« ちょいエロ(笑) | トップページ | Ubuntu Tweakを使ってます。 »

日本語入力環境に求められるもの

G-HALパッチ適用Anthyを使い始めて数日経過しています。
alt-cannadicの成果なのか、G-HALパッチによる学習結果保持改善のおかげなのか、はたまた美紗緒辞書の効果なのか、日本語環境が非常に快適になっております。
ATOKもいいけど、努力と工夫で乗り越えられるんなら、Anthyでも全然OKかな、と思いましたね。

もちろん、ATOKが素晴らしいのは明らかなので、できればそっちを使いたいんですが、IMEがIIIMFのままだと、アスワンで厳しいので。
ATOKがSCIMとかUIMとか、他のIMEで動くようになれば、また考えますけどね。
どうにかしてくんないかなぁ。>JustSystem

ATOKほどの多機能さはありませんが、こうして文節区切りなどの学習結果が保持されるようになったAnthyは、元々の変換効率という点において、それほど悪くもなかったのかな、と思うようになっています。
結局は、数日で忘れる学習結果、不思議頻度の辞書、語彙の少なさ、それらがミックスされて、Anthyの不思議変換が確立されていたのかな、と。
まあ、そんなもん確立してくれなくてもいいんだけど。

一方で、日本語変換を含む日本語入力環境って、絶対的な指標の存在しないものでもあるので、なにがよいとか悪いとか、実は判断しにくいものでもあったりします。
手癖というか、文節の区切り方一つにしても、ひとによって異なることが考えられるし、そもそも良い変換ってなんだ、とかね。
基準になるものを定めて、それよりよい、悪いしか判断できない物なんじゃないかな、と。
逆に言えば、Anthyしか触ったことのないひと(いるのか?)には、Anthyが全てであるので、これはこういうもんだ、と受け入れてる場合も考えられるし、Anthyに特化した変換の技を身につけていて、ATOKなんかだと逆に効率が落ちたりすることも考えられるわけで。
#良い例がSKKかな。
たぶん、基準となるのは、XPのMS-IMEなんじゃないのかな、と勝手に考えています。
仕事で使うPCがUbuntuのみ、って結構レアケースだと思っていて、大抵は、自己所有のPCにUbuntuをインストールしているだけ、ってことになるんだと思います。
なので、会社とかで使うのはWindowsが多いんじゃないかな、と。
その際に、会社がATOK買って入れてくれるなんてことは、そういう日本語入力をメインにして仕事している会社でもない限り考えられないので、ほとんどのひとはMS-IMEを使ってるんだと思うんですよ。
そうなると、自然と基準がMS-IMEに置かれて、これより効率が良いか、自分の意図通りに変換してくれるか、というのが評価の軸になると思うんですよね。

で、標準辞書と学習という点置いて、MS-IMEは悪くないです。
複数人数でPC共有しているわけでもない限り、それなりに学習結果は永続化している様で、長いこと使ってると、結構自分のくせを覚えてくれます。
実は、一番大事なのってここなのかな、とか。
最初はバカでもいいんで、長く使っていくと、学習結果が蓄積されて(できれば辞書にも反映されて)、自分のくせに合わせた変換をしてくれる、ってのが日本語入力環境ではキモなんじゃないのかな、と。
今、G-HALパッチ版Anthyでこれ書いてますけど、文節の区切り直しこそ多いですが、区切り直して再変換ってのは明らかに減ってます。
これは、学習結果よりも辞書のリファインかも知れませんが。
いずれにせよ、モデファイドAnthyは、MS-IMEに勝るとも劣らない日本語入力環境である、とワタクシは言えると思いますね。
お勧めです。
#っても導入簡単じゃないんだけどね。(^^;

|

« ちょいエロ(笑) | トップページ | Ubuntu Tweakを使ってます。 »

Ubuntu」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/45848645

この記事へのトラックバック一覧です: 日本語入力環境に求められるもの:

« ちょいエロ(笑) | トップページ | Ubuntu Tweakを使ってます。 »