« FireFox-3.5.1でたまに問題が | トップページ | Chromeのフォント指定が可能に »

趣味という観点では

プログラミングも悪くないかな。
単純なツール作るのに、ネット検索やら、ツール類の環境構築やら、一通りのPCスキルが要求されるわけで、これまで培ってきた物が生かされる感じがして、自己満足には浸れる。(笑)

加えて、作る物が、たとえ自分自身の物であっても、完成すれば、自分自身のためのものであればなおさら、便利だし、役に立つ。
完成させた満足感、達成感ってのは、まあ例えれば山に登ったようなもので、天気がよければ、どんな小さな低い山だって、自分の足で登れば達成感はあるわけで、その程度の小さな自己満足は得られると思う。
しかも、かなり時間かかるし。(笑)
軽い気持ちで作り始めたら、とりあえず動くまで数時間なんてのはざらだしねぇ。
なので、ただひたすら浪費する「趣味」というカテゴリにおいて、プログラミングってのは案外悪くない選択なのかも知れないかな、とか。
例えば、模型なんかも同様の達成感、満足感は得られると思うし、絵画なんかだと、外に写生に行ったりして、同時に健康にも良かったりするから、もっと良いのかもしれないんですが。

んでも。
0から物を作り上げる、なんてことはそう多くないと思うんですよね、趣味の世界においては。
大抵は作り上げるものではなく、浪費する、消費する類の物なので。
#趣味の園芸は違うかも知れん。収穫するしな。
0から考えて、手順考えて、仕様考えて、組み上げていく、なんてそう多くないんじゃないのかな、と。
もちろん、絵画含め、そういう趣味もないわけじゃないし、体を動かす方の趣味はまた違った意味もあるし。
#健康とか。心身ともに健康になりそうですけどねぇ。引きこもってプログラム作ってるよりは。(笑)
大抵の趣味って、用意されている環境とか道具とかあって、出来上がる物も決まってて、みたいなものが「販売」されてて、それをなぞることをだと思ってる人もいますし、他人の創作物に触れて、ひたすらそれを消費していくだけのものもありますし、大抵は「誰かの用意したものを消費していく」んじゃないかと思うんですよ。
まあ、競技を趣味にしているのも、ある意味そうかと思うんですがね。
#誰かの決めたルールの中で他者と競って上位に行くために、いろんなものを浪費するわけで。
なので、作り上げる趣味ってのは、多くないんじゃないかと思ってるんです。
#園芸は別だと思うけど。まあ、あれも趣味なんだろうなぁ。
そう考えると、まあ、実際に手に触れられる物が出来上がるわけじゃないけど、プログラミングってのは、立派にものを作り上げる趣味だよな、と。
そんで、大抵の場合、「これを作りましょう」なんてお仕着せがないし。
#同じ物をいろんなひとが、同じように作っても、とてもつまらないし。

なので、こう、「趣味のプログラム」ってのは悪くないのかもな、と。

まあ、そう思っただけなんですけどね。(笑)

こう、しばらくPCなんてWebとブログ(ある意味Web)にしか使ってなかったんで、アスワンで充分かなぁ、と思ったんですが、プログラムなんて書いてみると、メインマシンの強力さ、広大な画面、それらが非常に有効に使われるわけで、メインマシン、意味ないかもな、なんて思ってた気持ちも一変したんですよね。
やっぱり、メインPCは強力じゃないとダメだわ、みたいな。
なので、今時のハイパワーなPCをお持ちの方で、パワー有り余ってるのに、何したもんかな、なんて思ってる人は、「趣味のプログラム」も悪くないですよ、と。

ただ、プログラムって、単なる手続きだから、目的がないと、趣味にすらならないんだけどね。(笑)

|

« FireFox-3.5.1でたまに問題が | トップページ | Chromeのフォント指定が可能に »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

初めまして!

遊びに来ました!

良かったら私のブログに来てくださいね!

