかな、と思ってしまいますね。
まあ、サーバ機を通常のデスクトップPCで組むなんて話だと別にハードに弱いわけじゃないんでしょうけど、特にハードにはこだわりがないってことなんでしょうかね。
#スペック的に、ってことですが。

まあ、確かにプログラム書くだけ、テストするだけ、なら広大な画面はなくてもなんとかなるし、ワタクシの知人はネットブックでプログラム書いてるそうなので。

ワタクシは、正直ノートPCでプログラム書く気にはなりませんけど。(笑)
古い人間だからですかね。(爆)
ドキュメントはノートPCでも問題ないですし、デバッグも大丈夫ですけど、実装時にはデスクトップ使いたいんですよね。
画面の広さ、もそうなんですが、一番はキーボードですかね。
フルサイズのキーボードが使いたい。
そういう意味では、ノートPCにサブディスプレイとフルキーボード繋いでしまえば、それでOKですけど。

ま、単にパーツ組み替えるのが好きなんで、デスクトップ使ってます。ノートPCは、その辺非常に不自由なので。
割り切っちゃえばそこまで、ですけどねぇ。

ぼちぼち、ケースも買い換えようかなぁ、なんて考えてます。
ATXの入るミニタワーケースがいいかな。

投稿: かおりん | 2009年8月16日 (日) 00時58分

>ビルゲイツとか、その当時のソフトウェアの先駆者たちはハードに詳しくないひとが多かった、なんて記事を、ごく最近読んだ気がします。
>プログラムを書くのも、シミュレータ上で行うというか、下手すら机上で書いてた、なんて話で。

ああ、Altairの頃かな?
ビル・ゲイツともう一人のMS創始者、ポール・アレンはハーバード大学のミニコン、PDP-10使ってMicrosoft Basicを実装した模様ですね。
ポール・アレンは今はPDP-10実機を買い取って、ネット上で使えるようにして公開している模様です。何でも「思い出深い」マシンだそうで。

PDP Planet:
http://www.pdpplanet.com/

何か申請すればアカウント貰えて、「昔の計算機科学部の学生」よろしく、PDP-10実機にログイン出来て動かせる模様ですよ。
世界で始めてUNIXが動いた機械もこれなのかな?実際何のOS走ってるか試してないので知りませんが。

>特にハードにはこだわりがないってことなんでしょうかね。

例えば、Dellのサイト覗いてサーバーのスペックみてたりするんですが、そんなに取り立てて表面上はデスクトップPCと変わりないですよね。CPUがCeleron-D、ハードディスクはんて80Mbとか書いてたりする場合もあって、下手すればフツーのデスクトップPCの方が性能良いんじゃねえの?とか思ったりしますし。
ポール・グレアムの記事読む限りは、「転送速度の方が重要だ」的な事書いてたりしますし。専門のハードでも多分そっちの方が「計算能力より」重要だ、って事なのかもしれません。
いずれにせよ、例えばGoogleくらいアクセスが頻繁で、サーバー専用機でもおっつかないくらいの能力が必要じゃなければ、

Googleの初代サーバを間近から詳細に撮影した写真いろいろ:
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20070226_google/

ベンチャー立ち上げるんなら取りあえずデスクトップPC使って……ってくらいで充分だ、って考えてるんでしょうね。海の向こうの人たちは。

>画面の広さ、もそうなんですが、一番はキーボードですかね。
>フルサイズのキーボードが使いたい。

だからThinkPadが人気あるんでしょうね。
そう言えば、NECのマシンは購入後1年くらいでキーボードのEnterキーがイカれちゃったんですよ。たくさん押されるから。
そう言う不具合は確かにThinkPadじゃ生じませんしね。極めてキーボードは頑丈に出来てると思います。

