« NautilusからPicasaWebアルバムにアップロード | トップページ | 正直なところを言えば »

ブラウザ変われば流儀も変わるか。

アスワンでChromiumを使ってるわけですが。
ブックマークバーを常に表示しない設定にしていると、ブックマークの呼び出しが不便だなぁ、なんて思ってたんです。
んでも、本日、いろいろ弄ってるうちに、タブの横の「+」マークを押した際に出てくるサムネイル画面だと、ブックマークバーが表示されていることに気がつきました。
つまり、ブックマークから参照する場合には、従来FireFoxでやってたように、最初にブックマークをドロップダウンしてから、新しいタブを開くのではなく、新しいタブを開いてから、そのタブに何を表示するか決める、という手順に変わってるわけです。
どちらがよいか、の判断は付きませんが、なるほどね、と思いました。

まあ、別に今見ている画面を常に表示しながらブックマークを選ぶ必要はないわけで、新しいタブを開いてから、何を表示するのか決める、でも全然問題ないわけです。
これまで、どうしてそういう方式(何を表示するか決めてから、新しい画面にするか、画面を置き換えるか決める)だったのか、というと、タブブラウザの歴史が浅いから、なのかな、と思います。
新しい要素を開くためには別にウィンドウを開かねばならず、画面が広くないと、かなり煩雑な印象になってしまう。なので、できる限り今表示している画面に対して、中身を置き換える、という操作の考え方は、タブブラウザ以前のブラウザの考え方だと思います。
今の、同じ画面の中でタブを開ける方式であれば、Chromium方式でも、全然問題ないな、と思いましたね。

ブラウザが変われば、操作の考え方も変わる物なのだなぁ、と改めて思いました。

ぼちぼち、動作も安定してきてるようなので、メインにしてもいいのかな、なんて思います。
画面広く使えるし、表示は速いし、あとは使い勝手だけだけど、まあ、FireFox併用だし、ブラウズ限定の使い方なら大丈夫かな、と。
なんでもかんでもChromiumで済まそうって気にはならないですけどね。
やっぱりFireFoxの便利さは捨てられないしねぇ。

|

« NautilusからPicasaWebアルバムにアップロード | トップページ | 正直なところを言えば »

Ubuntu」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/45877426

この記事へのトラックバック一覧です: ブラウザ変われば流儀も変わるか。:

« NautilusからPicasaWebアルバムにアップロード | トップページ | 正直なところを言えば »