« PyGtkに挑戦してみた。(Anthyの辞書メンテ) | トップページ | FireFox-3.5.1でたまに問題が »

肝心のPyGTKについて書いてなかった。orz

肝心のPyGTKですが。
GUIビルダーにGladeを使うわけですが、PyGTKそのものがよく出来ているので、VisualStudioのようなGUIビルダー+コードジェネレータの形式じゃなくても、気になりませんでした。
この手のGUIアプリケーションの場合、イベントハンドラの記述が煩雑で、その割には定形ってところがあるので、コードジェネレータがないと結構苦労するんですが、PyGTKの場合には、わりと直感的に記述できるので、この辺は問題ないかも知れません。

苦労するところというと、肝心のGTKオブジェクトのリファレンスマニュアルの日本語版とかがないのと、簡易ヘルプ的な動作をするIDEがないのが、やはり辛いところでしょうか。
今回もGoogle先生にお伺いを立てながら、いくつもサイトを渡り歩き、サンプルコードを求めて彷徨いました。(笑)

Pythonそのものに関しては、リファレンスとライブラリマニュアルが日本語化されているので、全然、まったく困らないんですが、GUIというかgtkライブラリの日本語マニュアルとチュートリアルがないため、どんなメソッドやプロパティがあって、何を引数とするのか、とかが解りません。
この辺のドキュメントが整備されてくれば、比較的若年層にも受け入れられて、UbuntuでGUIなんて簡単じゃん!ってことにもなりそうなんですが。

Gladeと統合したIDEがあるといいんですけどねぇ。

久しぶりにPythonで組みましたが、言語的にも直感的でツール程度の開発であれば、充分なんじゃないのかな、と思いました。
大規模開発になるとどんなもんかな、と思うところはありますが、比較的容易にライブラリ化できるのと、ライブラリ化したオブジェクトのインポートに関しても、非常に直感的で解り易い構造として記述できるので、C/C++、あるいはJavaを経験した人であれば、言語的には困らないような気がします。
まあ、構文とかは違うんですが、ロジックの組み上げ方が同じというか、感覚的に、前述の言語に慣れていれば同じ感覚で実装できるんじゃないのかな、と。
逆も真か、と問われると、真じゃないような気がしますが。(笑)
Pythonの方がロジックの構築はお手軽で短く書けそうな気がしますね。
んでも、そういう人が使い易い言語ってのは得てして実行速度は遅い場合が多いんですが、今時のPCであれば、問題にはならないような気もします。

もう少しドキュメント見ないでも組めるくらい慣れてしまうと、夢も広がるんだけどな、って感じですかね。
ま、仕事で使うことはなさそうなんで、とても小さなツール作成くらいしかやらないような気はしますけど。
そんでも。
それができる環境があるのとないのとでは、大違いだからなぁ。PC使う上では。
なんか手作業では面倒な事も、スクリプト書くとか、こういうお手軽言語で書くとかできると、比較的容易に出来る場合も多いので。

ま、さすがにアスワンで組もうとは思いませんけど。(爆)

|

« PyGtkに挑戦してみた。(Anthyの辞書メンテ) | トップページ | FireFox-3.5.1でたまに問題が »

Ubuntu」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/45797446

この記事へのトラックバック一覧です: 肝心のPyGTKについて書いてなかった。orz:

« PyGtkに挑戦してみた。(Anthyの辞書メンテ) | トップページ | FireFox-3.5.1でたまに問題が »