« SDHCじゃダメだなぁ。 | トップページ | シニアがUbuntuを。 »

懲りずに検索キーワード。

ネタがね、さすがに尽きて来たというか。orz

今回は、確かにキーワードがあるので、引っかかる事自体は不思議でも何でもなく。
「Linux エロ」。
ちょいエロとか引っかかったんじゃないかと思うんですが。

ま、その事自体は良くて。
Ubuntuの日本語フォーラムに、「Wineの利用方法」みたいなトピックが上がってて。
ワタクシは、そんなに使ってないんですが。

キーワードとの合わせ技でふと思ったんですけどね。
Wineでエロゲって動かないんですかね?
ネトゲとかは無理なんだと思うんです。
特に3Dものは。WineにもDirectXは入るかも知れませんが、正常に動作するとも思えないし、仮に動いたとして、期待する性能はでないだろうな、と。

んでも、PCゲームの一角を占めるエロゲなら、どうなんだろうか、と。
例えば、製品はDirectX使ってる物もあるかも知れないので、難しいのは何となく解るんですが、同人ゲームとかなら?
ま、どのくらいのユーザーがいるのか解らんのですが、エロゲが動くかどうかってのは、公式にはともかく、ある程度のユーザー層を獲得するためには、情報としてあってもいいのかな、と思いました。(笑)

エロ動画とか、エロサイトくらいの話であれば、別にUbuntuというかLinuxでも困らんとは思うんです。凝ったモンないでしょうし。
でも、ゲームとなると、話は別で結構ゴリゴリ書いてたりするような物は動かないのは当然として、単にキャラクタが出てきておしゃべり程度のものであれば、動作する可能性はあるんじゃないのかな、と。
また、例えば、以前にもちらと書きましたが、「過去の資産」なんて話があって、実は、その資産は過去の「名作エロゲ」でした、って場合に、もしかしたら、古いエロゲくらいならWineで動いても不思議ではないんじゃないの?とか思ったんですが。

ちなみに、検索キーワードで調べてみたんですが、LinuxでWindowsのエロゲを動かすような記事は上位の方には出て来てなかったので、試した人がいないのか、そもそもそんな需要がないのか。
いずれにせよ、エロは本能に根ざすものですし、PCの普及、ネットの普及にも、間違いなく一役買ってるはずなので、もしかしたら、ここらでUbuntuの普及にも「アンダーグラウンドで」一役買って貰ってもいいのかもね、とか思った次第。

手持ちがあれば試してみるんですが、なんもないからなあ。

|

« SDHCじゃダメだなぁ。 | トップページ | シニアがUbuntuを。 »

Ubuntu」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ええとですね。
エロゲでしょ?殆どの場合、要するにアドヴェンチャーゲームに分類されると思うんですけど・・・・・・。
同人ソフト系とか見ると、使用言語は大体、

・吉里吉里
・NScripter

の二つだと思うんです。
んで、例えばこーゆーのがあって・・・・・・。

魔法言語リリカル☆Lisp:
http://lyrical.bugyo.tk/

これはNScripterで組まれてるWindows用のLispチュートリアルなんですが、Wineで動きます。
多分、NScripterってのが相当「素直に」組まれていて変な事してない、んですよね。
よって、エロゲーはかなりの確率でWineで動くんです。

他にも試してみたんですが、例えば、

異常痴態~彼女は僕の実験奴隷~:
http://www.getchu.com/soft.phtml?id=596885

の体験版とかでもWineでバッチリ動きますね。
このサイト

Getchu.com
http://www.getchu.com/top.html

は同人系エロゲとかが大量にあって、体験版も豊富なんですけど、結構な確率でWineで動きますよ。
お試しあれ。

投稿: cametan | 2009年8月22日 (土) 00時10分

おや、検証していただけたんですね。(笑)
ワタクシも、もちろん(爆)試してみますが、動くなら動くって、誰かが宣伝した方がいいんじゃないのかなぁ。
特にお金のない学生がWindows7のアップグレード料金を払うくらいならエロゲを一本でも多く買いたいなんて要望もあるかも知れないし。
そこでUbuntuですよ、と。