これから、ちょこちょこ遊びにきます!よろしくです

投稿: まゆりんちゃん | 2009年8月 1日 (土) 15時30分

まゆりんちゃん、コメントありがとうございます。
こちらこそ、よろしくお願いします。

投稿: かおりん | 2009年8月 1日 (土) 17時35分

まあ、結局「どこで手を打つか」って事はあるんですよね。「作る」とは言っても無限に遡れるわけじゃないんで。
例えば。
「プラモデルが趣味」と言っても大体既製品買ってきて色塗って組み立てて…ってのが「作る」って作業でしょう。
人によっては「オリジナルでモデリング」して、「プラスチックを成形してから」って人もいるかもしれませんが、そこまでやんない(笑)。
突き詰めると「石油買ってきてプラスチック自体を手作りしてから」って人もいるかもしんない。いませんが(笑)。
もっと行くと「石油を採掘するトコから」も始められますよね(笑)。絶対やりませんが(笑)。

結局、「立ち位置がどこなんだ?」ってのが重要だと思うんですよ。やれる範囲は限られているので。
その中で「作る」わけですよね。

音楽とかも同様で、「初音ミク」みたいなのをプログラムしてから、ってのも可能ですし、それ以前にシンセ作ったり、ギター作ったり、まあ、考えてみれば「無限に」工程なんてデッチ上げられるワケで。どこで自分が「作る」のか、制限見つけておかないと泥沼ですよね。
料理さえも「材料」から作る事考えればシャレになりませんよ。漫画描くのさえ、ケント紙から漉いてたらバカみたいな時間がかかります。

「作る」ってのはどのみち、ある程度「既製品」の上に成り立ってるんですよね。

そう考えると、例えばプログラミングで既成のオープンソースを「改良する」ってのも十分「作って」いるんですよね。胸張っていい筈なんですが、その辺、プログラマの人の観点て一般には「狭い」ですよね(笑)。なんか攻撃したりするし(笑)。「作ってねえじゃん」的な(笑)。
そもそもプログラミング言語でさえ大概のケースでは「既製品」ですしねえ。

そこでプロのプログラマ向けの「プログラミングが趣味です」はどんなケースになるのか?列挙してみました(笑)。

1.オープンソースのプログラムのバグ出し。改良してパッチをリリース元に提供。みんなに感謝され神になる。
2.日頃の不満を解消する為にオープンソースプログラムを作ってみる。
3.全く馴染みの無い形式のプログラミング言語を一から学ぶ。「全く馴染みがなければ」新鮮で、素人になれる特典付き(笑)。
4.いっそ、究極の作り手を目指して「プログラミング言語をデザイン」する。上手く行けばこれでも神になれる。20年後くらいの工学の教科書に名前が載る可能性があり。
5.OSを作る。さよならLinux。

投稿: cametan | 2009年8月 1日 (土) 17時39分

>まあ、結局「どこで手を打つか」って事はあるんですよね。「作る」とは言っても無限に遡れるわけじゃないんで。

という話だと、例に上がってるプラモデルだと、まあ、模型なので、素材から作るのは、「プラスチックを作る」ことになるので、通常はそこまで遡らないとは思うんです。0から作るとしても。
模型、まあプラモデルを含む模型の場合、0から作る、だと素材の削り出し、とか、その前のイメージを作成(設計ですな)になるんじゃないかと思うんですね。
いわゆるフルスクラッチです。
漫画の場合、まあ、MADなんて話もあるかも知れないので、既成の作品のパロディは0から作ってないですけど、ストーリーやキャラクターが、自分で考えたものなら、0から作ったって言っていいと思います。
この辺のレベルで趣味でやってるひともいるかとは思いますが。


>そう考えると、例えばプログラミングで既成のオープンソースを「改良する」ってのも十分「作って」いるんですよね。胸張っていい筈なんですが、その辺、プログラマの人の観点て一般には「狭い」ですよね(笑)。なんか攻撃したりするし(笑)。「作ってねえじゃん」的な(笑)。

攻撃するんだ。(^^;
作ってるかどうか、ってところが重要なら、作ってますよ。別に改造、改良がプログラミングではない、なんてことありませんし、既存の処理の流れを理解して、問題点を発見するのも重要な作業でしょう。
解析なしに、処理はよくなりませんので。
まあ、このエントリでいいたかったのは、小さいレベルでも、0からやれる趣味って、そんなに多くないんじゃないのかな、ということで、趣味としても結構満足感、達成感が得られるんじゃないのかな、ってことです。
他の趣味と違って、割と0から始められるし、規模も小さくできる。ひとりで出来るんですよね。
#模型も大丈夫かも知れないけど。あれはあれなりになぁ。

