« おぼえがき(小さな恋の歌) | トップページ | 否定するもんでもないですけどね。 »

確かにUpdateはUbuntuの方が楽。

ASCII.jp:~師範! Windowsと作法が違います!~|行っとけ! Ubuntu道場!
毎回楽しみに読んでるわけですが。
今回、WindowsUpdateとUbuntuのUpdateの違いについて触れられていまして。
詳細は元記事に譲るわけですが、両方使ってるものの印象として。

実は、仕事で使ってる場合、勝手にアプリケーションがバージョンアップしない方が都合が良かったりします。
たとえバグフィックスであっても、ユーザー環境と同じ環境で開発をするので、もしも環境側にバグがある場合には、そのバグを回避するプログラムを作り込む必要があり、下手に最新の物、バグフィックスされた物が自動的に適用されてしまうと、却って面倒な事になったりします。
#ユーザーのところで発生する問題が開発環境では発生しない、とか。

まあ、Ubuntuの場合、それすらもリポジトリを例えば、会社で管理するリポジトリを指すようにしておけば、簡単に回避できそうですけど。
#ミラーが大変かも知れないけど。

一方で、プライベートで使ってる場合、そんな制約はないので、バグフィックスされたら、バグのないツールを使いたいわけで、いちいちツールのサイトを巡回とか、RSS配信でチェックとか面倒なわけですよ。
Ubuntuの場合、リポジトリに入ってる物はまとめてアップデートがかかるので、その辺面倒がないんですね。
標準のリポジトリにない場合でも、PPAによるリポジトリがあれば、それを追加することで、同じく最新の環境(に近い物)を自動的に入手可能になる。
#元記事でもPPAでのツール/アプリの探し方が紹介されています。
この辺、非常に手間がかからず、楽ちんなところじゃないかと思います。

正直言ってしばらくアスワンでWindows使ってましたが、この辺が面倒でたまりませんでした。
ついでに言えば、セキュリティアップデートが溜まってたりして、久しぶりに起動するWindowsは、使えるようになるまで数回の再起動がかかるのもたまらんところです。
この辺、OSの仕組みの問題なので、簡単には解消出来ないんでしょうし、パッチの順番、依存関係もあるのだろうと思うので、仕組み、仕掛けを考えれば仕方ないことだと納得できるんですが、理性では納得しても、感情では納得できないというか。
とにかく面倒なんだよ、と。(笑)
ほんのちょっとハードウェアに依存する調べ物をしたいからWindowsを起動しただけなのに、アップデートと再起動の繰り返しで、一時間もロスなんてことは、割とよくある話で。
#半年もWindowsを放置するな、ってことなのかも知れませんが。

話を戻すと、デスクトップOSとして普通に使う場合、Windowsのアップデートの仕組みよりも、Ubuntuを始めとするLinuxの仕組みの方がユーザーには優しいと思います。
特にWindows環境をフリーウェア等でカスタマイズ始めると、かなり顕著ですよ、その差は。
普通の自宅ユーザーには、Windowsアップデートはうっとおしいばかりでメリットは少ないと感じてしまうんじゃないかなと。
まあ、そんでも昔から比べれば再起動は減った方ですけどね。>Windowsアップデート

その他、元記事にはウィルスに関する興味深い話も展開されてますので、暇があれば一読をお勧めします。(笑)
#ここ読んでるような人はちぇっくしてるか。(笑)

|

« おぼえがき(小さな恋の歌) | トップページ | 否定するもんでもないですけどね。 »

Ubuntu」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/45918520

この記事へのトラックバック一覧です: 確かにUpdateはUbuntuの方が楽。:

« おぼえがき(小さな恋の歌) | トップページ | 否定するもんでもないですけどね。 »