ま、そこまでせんでもいいのか。(笑)
#でも、たぶんワタクシは試すと思います。(爆)

投稿: かおりん | 2009年8月22日 (土) 00時23分

私のサイトではhot-babeのクリック数が多いようです・・・・

http://ubuntu.xsrv.jp/modules/myalbum/viewcat.php?cid=7&uid=&orderby=hitsD

投稿: papan | 2009年8月22日 (土) 00時52分

ああ、Hot-Babeですか。
誰もが一度は入れますよね。(笑)
#すぐに無意味なことに気がつくけど。

まあ、仕事以外に使うPCって、やっぱりある程度は、エロ要素があった方が導入は進むんじゃないんでしょうかね。(爆)
なんつぅうんですか、常用するわけじゃないけど、それが可能ってだけで得した気分になるっていうか。
#Windowsユーザーがエロゲばっかやってるわけじゃないと思うわけで。

みな、興味はあると思うんですよね。
なので、「可能です」って宣伝するだけで、安心感があるんじゃないか、と。
#特に移行組には。
そんなの書いてる人、あんまし見ないもんなぁ。

投稿: かおりん | 2009年8月22日 (土) 01時03分

>おや、検証していただけたんですね。(笑)

いや、検証と言うより、以前から知ってました(爆)。
まあ、エロゲーはともかく、NScripterはホント「素直」なんですよね。
恐らく、あんま変なハッキングとかしてないんじゃないか、って思います。
やっぱ「おかしな事をしてない」コードが一番移植性が高いし、エミュレータでも動かしやすいでしょうからね。

>そんなの書いてる人、あんまし見ないもんなぁ。

う~んと、ですね。
一つの意見としては、「Linuxのマジメな雰囲気」取っ払うには確かに良いと思います。
いや、僕が書いても良い、とは思うんですよ。
アレはたまたま偶然、「同人ソフトの試供版アリ」のサイトが引っかかったんですよね。それで試してみた。
ただ、ネックとしては、「試供版プレイしました」じゃあんま説得力無いんで、書かなかったんですよ(笑)。
ハッキリ言うと、エロゲーまともに買いたく無いんですよね(笑)。特に興味があるわけじゃないんで(笑)。
1回、まめきちと「エロゲー一本だけ買ってみようか?」って相談した事あったんですけどね。まめきちがエロゲーやってみたい、とか言ってたんで(笑)。
で、買いに行ったんですけど「たけえ」ってんでお流れなったんですよ(笑)。エロ如きにこんな金払いたくねえ、と(笑)。

エロゲーの名作(と言うかターニングポイント?)って言えば「SEEK」ですか?これは是非とも一回やってみたいんですけどねえ。
でも、技術的な話すると、エロゲと言うか、アドヴェンチャーゲームって

「printfまみれ」

でしょ(笑)?結局絵に一番コストかかってんだろうなあ。
やっぱその手のモノにそんなに金払いたくねえなあ(苦笑)。

投稿: cametan | 2009年8月23日 (日) 06時12分

SEEK?そんなのありましたっっけ?(^^;
#知識が古すぎる。(爆)

コストは絵に一番掛かってると思いますよ。>エロゲ
次がシナリオかな。
一番掛かってないのがプログラム。(爆)
PCゲームは昔から高価だったはずで、今は解りませんが、普通に9,800円が相場だったはず。

価値観が問題なので、まあ、そういう趣味のない人には、たんに興味だけで払うには高額過ぎるでしょうねぇ。(^^;
そういうのが趣味な人がLinuxとかUbuntuに興味もってくれればいいんですけど。
やっぱり方向性が違うんでしょうね。

投稿: かおりん | 2009年8月23日 (日) 07時38分

>SEEK?そんなのありましたっっけ?(^^;

ええと、元々PC-9821のゲームだったと思います。Win以前(爆)。
今のエグゲーの走りですね。
一つ、同級生とかそう言う「ソフト路線」があって、こう言うのはときメモとかに近い流れでしょ?
一方、SEEKは当時流行り出した「育成ゲーム」の流れなんですよ。ダビスタとかプリンセスメーカーとか。
これがエロゲでの「調教ゲーム」の走りで、その後「夜勤病棟」辺りまでの流れを作ったんだと思います。