規模が大きくなると、始めることは可能なんですが、完成させられなくなる。
作業に没頭している最中も、それなりに楽しいんですが、達成感、満足感ってことになると、やっぱり完成まで持って行かないとならないんですよね。
#完成のレベルをどこに置くかは、それこそ趣味の場合、スタンスの問題となりますが。

趣味のレベルで0から設計して、大規模プログラムとなると、なかなか一人では出来ないし、時間もかかると思うんで、気軽に始められないじゃないですか。
んでも、プログラムったって、規模が大きい物だけがプログラムじゃないし、ツールだって立派なプログラムでしょ?
そういう小回りの利くツール作りも、趣味としては面白いんじゃないですかね、って意図のエントリだったんですけどね。

正直、今まで趣味でプログラムなんて作る気なかったんですよ。
Ubuntuとか、最近のLinuxの出来が良すぎて。(笑)
全然必要なかった。
たまたま、ツールのネタが転がり込んできて、ちょうど勉強してみたい言語と環境があったんで、作ってみましたけど。(笑)
趣味レベルのものなので、あれでワタクシが完成と言っても問題ないとは思いますが、まあ、エラー処理とか入ってないんで、実用レベルか、というとまだまだなんですけどね。
趣味の範囲で、ちまちまと直して行こうかとは思いますが、普通は使わなさそうなツールだしねぇ。(^^;
#今はたまたま必要もありまして。


>1.オープンソースのプログラムのバグ出し。改良してパッチをリリース元に提供。みんなに感謝され神になる。

これは、たまたま自分に不都合がある場合には、趣味でやっちゃうひともいるかも知れませんね。


>2.日頃の不満を解消する為にオープンソースプログラムを作ってみる。

このパターンは多いんじゃないでしょうか。
仕事だと、規約とかガチガチ、先輩や上司の趣味を押し付けられたようなコーディングを強いられて、好きな言語も使えない、なんて状況は普通にありますので、ストレス解消にやってるひとはいそうだな。


>3.全く馴染みの無い形式のプログラミング言語を一から学ぶ。「全く馴染みがなければ」新鮮で、素人になれる特典付き(笑)。

若い人ならあるいは、って感じかなぁ。
年寄り連中は、あんまし、馴染みのない言語とか形式のプログラムは書きたがらないですよ。趣味ならどうかな、ってところですが、元々プログラミングが好きな人なら、あるかも知れません。


>4.いっそ、究極の作り手を目指して「プログラミング言語をデザイン」する。上手く行けばこれでも神になれる。20年後くらいの工学の教科書に名前が載る可能性があり。
>5.OSを作る。さよならLinux。

ないですね。もう趣味の範疇越えちゃってるじゃないですか。(笑)
全然いないとはいいませんが、レアでしょうねぇ。(爆)

投稿: かおりん | 2009年8月 1日 (土) 18時19分

>攻撃するんだ。(^^;

うん、日本のオープンソースって特にそう言う雰囲気ありますよね。だから発展しない(笑)。

>趣味レベルのものなので、あれでワタクシが完成と言っても問題ないとは思いますが、まあ、エラー処理とか入ってないんで、実用レベルか、というとまだまだなんですけどね。

いや、それが良くないんですよ。「完成と言っても問題ないとは思います」だったら「完成」なんです。エラー処理とか入れてくれ、と言うのは「要望があって」はじめて入れれば良いんで(笑)。
オープンソースって本当は、「趣味で作ったものを人にあげる(勝手に持っていってくれ)」だけでいいんですよね。勝手に改良してくれ、とか(笑)。
別に会社相手に卸すわけじゃないんで、構わないんですよね。作者が「これで十分だ」って思ったのなら。取りあえず「切り上げ」で。

この世界じゃヴァージョン番号は「言い訳」なんで(笑)、言い訳程度に打っておけば良いんですよね、単に。

>年寄り連中は、あんまし、馴染みのない言語とか形式のプログラムは書きたがらないですよ。

僕等年寄りじゃねえじゃん(笑)。

まあ、大体どれも「手続き型」なんで、狙うとしたら「関数型」か「論理型」でしょうねえ。JavaScriptはどっちかというと関数型に近いらしいんですが。見かけはC系でも。

