« 遅いのはsambaではなく | トップページ | 肝心のPyGTKについて書いてなかった。orz »

PyGtkに挑戦してみた。(Anthyの辞書メンテ)

wxGladeに以前挑戦してたんですが、なんとなくGTKが使いたくなって、PyGtkに挑戦してみました。
あちこちサイトを巡って、資料を見ながらの作成で。
とりあえず、最近、Anthy弄くってたのと、松本さんが、「もう少し簡単に辞書追加できれば〜」なんて話がコメントにあったので、辞書追加のGUIを作って見ました。
単なるupdate-anthy-dicsのフロントエンドになります。
しかも、コマンドラインから、sudoを付けて起動しないと動作しません。(笑)
まあ、単なる勉強のためってところで、あんましきちんと作ってません。(爆)

使いたい人がいて、なんか要望があれば、直すかもしれませんし、自分で使って気になったら直すかも知れません。
ファイル展開して、天界ディレクトリをカレントディレクトリに移動した後

 sudo ./anthyAddDic.py

で起動します。
既存の辞書ファイルの一覧が表示されますので、追加したい場合には、辞書ファイルの追加ボタンを、削除したい場合には、一覧から辞書ファイルを選択して、辞書ファイルの削除ボタンを押してください。
てか、見れば解るような気もしますが。

ちなみに、動作検証もなにもしてない単なる習作ですので、なんか不安、って方は使わない方が精神衛生上よろしいかと思います。(^^;

意見等ありましたら、コメントください。
もう少し作り込んで、xmlファイルはpyファイル内に内蔵したいな、とは思ってますけどね。
こんなもんに血道を上げてるうちに、日が変わってしまった。orz
---------- 追記 ----------
ボタンの名称間違えてた。orz
---------- 追記2 ----------
どうもうまく動かない場合があるようで。(^^;
やっつけで作るとダメだな。orz
近く修正します。
---------- 追記3 ----------
修正しました。辞書ファイル追加の際に、辞書フォルダにコピーするようにしています。
なので、辞書更新せずに終了しても、辞書ファイルだけはフォルダにコピーされます。
#仕様としてどうなの?って気はしなくもない。(^^;
---------- 追記4 ----------
v0.2.1更新
メッセージが一部誤字があったのと、ファイルコピー時の内部処理を変更。
使い方を書いたreadme.txtをアーカイブに同梱。

これでいったん完成とします。
バグ報告、要望なんかは、このエントリのコメントにお願いします。

---------- 追記(2009.08.03) ----------
v0.2.2更新
松本さんから指摘のあった辞書ファイル選択時のカレントフォルダの位置に関するバグを修正。
→デフォルトをAnthyの辞書フォルダとし、選択された場合には選択位置を保持。
---------- 追記(2009.08.03) ----------
v0.3更新
リストの保存が出来るのに、リストの読込がないのは、どう考えても片手落ちなので追加。
ボタンが増えたのでレイアウトの見直し。
最初から、もっと違うレイアウトにしときゃよかったよ。orz
---------- 追記(2009.08.03) ----------
v0.3.1更新
Gladeで生成されたファイルが、カレントにないと正常に実行できないバグに対応。
知らなかった。orz
これで、パスの通ったフォルダに置くか、実行用のランチャを作成しても、正常に実行可能となります。

送信者 Blog

|

« 遅いのはsambaではなく | トップページ | 肝心のPyGTKについて書いてなかった。orz »

コメント

ようやく使わせていただきました。
といっても、とりあえず辞書がないので、以前ご紹介の美沙緒辞書の追加です。
(これは一応追加してはいたのですが、手抜きな方法でやっていたので、改めてきちんと追加ということで)

起動も動作も、順調でした。ちゃんと辞書が追加されているのかどうかに関しては、使いはじめなのでよくわかりません。というか、「みさおじしょ」で「美沙緒辞書」と変換されるので、たぶん辞書はきちんと入っているのでしょう。わからないのは辞書の使い勝手なのかもしれません。

といいうことで、つくっていただいたアプリの動作に関してはOKなのかなと。特に問題らしいものも感じませんでした。

強いて言うなら、追加する度に開くフォルダがアプリのフォルダに戻るのは面倒と感じました。元データを最初っからここに移しておけばよかったんですが、デスクトップに置いていたので、複数のファイル指定の度にディレクトリをたどるのが面倒だなと。まあ、運用上の問題ですが。

あと、コマンドで管理者権限はやっぱり何となく抵抗があるので、右クリックでアプリの入ったフォルダを管理者権限で開いておいて、ダブルクリックで実行しました。問題なく動作した模様です。

とりあえずの報告まで。

投稿: 松本 | 2009年8月 3日 (月) 10時20分

松本さん、感想ありがとうございます。
辞書追加のフォルダの問題ですが、実は既知の問題でして、ファイルを開く際にフォルダを指定してはいるのですが、なぜかアプリのカレントに戻ってしまうと言う。(^^;
ライブラリの問題なのか、プログラムの問題なのか、切り分けが出来てませんでした。
指摘来たら直そうかな、と思ってた項目でしたが来ましたね。(笑)

適当なタイミングで修正したいと思います。

本当は、ユーザーアプリとして起動して、必要に応じて管理者権限取得ってのがやりたかったんですが、調査の糸口がなかったので。
現在の簡単仕様に倒してしまいました。(^^;

この程度の、なんかのフロントエンドくらいの機能でよければ、またどうぞ。(笑)

投稿: かおりん | 2009年8月 3日 (月) 11時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/45797326

この記事へのトラックバック一覧です: PyGtkに挑戦してみた。(Anthyの辞書メンテ):

« 遅いのはsambaではなく | トップページ | 肝心のPyGTKについて書いてなかった。orz »