>コストは絵に一番掛かってると思いますよ。>エロゲ
>次がシナリオかな。

あとは、声優でしょうねえ。今時だと。
やっぱプログラム自体は全然コストかかってなさそうだな(笑)。

>PCゲームは昔から高価だったはずで、今は解りませんが、普通に9,800円が相場だったはず。

そうですね。
一時期、スーファミのソフトがそのくらいしましたが。

>価値観が問題なので、まあ、そういう趣味のない人には、たんに興味だけで払うには高額過ぎるでしょうねぇ。(^^;

高いです。笑いのネタにしても、ねえ(笑)。

>そういうのが趣味な人がLinuxとかUbuntuに興味もってくれればいいんですけど。
>やっぱり方向性が違うんでしょうね。

いや、ホントあれば絶対面白いんですけどねえ。

多分Common Lisp辺りでも比較的簡単に組めるような気もするんですが、やっぱグラフィックとかそっちの方ですよね。二の足踏んじゃうのは。

投稿: cametan | 2009年8月23日 (日) 07時47分

ああ、「飼育」ですか。エルフでしたかね。


>やっぱプログラム自体は全然コストかかってなさそうだな(笑)。

全然ってことはないと思うんですが、件のNScriptに代表されるように、ある程度システムとして完成してしまっていて、これ以上変更が加わらないような状態になってるらしいんですけどね。
最近のエロゲは知らないんでアレですけど。(^^;
バグフィックスと、小さい新機能の追加しかないので、絵とかシナリオに比較すると、作り直しにならない分だけ、安価に作成可能、と。

Linux専用エロゲ、そのものは難しいとは思うんですが、オープンソースな言語を用いた汎用環境エロゲなら可能だと思うんですけどね。
例えば、今はWindowsでもGTKが動くわけで、ライブラリとしては、この辺が使えるわけですよ。
マルチプラットフォームなプログラムさえ書いてしまえば、あとは中身のデータだけ、の話なので、それらは基本共通で問題ないし。
汎用プラットフォームでのプログラムを書ける人がエロゲ業界にいれば、案外簡単にLinuxでエロゲは実現可能なんじゃないか、とも思うんですが。

まあ、そこまで行かずとも、Wineで動いてくれれば、まずはそれで。

今時のエロゲってDirectX使ってるんですかね。

投稿: かおりん | 2009年8月23日 (日) 08時06分

かおりんさん初めまして。
実は2chのWine動作報告Wikiでかなりあがってますよ。
http://www.2chlinux.org/index.php?Wine%C6%B0%BA%EE%CA%F3%B9%F0
感じとしては3DとかDirectXだときついけど古めの2Dならけっこういけるって感じかなーと思います。
DirectX使ってるのはもちろん今時はありますねー。

「Linuxで動くエロゲを作ろう」なんてスレもあったりするんですが、こっちは長く続いてる割にゲーム自体の製作は進んでないみたいです。

あぁ、初コメがこれとは(爆

投稿: tmin | 2009年8月23日 (日) 18時51分

tminさん、コメントありがとうございます。
2chで語られてるんですか。
ん~。ワタクシ自身があまり2chを見ないので知りませんでした。
語られているならいいのかなぁ。

ただ、やはり最新エロゲが動作しないと、なかなか乗り換えはアピールしないので、「まいふぇいばりっと・エロゲ」が動くだけでは、なかなかそういう世界の住人を引っ張り込むのは難しいのかも知れません。

3D使ってるのは、もうどうしようもないとして、エロゲでDirectXって、何に使ってるんですかね。DirectSound?DirectShowか!
ムービー使ってるんですかね。
むぅ。