>元々プログラミングが好きな人なら、あるかも知れません。

達人プログラマー:
http://www.pej-hed.jp/washo/13.html

のDavid Thomasは「1年1言語習得」を目指しているそうです。

>ないですね。もう趣味の範疇越えちゃってるじゃないですか。(笑)
>全然いないとはいいませんが、レアでしょうねぇ。(爆)

いやまあ、RubyのMaz氏はここでしょうね、基本的には。PerlのLarry氏もここでしょうし。
まあ、長期スパン考えられる人向け、ですよね。言語ってデザインしてもすぐ人気が出るわけないんで、5年~10年とか長期スパンで見れる人向け、と言うか。盆栽弄る感覚に近いかも(笑)。
OS作るのはおもしろそうです。個人的にはこれに興味がありますね。OS自作入門買おうかなあ。

投稿: cametan | 2009年8月 1日 (土) 18時43分

>いや、それが良くないんですよ。「完成と言っても問題ないとは思います」だったら「完成」なんです。

いや、まあ、たぶん、「完成」と言っても誰も困らないだろう、程度の意味合いで、モノとして完成か、と問われると。(^^;
#一応、ワタクシの手元では動いてますけどねぇ。


>僕等年寄りじゃねえじゃん(笑)。

cametanさんはともかく、ワタクシはぼちぼち老眼が気になる年齢で。(^^;
ま、それはともかく、業界では年寄りですけどね。
プログラマとして油がのってるのは、30前半まででしょうねぇ。(遠い目)


>OS作るのはおもしろそうです。個人的にはこれに興味がありますね。OS自作入門買おうかなあ。
面白い、面白くないで言えば、絶対に面白いですよ。
昔、仕事でMS-DOSの互換OS作りましたけど、(もちろん機能は限定されてますよ?)面白かったですねぇ。
互換性に拘らないなら、もっと自由に作れるでしょうけど、モノがOSだと、なかなかね。
OS自作入門って、ウィンドウシステム作る本ですよね?
確かにあれは、読みたくなった。(笑)

投稿: かおりん | 2009年8月 1日 (土) 19時05分

>いや、まあ、たぶん、「完成」と言っても誰も困らないだろう、程度の意味合いで、モノとして完成か、と問われると。(^^;

それでもやっぱり「完成」なんですよね(笑)。

ああそうか。多分C系の考え方だと「気持ち悪い」のかもしれませんね。
Lispとかだったら「作りながら考える」のがベスト、と言う事が叩き込まれちゃうんで、「仕様から完成品へ」ってあんま考えないんですよ。不具合が出たらその都度考える、みたいな(笑)。
エラーチェックも言語側がやってくれるのが基本ですからね。

>cametanさんはともかく、ワタクシはぼちぼち老眼が気になる年齢で。(^^;

24inchモニタ入手だ(笑)!!!
僕も欲しいですね。

>プログラマとして油がのってるのは、30前半まででしょうねぇ。(遠い目)

ああ、プログラマ35歳定年説ですか?
だからこそオープンソースって35歳以降の人の為のもの、でもイイんですよね。35歳までは企業でのプログラミングをガリガリやってもらって(笑)。
オープンソースが浸透すればボケ防止には良いかも(笑)。

>OS自作入門って、ウィンドウシステム作る本ですよね?
>確かにあれは、読みたくなった。(笑)

なんかフロッピーくらいの容量のOS作ろう、とか書いてましたね。CやるならOS作んなきゃ意味ないかも、とか僕もちょっと思います。
Mona OSとかも頑張ってるんで、意外とプログラミング言語のルネッサンスが終わるとOSのルネッサンス期が来るのかも、とかちょっと思いますよね。自作言語の次は自作OSだ、みたいな。

投稿: cametan | 2009年8月 1日 (土) 19時19分

>それでもやっぱり「完成」なんですよね(笑)。

まあ、一応。機能はするので。
改善の余地は多分に残されているし、未知のバグもあると思うけど、ってところです。
なんかあっても致命傷にはならんようなツールなので、それほど気にしなくてもいいかも知れませんので、まあ、「完成」でもよいかな、と。(^^;


>24inchモニタ入手だ(笑)!!!

メインマシンは、今年26インチにしました。(笑)
広くていいですよ。


>ああ、プログラマ35歳定年説ですか?

