« 桃を買いに。 | トップページ | Chromiumはだいぶ使えるようになったと思う。 »

問題は安心感ではないのかな。

Ubuntuのある日々 » Blog Archive » プリインストールマシンに期待するのはやめた方がいいのかもしれない

現実として、プリインストールマシンではなくてもUbuntuの方が楽なのかもしれないのに(実際に楽かどうかは個人によって、またマシンによってちがうので一概には言えないが)、多くの人はUbuntuを使おうとしない。ということは、この上、プリインストールマシンまで用意したところで、やっぱり人はVistaを選ぶんじゃなかろうか。

結論めいたところだけ引用してますけど。
ポイントは、楽かどうかではなく、「最初から入ってるから安心」ではないかな、と。
プレインストールマシンの利点って、以前にもちらと書きましたけど、「改造ではない」ってことに尽きるんじゃないかと思うんです。
どんなに手間が掛かったり、時間がかかっても、プレインストールPCのOSの初期化は、「初期化作業」でしかないわけで。
ところがどんなに簡単でも、WindowsがインストールされているPCにUbuntuを入れるのは「改造」になるんだと思うんです。
慣れている人ならともかく、初めて「改造」を行う場合には、必ず不安がつきまといます。
ワタクシの職場のひとなんか、「メモリを増設」することすら出来ない人が多数です。
#「普通お店でやって貰うんじゃないですか?」と言われます。
#車で言うメーカーオプション、ディーラーオプションのイメージなんでしょう。

ハードの改造は、やっぱり改造だろう、なんて意見もあるかも知れません。
ソフトのインストールとは違うでしょ、と。
でも、OSの入れ替えは、単なるソフトのインストールと違うんですよね。
ちょっと調べてみても、「起動しなくなる」とか「HDDの中身を壊すことがある」とか脅し文句が並んでいます。
これは立派な改造なんです。

なので、「普通の人」には、すでに入ってるOSを差し替えるなんてことは不安でしょうがない。
だからやらないんですよ。
#言い切ってみたり。(笑)
#ま、Windowsで十分って意見も、もちろん理解できます。

プレインストールされているOSがUbuntuなら、初心者は、まずそのまま使うと思います。
ある程度熟練したら、Windowsに差し替えるなんてこともあるかも知れませんが、最初は、そrを使うはずです。
無改造で使わないとメーカー保証も受けられませんし。

そういう簡単とか、便利とか言う実利的な意味合い以外に、「安心感」がプレインストールにはあるんだと思っています。
なので、UbuntuというOSを安心感を持って使って貰うためには、プレインストールPCが増えることだと思うんですよ。
使って安心出来るOSじゃないと、普及ってのは難しいと思うんですよね。
メーカープレインストールOSになっていれば、他のメーカーのPCを使ってる人も、「あのメーカーでプレインストールするくらいなら、安心出来るんじゃないの?」って思う人もいて、WindowsマシンにUbuntuを入れようとするかも知れない。
逆にメーカーがプレインストールもしないようなOSでは、不安感から使おうなんて思わないと思うんですね。

ま、普及に関しては、プレインストールが必須とは言いませんが、プレインストールが増えないと、拍車は掛からないと思います。

|

« 桃を買いに。 | トップページ | Chromiumはだいぶ使えるようになったと思う。 »

Ubuntu」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

かおりんさんの記事読んでで思い出しましたが、例のパソコンを買いに行ったとき(というか前日に下見に行ったときだったかな)、ケータイ売り場で引っかかったんですね。Googleの画面を貼ってあるモックアップがあったので。妻と「これって噂のアンドロイドじゃないの」みたいな話で盛り上がったわけです。当然、店員が「説明しましょうか」と寄ってきて、妻が「こういうのは他のキャリアでないの?」と。すると店員、こっちにもありますよと、見せてくれたわけです。でも、よく見たらそこに入っているのはWindowsのモバイル版。Androidというわけじゃない。

つまり、店員にとっては(というか一般には)ケータイの機能が重要なのであって、OSではない。だから、AndroidとWindowsが同等品ということになるわけですね。誰もOSなんて気にしていない。

ということは、やっぱりプリインストールマシンが鍵なのかな?

投稿: 松本 | 2009年8月25日 (火) 08時31分

なんとなく、微笑ましく思ってしまいました。(笑)
まあ、一般人の認識はその程度だと思います。特にケータイは。
正直、ワタクシもケータイのOSは、何が動いているか、とか意識してないですし。
#んでもWindowsMobileは使いたくないな。

普及に重要かどうかは、ワタクシも松本さんの記事を読んで、「重要じゃないかもなぁ」なんて思ったんですけどね。
UbuntuプレインストールPC買って、Vista入れるひともいるよなぁ、と。
特に、使いたいアプリがWindows版しかなかったりした場合に。

まあ、そんでも、少なくともプレインストールされるくらいのOSってのは安心感があるんじゃないのかな、と。
海の物とも山の物とも解らない代物よりは、プレインストールされることもあるOSの方が、なんとなく使えそうな気がするじゃないですか。

あと、メーカーがプレインストールすると、確実に、そのPCに入ってるデバイスのデバイスドライバは開発しますから、Linuxのドライバ開発にも拍車がかかりますし。
#ま、それだけやってくれてもいいんですけど。

なので、地デジ内蔵のPCがUbuntuプレインストールしてくれれば、ワタクシはそれで。(爆)

投稿: かおりん | 2009年8月25日 (火) 23時56分

はじめまして。
私は逆に安心感が欲しくてUbuntuに乗り換えたクチです。
何をもって「安心」とするのかはひとによってそれぞれだと思いますが、ウィンドウズ回りのやれ脆弱性が見つかった、新しいウイルスが発生したというニュースにうんざりしていた私にとってはUbuntuに「安心感」をもらったような気持ちで使っています。

投稿: tororo | 2009年8月26日 (水) 19時12分

tororoさん、コメントありがとうございます。
ある程度使い込んで、OSが果たすべき機能、とか使い勝手とかが解ってくると、Ubuntuの機能に優れた点がある、ということが解る場合があるってことなんだな、と思います。
以前エントリにしましたが、ワタクシもWindowsのウイルス回りにはうんざりしていて、仕事ならともかく、プライベートで使うのは辛いなぁ、と思ってます。
まあ、この点に関しては、Ubuntu等のLinuxが優れているわけではなく、単にOSとしてマイナーなので、相手にされていない、という点を理解する必要があるかも知れません。
http://ascii.jp/elem/000/000/449/449463/index-4.html
この辺に解り易く書かれてます。

ウイルスに関しては、「今は安心」ってだけで、将来的にもそうか、というと解らないんですよね。

いずれにせよ、貴重なご意見、ありがとうございました。

投稿: かおりん | 2009年8月26日 (水) 19時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/46020566

この記事へのトラックバック一覧です: 問題は安心感ではないのかな。:

» 松本さんのエントリーが面白い。 [競馬@Blogger]
松本さんのエントリー読んでたんですが、一々もっともだ、とか思って(笑)。 [続きを読む]

受信: 2009年8月25日 (火) 04時01分

« 桃を買いに。 | トップページ | Chromiumはだいぶ使えるようになったと思う。 »