やっぱり、Linuxで動作する、最新互換エロゲプラットフォームが必要なんですかねぇ。
#いや、だからWineがその役割を。

投稿: かおりん | 2009年8月23日 (日) 19時03分

ムービー使ってるのもあるんですが(FFXの要所のシーンにDVDムービーがあったみたいに)、使ってないのでもDirectX必要なのもあるんですよね。
これは何に使ってるんだろう?単にCGと音声ならもっとシンプルでもいいのに。
いや、そこまでディープにのめりこんでるわけじゃないので最新技術がどうなってるかはいまいちなのではありますが^^;

でも結局Wineは仮想PCをソフト単位で動かしてる感じ(この理解でいいのでしょうか?)だとハードの性能が落ちちゃうのかな?
グラフィックとかマルチコアが1コア認識になっちゃうとか。そういうのでやたらと重くなる瞬間とか、落ちちゃうときとかはあるんですよね。

でもこの辺は数年後にはWineの進化で何も問題なくなってたりするのかも?エロゲだけでなく(笑)

投稿: tmin | 2009年8月25日 (火) 20時32分

いや、ぜひともディープに語ってもらって。(爆)

Wineですが、物としては、仮想環境ではなく、ラッパーですね。
LinuxのAPIにWineという薄いレイヤを重ねて、WindowsAPIをLinuxのAPIに変換します。
なので、Windowsアプリからは、OSとしてはWindows上で動いているように見える、って感じの代物ですね。

英語を日本語にリアルタイムに変換している、くらいのイメージで考えてもらえれば。
なので、エミュレーションとかしているわけではないので、「比較的」高速に動作するはずです。
将来的には、オプションライブラリであるDirectXや.NET Frameworkなんかも、Wine上で動作するようになるんだとは思いますけど。
ただAPIのラッパなので、HWレイヤに対する直接的な操作をされるとNGなんですね。
#デバイスドライバ直接叩くようなアプリ。
ま、そんでも最近のWineはDirectXが動くそうですから、大したもんだとは思いますけどね。

という感じの代物なので、コア数が減って見えたり、極端に遅いってことはないはずなんですけどねぇ。

投稿: かおりん | 2009年8月26日 (水) 00時02分

ちょっと試してみてるんですが、NScripter製だけじゃなくって吉里吉里製のゲームもWineで動くようですね。

煉獄  -かまいたちの夜2 another- :
http://varitra.web.fc2.com/rengoku/

うん、ADVって作りがシンプルなせいか、こう言う言語って問題が少ないみたい。
あるいは、ADV用言語の作成者って実はマルチプラットフォームをかなり意識してるのか。
商用ゲーム作ってても、プラットフォーム互換の問題に結構悩まされているから、かなあ(笑)。非常に素直な作りになっている模様です。

投稿: cametan | 2009年8月26日 (水) 07時05分

こういうとこから地道に「Linuxでもゲームができるんだぜぃ」ってのが広まっていくと、もしかしたら、地味にゲームする人もUbuntuに移行してくるかも知れませんねぇ。

AVGでもなんでも、ある程度のキラーアプリが動いてしまえば、結構行けるんじゃないんですかねぇ。

投稿: かおりん | 2009年8月26日 (水) 10時00分

>英語を日本語にリアルタイムに変換している、くらいのイメージで考えてもらえれば。
非常に分かりやすいご説明ありがとうございます。

システムモニタ的なソフトを走らせたときに1コア認識になっちゃったり、アプリ実行時に1コアだけフルロード、みたいな仮想PCに似た挙動が何度かあったので、そのまま間違えて理解したつもりになってたようで・・・申し訳ないです。

するとWineの設定とかライブラリやレジストリいじってみたりでもう少し行けたりするのかな?とか思ってみたり。
あれやこれやを再挑戦してみようかな(爆

投稿: tmin | 2009年8月26日 (水) 18時57分

日本語フォーラムでも話題になってましたけど、wineの情報ってあんましまとまってないんですよね。
なので、いろいろと突っ込んで調べてみて、結果まとめると有用かも知れません。
しかし。
1コア認識とかになるんですか。
振り分けられないのかなぁ。

投稿: かおりん | 2009年8月26日 (水) 19時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/45990777

この記事へのトラックバック一覧です: 懲りずに検索キーワード。:

« SDHCじゃダメだなぁ。 | トップページ | シニアがUbuntuを。 »