これ、プログラムを直接書くのは、その辺くらいまでにして、そこからSEとかマネージャとかの上流に行こうよって話なんですけどね。


>だからこそオープンソースって35歳以降の人の為のもの、でもイイんですよね。35歳までは企業でのプログラミングをガリガリやってもらって(笑)。

この見解は、実は目から鱗でした。(笑)
賛成です。
こと趣味の範囲のオープンソース開発ってのは、仕事でバリバリやってた人たちが、余暇で楽しむにはすごくいいのかも知れません。
なかなかね、現場でガリガリやってるとプログラムの楽しさとか忘れがちだから。


>Mona OSとかも頑張ってるんで、意外とプログラミング言語のルネッサンスが終わるとOSのルネッサンス期が来るのかも、とかちょっと思いますよね。自作言語の次は自作OSだ、みたいな。

面白いかも知れませんねぇ。
OSが何やってるのかとか、そもそもOSの仕事とは、みたいなところへの理解が一気に進むので、作ろう、と考えることは非常に重要じゃないかと思います。
OSの仕事の範囲が理解できないと、ユーザープログラムの範疇がどこまでなのか、明確にできないんですよね。
ここからはOSの仕事なんでユーザープログラムでは面倒見る必要がない、とかですね。
ちと面白そうだなぁ。自作OS。
商売考えなくていいんで、仮想環境とかで手軽に試せたりして面白いですよね。


投稿: かおりん | 2009年8月 1日 (土) 22時54分

>メインマシンは、今年26インチにしました。(笑)
>広くていいですよ。

おお、勇気ありますね(笑)。
と言うのも、今のモニタって良く分からんのですよ。ずーっとノートですし。
昔のMacとか、モニタ側の方に追加VRAMとか積んでたりしてたんで、今のモニタってどーなってんだかいまいち分からん(笑)。
何か、Linuxで動くとか動かないとか結構怖い話聞くんでどーなってんのかな、と。

ずーっとNanaoのカタログとか見てたんですがマジで良く分からなくって(笑)。Linuxで動くのか動かんのか(笑)。
BenQってメーカーのが動くって話は聞いたんですけどね。そのうち、BenQの24インチ手に入れたろうか、って目論んでいます(笑)。

>こと趣味の範囲のオープンソース開発ってのは、仕事でバリバリやってた人たちが、余暇で楽しむにはすごくいいのかも知れません。
>なかなかね、現場でガリガリやってるとプログラムの楽しさとか忘れがちだから。

うん、余暇向きですよね、多分。

>ちと面白そうだなぁ。自作OS。
>商売考えなくていいんで、仮想環境とかで手軽に試せたりして面白いですよね。

多分。
まあ、手始めに自分のディストロ立ち上げてもおもしろいかもしれませんしね。
Kaolinuxとか(笑)。

投稿: cametan | 2009年8月 1日 (土) 23時25分

>と言うのも、今のモニタって良く分からんのですよ。ずーっとノートですし。

ノートかぁ。
ノート前提の話だと、ディスプレイ出力機能に使用しているUbuntuが対応しているかどうか、が問題ですよね。
たぶん、普通のアナログ15ピンの出力だと思うんですが。
なんでもいいんで、適当につないで、外部出力有効にして、きちんと表示されるなら、基本、カタログスペックの解像度まで出る物と思って大丈夫だと思いますよ。

少なくともデスクトップでは、今時の液晶モニタが使えないなんてことはレアケースです。
むしろビデオカードというかチップの問題で、表示できない、ならあるかも知れませんけど。
なので、nVidiaから離れられない。(笑)


>BenQってメーカーのが動くって話は聞いたんですけどね。そのうち、BenQの24インチ手に入れたろうか、って目論んでいます(笑)。

キーボードほどこだわりないので、液晶は広くて映ればいいや、って程度の考えだったんで、安いのにしましたけどね。
ナナオやら三菱やら、高級な液晶は手が出ません。(^^;
BenQもよいらしいんですが、HDMI使用時にアスペクト比固定ができずに16:10液晶だとゲーム機つないだときに縦長になる、とその時検討していたモデルでは、口コミとかに書かれていたので、LG電子のものにしました。
今はもう少し安いかも。
買ったのがGW前くらいで、29800円だったはず。>26インチ


>まあ、手始めに自分のディストロ立ち上げてもおもしろいかもしれませんしね。
>Kaolinuxとか(笑)。
それは絶対ないから。(爆)

投稿: かおりん | 2009年8月 1日 (土) 23時46分

>むしろビデオカードというかチップの問題で、表示できない、ならあるかも知れませんけど。

そう。そうなんですよね。
大体、これって解像度最高でいくらくらいなんだろ?

