« ご近所探訪。 | トップページ | 桃を買いに。 »

いろいろとやれてしまうのも諸刃の剣なのかも。

Ubuntuというか、Linuxの場合、DEの変更やらWMの変更やら、GUIの変更が比較的楽に行えてしまったりしますし、極論、GUIを使用せずともOSの機能はかなりのところまで活用できてしまいます。

比較的楽、として簡単に、と書かないのは、切り替えるのは簡単でも、ちゃんと動くようにするには手間が掛かったりすることがあるからで。
加えて、「置き換え」だと、面倒な事になったりするので、基本は「追加して切り替え」かな、と。
#依存パッケージごと削除されて、プログラムが動かなくなったり。例えば、pulseaudioをaptitudeで削除しようとするとubuntu-desktopまで消そうとするので、DEのかなりのモジュールがもろともに削除されてしまいます。

これらの「いろいろなこと」は、きちんとパッケージの意味とか依存関係とか理解して行えば、問題無くDE等の切り替えは出来ると思うんですが、危険性を理解しないまま、特に削除に関して、削除されるパッケージがどんなものかを意識せずに実行してしまうと、最悪GUIが起動しなくなったりする事もあると思います。

んでも、こういうのって、人からいわれても結構ピンとこなくて。
自分でやってみて、ああ、これがまずかったのかな、と理解するというか。
痛い目を見ないと、なかなか身に染みないと思うんですよね。
まあ、難しいかな、理解するのも、実際にやってみるのも。
Linuxの問題というかUbuntuの問題として、システムとして、「試したけど、気に入らないから、またはうまく行かなかったから元に戻す」って仕組みがないので。
例えば、WindowsVistaだと「復元ポイント」なるものがあり、ある時点のシステム設定のスナップショットを保持してたりします。
#Windowsアップデートのタイミングとか、ですかね。確かインストーラを起動するとスナップを作成したような。
そこまでOSが面倒見るのか?って話はもちろんあります。
バックアップはユーザーの責任、それも正論でしょう。
でも、サーバ管理者ならともかく、デスクトップOSとして使うユーザーに、最初から、そういうの意識して弄りましょうよ、ってのも無理がある話かな、とか。
慣れてれば別にOKだし、変更が致命的なものでないなら、泣きながらバックアップをなかったことを悔やみながら手で元に戻しなさいよ、ってのもアリな話だとは思うんですけど。
OSの起動にまつわるところに手を入れることが出来るのに、そこの変更に対して、システムがバックアップの面倒見ないのもどうなのかな、と。

比較対象が最新Windowsだったりすると、UbuntuのデスクトップOSとしてのスタンスが、どこにあるかは解りませんが、機能として不足を感じることになってしまう、きっかけになりうるかな、と。
ユーザー操作に対しての堅牢性は、Windowsには敵わない、なんてことになってしまう可能性はあるな、と。
もちろん、WindowsはDE変えるとか、WM変えるなんて真似は出来ないので、OSに対するユーザーの自由度は比較にならないんですが、自由である分、ユーザーの責任があるってことを意識するためには経験が必要なわけで、初心者でも「いろいろとやれてしまう」ってのは、やっぱり諸刃の剣になってしまってるんじゃないのかな、と。
何事もなく切り替えとかがうまく行けば、Ubuntuって素晴らしい、ってことになるのかも知れないんですが、そこからトラブルに発展すると、Ubuntuって全然堅牢じゃないんじゃね?ってことになるわけで。
#そらユーザーに対しては堅牢じゃないでしょうよ。本来OSが担保すべきところじゃないんで。

初心者にも優しいディストリビューションであるためには、「ユーザー操作に対しても堅牢であるべき」なのかな、と思ったりしました。
「なんか削除したらいきなり不安定になった」なんて話を聞いたり、Webで見たりしますが、そらシステムにまつわる何かを削除すれば不安定になるのは当然だし、Windowsだって、それやれば不安定になります。
ただ、Windowsの方がデスクトップOSとして長い経験があるため、そういうユーザーの「困った操作」に対しての警告とか、そういう操作を行わせないための注意とか、工夫があります。
#ま、なのでLinuxでその辺担保しなければならないのはDEだと思います。UbuntuだとGNOMEですか。
Ubuntuは、さすがにまだ、そこまでには達していませんよね。
とはいえ。

ユーザー操作で不安定になったものを、「OSそのものが不安定」とされたのでは、Ubuntuがかわいそう、って気はしますけどね。
自分が何をしているのか、ある程度理解を進めながら、操作が出来るようになると、Ubuntuとかも快適に使えるのですが、まあ、それを初心者に言ってもねぇ。
Windowsじゃ危険な操作をする場合には、大抵警告上がるし。
そういう点でUbuntuが未成熟ってのはあると思いますけど。

OSそのものの安定性に関しては、9.04はだいぶ良くなったと思ってます。
普通に、インストーラーでインストールして、標準のリポジトリからアプリケーションの追加や更新のみで使ってる分には、それほど大変な事にはならないと思うんですけどね。

ま、これはワタクシの運が良いだけ、の可能性もありますので、Linuxの対応が不十分なハードで運用している場合は、この限りではないかも知れません。

|

« ご近所探訪。 | トップページ | 桃を買いに。 »

Ubuntu」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/46005902

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろとやれてしまうのも諸刃の剣なのかも。:

« ご近所探訪。 | トップページ | 桃を買いに。 »