>ノートPCにサブディスプレイとフルキーボード繋いでしまえば、それでOKですけど。

多分そう言う使い方している人は多いと思いますよ。

>単にパーツ組み替えるのが好きなんで、デスクトップ使ってます。ノートPCは、その辺非常に不自由なので。
>割り切っちゃえばそこまで、ですけどねぇ。

ノートは拡張出来ませんもんね。
もっとも昔のThinkPadはCPU取り替えられた、って話を聞きました。今はどーだか知りませんが。
基本、ノートってメモリ増設くらいしかやること鳴くって(笑)。しかも高いし(笑)。

>ぼちぼち、ケースも買い換えようかなぁ、なんて考えてます。
>ATXの入るミニタワーケースがいいかな。

ついでに是非ともサーバー作ってみてくださいよ(笑)。

投稿: cametan | 2009年8月16日 (日) 12時44分

>ベンチャー立ち上げるんなら取りあえずデスクトップPC使って……ってくらいで充分だ、って考えてるんでしょうね。海の向こうの人たちは。

いや、実際性能的には十分だと思いますよ。
例えば、RAID組むにしても、デスクトップに後付けできますし。
自作PCの場合には、その辺自由度がありますよね。
買ってきたサーバ機は、最初からサーバとしての機能が全部入ってるしお任せに出来るってのがいいんじゃないでしょうか。
まあ、手間がかからんって意味で。
自作しちゃうと、全部自分でメンテになりますが、ベンチャーなら、それで十分だしねぇ。


>ついでに是非ともサーバー作ってみてくださいよ(笑)。

外公開のサーバですか?
管理が面倒になるんでイヤです。(笑)
#セキュリティとかさぁ。

投稿: かおりん | 2009年8月16日 (日) 15時16分

>買ってきたサーバ機は、最初からサーバとしての機能が全部入ってるしお任せに出来るってのがいいんじゃないでしょうか。
>まあ、手間がかからんって意味で。
>自作しちゃうと、全部自分でメンテになりますが、ベンチャーなら、それで十分だしねぇ。

ウノウラボの人の話では、今だとDellでサーバー専用機買ってきた方が自作より安上がりだ、とか書いてましたけどね。

ベンチャー流サーバ構築のススメ(ハードウェア編) :
http://labs.unoh.net/2006/06/post_19.html

結局、コストがどうなのか、って事でしょうね。
まあ、自作PCの腕がある人はもっと安く組める、って事なのかも。

>#セキュリティとかさぁ。

バッファオーバーフローアタック(必殺技・謎)!!!

投稿: cametan | 2009年8月16日 (日) 17時06分

>まあ、自作PCの腕がある人はもっと安く組める、って事なのかも。

中古パーツとか?
たぶん、値段だけなら、Dellみたいな大量発注で安価に卸して貰ってるメーカーにはかなわないと思うんですが、自作だと、ある特定の目的に特化したPCを組めるってのはあるかと思います。

そういう意味では、ファイルサーバに特化したPCとか、Webサーバに特化したPCとか、ですかね。

#サーバは管理が大変でなぁ。

投稿: かおりん | 2009年8月16日 (日) 19時03分

>自作だと、ある特定の目的に特化したPCを組めるってのはあるかと思います。

ポール・グレアムもそれを言ってました。ハードを追加する事でどうサービスを良く出きるのか、とずーっと考えてた、とか書いてましたね。
その辺のフレキシビリティが自作サーバーの強みかもしれませんね。

>#サーバは管理が大変でなぁ。

たまに思うんですけど、「管理が大変なOSによるシステム」って本当はネットに向いてないんじゃないのかな、とか思うんですよ。
別にだからWindows Serverの方が優秀だ、とか言う気はさらさら無いんですが、そもそも「中古のメインフレーム」で「ゲームを遊びたいためだけに」組み立てたUNIXとか、本当にネットワーク向けなのかな、とか疑問があるんですよね。Cもバッファオーバーフローがある、ってのは限定された使用に向けて設計したからだ、ってのがあるわけで、いくらARPA netがUNIX上で作られた、とは言っても、いまだ「管理が大変になるほど危険」ってのは、当初想定してなかった「使われ方」をしてる、って事じゃないか、とか思うんです。
次の記事とか見てて面白かったんですよ。