>なので、nVidiaから離れられない。(笑)

ATIだとトラブル多い、って話も良く聞きますね。

>LG電子のものにしました。
>今はもう少し安いかも。
>買ったのがGW前くらいで、29800円だったはず。>26インチ

それもチェックしてみます。

>それは絶対ないから。(爆)

名前が、ですか(笑)?

投稿: cametan | 2009年8月 1日 (土) 23時59分

>大体、これって解像度最高でいくらくらいなんだろ?

T60でしたっけ?
外部出力は2048x1536みたいですね。
最近のノートPCは、大体こんな感じかな。
24〜26のWUXGAも余裕でサポートですな。


>それもチェックしてみます。

もうモデル完了しているかも。
W2600Vってモデルです。


>名前が、ですか(笑)?

そうくると思ったゼ。(爆)

投稿: かおりん | 2009年8月 2日 (日) 00時27分

>T60でしたっけ?

T61ですね。

>最近のノートPCは、大体こんな感じかな。
>24〜26のWUXGAも余裕でサポートですな。

おお。結構いいなあ。
と言うか、僕の頭の中ではVGAとかSVGAで止まってるんですよね(苦笑)。640×480とか(爆)。
ホント、解像度上がるのは良いんですが、WUXGAとか何じゃらホイ、です(苦笑)。正直なトコロ(笑)。
どーゆー規格なんだ(笑)。

>W2600Vってモデルです。

見てみます。

>そうくると思ったゼ。(爆)

でも、実際のトコ、USBLinuxとかやるんだったら、「もう一息」って感じですよね。
自分の好きなアプリをバンドルしただけで「新ディストロ」って言えば新ディストロですから。

Ecolinuxなんかも高校生がやってた、とか思うんで、適当な親ディストロ見つけたら作れそうだ、って言えば作れそうなんですよね。
あとは供給用の自宅サーバーがあるかどうか、とかそう言う問題に還元されちゃいそうな気がします。

投稿: cametan | 2009年8月 2日 (日) 00時58分

>ホント、解像度上がるのは良いんですが、WUXGAとか何じゃらホイ、です(苦笑)。正直なトコロ(笑)。

まあ、用途によりけりなんだと思いますが、14インチ程度のWXGA(1366x768)程度の解像度があれば、通常使用では十分かな、と思います。

んでも。
cametanさんもプログラム書くから解ると思いますが、コーディング始めると、とたんに狭く感じるんですよね。
なんつぅか、同時に画面に出したいものが多すぎて。
そのひとつの解がEmacsなんかだと画面分割のはずで、それでも縦分割だと、今のディスプレイだと有効に使えない。
横分割で、例えばA4見開きのイメージで使いたくなるんですよ。
そうなると、WUXGA(1920x1200)の解像度が欲しくなるんです。

ま、ワタクシが購入した理由は、単に欲しかったから、ですけどね。(笑)
#動画見るってのは、まあ理由の一つかも知れませんが。


>でも、実際のトコ、USBLinuxとかやるんだったら、「もう一息」って感じですよね。
>自分の好きなアプリをバンドルしただけで「新ディストロ」って言えば新ディストロですから。

こういう方向で、ディストロ乱立も面白いかも、とは思います。
カスタマイズして、例えば誰かやってたかも知れませんが、音楽再生に特化したUBS-Linuxとかですね。
1CDLinuxイメージで、USBメモリから起動するだけで音楽プレイヤーになる。
例えば、USBメモリ内に楽曲入れていれば、起動直後から自動再生、ネットにつながるなら、インターネットラジオで音楽を、なんてのはアリなんじゃあなかろうか、と思います。
#スピーカーつないだネットトップに0スピンドル駆動で。
#基本ディスプレイいらんし、面白いかもなぁ。有線放送のイメージ?
用途に特化したディストロなんてのは、いままであんましなかったし。

供給サーバも、基本ISOイメージとか、インストーラ不要の媒体提供って形にすれば、巷にたくさんあるオンラインストレージの立派なやつとか、Launchpadにアカウント取るとかすれば、なんとかなりそうじゃないですか?
リポジトリは、基本Ubuntuの使います、バージョンアップもそれに倣います、ですよね?
何が自分ディストロなのか、というと構成パッケージと起動スクリプト、くらいですか?
ああ、せっかくなのでテーマもか。
となるとPPAにリポジトリ持ちたくなりますね。(笑)
まあ、その手の手間だけで可能といえば可能な時代になりましたね。
用意はされている、あとは覚悟とアイディアだけ、って感じですか?