Sun Developer NEWS:
http://sdc.sun.co.jp/news/200201/danwa01.html

日本でこう言う事研究した人がいるんだったら、もっとこう言うのが前面に出てくればいいんですけどね。
通産省関係で研究してて、そう言うのが一般に「出てこない」ってのが今の日本の問題なんだよな、とかちょっと思いますね。有効な研究してても市民権得ずに消えちゃうんですよね。広い意味でインフラ整備が下手だ、って事なんですけど。
こう言うのに税金使われてるんですよねえ(苦笑)。

投稿: cametan | 2009年8月16日 (日) 22時38分

確かに、大変になるってことはOSそのものに仕組みが備わってないってことなので、向いてない、のかも知れません。
まあ、それはLinuxに限らずWindowsでもSolarisでも同じだろう、と思ってますが。
結局インターネットその物が、当初はここまでの展開を想定してなかったんじゃなかろうかと。
結果、セキュリティにまつわる部分が後付けになってしまったために、管理が大変になってるんじゃあないのかな、と思うわけです。
最初から想定されていれば、CommpnLispのインタビューにあるように、再起動せずにパッチを当てられる仕組みとか、パッチの自動配布とか、その辺も盛り込まれていたんじゃないんですかね。

エンタープライズ目的に関しては、確かに新しいOSの開発が必要なのかも知れません。

投稿: かおりん | 2009年8月16日 (日) 23時37分

>それはLinuxに限らずWindowsでもSolarisでも同じだろう、と思ってますが。

まあ、Windowsは元々クローズドシステムですし、SolarisもFreeBSD系なんで根は同じですよね。

>セキュリティにまつわる部分が後付けになってしまったために、管理が大変になってるんじゃあないのかな、と思うわけです。

そうでしょうねえ。
大体、階層型のファイルシステムとか、システムの「明解性」なんてのは、ユーザー/プログラマ側には良くても、逆から言うとセキュリティの対極にある発想ですしね。セキュリティ上げるには「難解な」システムの方が実はいいんですよね(笑)。一見してワケ分かんないシステムだとか(笑)。使い辛いシステムほどロバストなんじゃないか(笑)。
結局、クラッカーもプログラマのサブセットですしね。「明解なシステム」が広範囲で使われてたらリスクは当然増えるだろ、って事ですよね。

>エンタープライズ目的に関しては、確かに新しいOSの開発が必要なのかも知れません。

そうだと思いますよ。
オリジナルのUNIXの開発者が作ってたPlan9とかどーなんでしょうね?そう言う「新しい」システムがそろそろ脚光を浴びる時期なのかなあ。

投稿: cametan | 2009年8月16日 (日) 23時56分

なんかご紹介サイトのインタビューでは、ぼちぼち新しいOSが必要なんて話が出ていたので、具体的な構想があるのかなあ、なんて思ってたりしました。
今のところ、サーバ専用OSとか出てきても、なかなか対応が難しそうな気がしますが、デスクトップOSとは切り離されて考えた方が、たぶんサーバOSとしてはいいんでしょうね。

投稿: かおりん | 2009年8月17日 (月) 19時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/45935376

この記事へのトラックバック一覧です: ノートPCとネットブック:

» 再生バッテリー 性能 [バッテリーを格安で購入できる専門店 ]
格安!自動車用の再生バッテリー安心の1年保障 新品の約1/4の価格で地球にやさしい再生バッテリー [続きを読む]

受信: 2009年8月20日 (木) 00時30分

» 再生バッテリー 性能 [バッテリーを格安で購入できる専門店]
エコで高性能な再生バッテリーは新品の約1/4の価格!家計にも地球にもやさしい再生バッテリー! [続きを読む]

受信: 2009年9月 9日 (水) 02時26分

« イー・モバイルの新型 | トップページ | Lady in the Water »