投稿: かおりん | 2009年8月 2日 (日) 01時19分

>cametanさんもプログラム書くから解ると思いますが、コーディング始めると、とたんに狭く感じるんですよね。
>なんつぅか、同時に画面に出したいものが多すぎて。

ああ、そうですねえ。
確かに「すぐ狭く」なります。

>そのひとつの解がEmacsなんかだと画面分割のはずで、それでも縦分割だと、今のディスプレイだと有効に使えない。
>横分割で、例えばA4見開きのイメージで使いたくなるんですよ。
>そうなると、WUXGA(1920x1200)の解像度が欲しくなるんです。

人によっては、Emacs8分割、とか言う猛者がいるようですよ。
ただ、それやるとしても、大画面高解像度が必要ですよね、間違いなく。

>#動画見るってのは、まあ理由の一つかも知れませんが。

大画面でAV(謎)。

>こういう方向で、ディストロ乱立も面白いかも、とは思います。

実際、結構乱立自体はしてるんですよね。
んで、どれも大体、Slackware、RedHat、Debian、Gentooのどれかの下流に属していますし。
そうそう「全て根本からオリジナルで」ってのは無いですよ。近年出たのはGentooくらいですよね。差別化してるのも。

>用途に特化したディストロなんてのは、いままであんましなかったし。

多分、Ubuntu Studioくらいでしょうねえ。新しく登場したクラウドOSなんかもこう言う流れと言えば流れでしょうが。

>その手の手間だけで可能といえば可能な時代になりましたね。
>用意はされている、あとは覚悟とアイディアだけ、って感じですか?

そうそう。今は結構ツール揃ってるんですよね。
Linux登場して20年くらいでやっと環境が整ってきたと言うか。

投稿: cametan | 2009年8月 2日 (日) 01時44分

>そうそう「全て根本からオリジナルで」ってのは無いですよ。近年出たのはGentooくらいですよね。差別化してるのも。

Gentooかあ。メインマシンをGentooにしてみたい、と考えて、一年が経過してしまった。orz
#余談。


>多分、Ubuntu Studioくらいでしょうねえ。

音楽のためのリアルタイムカーネル採用でしたっけ?
やってないの解らんのですが、ああいう作業にはリアルタイムカーネル必要なんですかね。
ま、タイムクリティカルといえばタイムクリティカルだけど。


>新しく登場したクラウドOSなんかもこう言う流れと言えば流れでしょうが。

サーバアクセスに特化した点で、ですかね。


>Linux登場して20年くらいでやっと環境が整ってきたと言うか。

20年経つかぁ。
最初はMinixベースでしたか。ASCIIから書籍が出てて。
欲しかったけど、貧乏で買えなかったんだよなぁ。(遠い目)

そうして考えると、カスタマイズ含め、やる気になると、どこまでもやれる環境は整っちゃいましたね。
後はやる気だけ、な感じがします。
まあ、アイディアは重要ですけど。
1CDLinuxイメージで起動できるんなら、ベースOSは、WindowsでもLinuxでも使う方には関係ないし、そもそも、「使う」って考えなしの組み込みOS的な扱いにすることも可能じゃないですか。

商売にはならないかも知れないけど、自宅で眠ってる古いノートPCの有効活用とかいって、自宅サーバ(DNSとかDHCPとか)専用USB-OSなんてのもありかも知れませんね。
一度メインメモリに読み込んで、メディアアクセスしない程度の用途なら、USB起動でもあまり問題無いし。
USB-Ubuntuを勧めないのは、それでなんでもやろうとすることなんですよね。
用途を特化して、半自動運用するなら、ありかも知れません。

投稿: かおりん | 2009年8月 2日 (日) 01時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/45800542

この記事へのトラックバック一覧です: 趣味という観点では:

« FireFox-3.5.1でたまに問題が | トップページ | Chromeのフォント指定が可能に »