« たぶん検索エンジンで来た方のために | トップページ | 「ぱそこん」でなにをしましょうか? »

Windowsからは逃れられない?

ワタクシのことではなく、一般の方々は、ってことなんですけどね。
何度か書いてますが、プレインストールされているWindowsを消してまで、Ubuntuとか他のOSを入れるひとってのはレアだと思うんですよ。

じゃあ、最近はネットブックでもUbuntu入ってたり、Linpus入ってたりって端末が売ってましたけど、売れたか、というとそうでもないらしいんですね。
Windowsモデルより若干安いので、それを買ってWindowsを入れる、なんて使い方はあるそうですけど。
それはそれでWindowsのライセンスはあるけど、PCが古くなったので買い替え、なんて需要で発生するような話なのかも知れないので、レアはレアなのかな、と思ったりもします。

結局人間、慣れた環境が大きく変わるのを嫌うと思うんですよね。
まあ、それがポイントなのかな、と。
例えば、これがPCじゃないなら、そういうもんだ、と思うかもしれません。
携帯電話とか。
Androidですか、Linux系OSだそうですが、携帯電話がWindowsで動いてようと、Linuxで動いてようと、一般の人は気にしないと思うんですよね。
普通に電話とメールが出来ていればそれで満足というか。

んでも。
これが使い慣れているはずのPCが大きく変わると、途端に困る。
大体の人の標準がWindowsXPなんだと思うんです。
まあ、一部2000なんてひともいるかも知れませんが。
XPで、ずいぶん2000がよくなった。長いですよね、7年ですか。OSとしては異例の長寿命じゃないかと思うんですが。その間、PCの性能も劇的に上がって、発表当初は、XPなんて重くて使い物にならん、なんて言われていたのに、今や軽いOS扱いです。
ま、それは余談。

Vistaも、鳴り物入りで登場した割には不評だったのは、PCの性能が、ぼちぼち頭打ちになりつつあるのに重い、GUIが大きく変わって、操作性が変わってしまったため、従来の操作が出来ない。カーネルが変わって新カーネルになったため、従来のドライバが動作しない、または従来のお行儀の悪いアプリが動作しない。
#一部お行儀の良いアプリもOSの仕様が変わったために動作しなくなってますが。
これらの互換性の問題と操作性の問題、重さ、の複合技でVistaはダメOSの烙印を押されてしまいました。(笑)

で、同じWindows間でのバージョンアップですら、この有様なのに、OSを全然別のOSにするなんて、一般人の感覚ではありえないでしょ、と。
加えて、理由がないんですよね、OSを乗り換えるだけの。
例えば前述のUbuntuもデルを買ってOSをWindowsにするってのには理由があるんですよ。
「使い慣れたWindowsをインストールする」って理由が。
なんかのアプリが動くとか、性能的に有利とか、価格が安いとか、そんなのは理由にならないんですね。
単に、したいことは決まっているので、やれる環境があるのに、なんでわざわざ新しいことを覚えなきゃならんのだ、ってのが正直なところなんじゃないのかな、と。
ギークな人たちは、この論調の中には入りません。レアな人たちなので。
結局デファクトには勝てないのかな、というのが思うところなんですが。

なんか、全然違うデバイスにLinux乗っけて、それが爆発的に流行すれば、PCとそのデバイスを連携させるのに、PCもLinuxにした方がいいね、ってことになれば話は別かもしれませんが、今のまま推移しても、Windowsの一角をちょっとでも崩して、一般人に認知させるのは非常に困難だろうな、と思ってしまいました。
ま、シャトルワースさんも、Windowsを喰ってやろうなんて考えてないと思うんで、ワタクシとしても、ほんのちょっと、ごくごく一部でもUbuntuが一般人の話の中に出てくる程度に普及すればいいのかな、と思ってるのは変わらないんですけどね。

ネットブックとか、PCの分野としては比較的新しい分野で、結局はWindowsからは逃れられない日本の現状で、新しい(わけでもないけど)OSをある程度認知、普及させるってのは大変なんだなぁ、なんて思います。

まあ、これでWindows7も大コケすると解らないんですけどね。
RC版の出来を見る限りでは、モノには問題なさそうだから、マーケティングで失敗でもない限り、しばらくはWindows天下は揺ぎのないものになりそうですねぇ。

|

« たぶん検索エンジンで来た方のために | トップページ | 「ぱそこん」でなにをしましょうか? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いやもう、前書いた通り、全員Windowsから逃れられませんよ。
Linuxユーザーさえ、「救済措置」としてWindowsは絶対持ってた方が良いでしょうね。
これも引越しとか、プロバイダ変更で嫌というほど分かりました(爆)。
つまり、セッティングアップで提供されているツールそのものがWindows(しかもXP)アテにして作られているから、です。

OCNに変えた、って話したでしょ?んで050ナンバーのネット軽油の電話が使える、とか言うサービスがあって。
これがマニュアルの通り駆動しても全然動かん、とか(笑)。そもそもVistaで操作するのも難があるセットアップ環境の模様で(笑)。
マニュアルの記載さえこっちのマシンの環境と食い違ってたらお手上げですよ(笑)。

この手のJavaScript依存のツールとかも「もっとマトモな設計」するインフラ提供者が現れない限り、Windowsからは誰も逃れられないでしょうねえ。

投稿: cametan | 2009年8月 9日 (日) 02時25分

某巨大掲示板とかで、いろいろと語られているんですが、結局は現実見るとそういうことなんですよね。
Web含めたインフラというか、「必要なプログラム」がWindowsを意識しないものに変わって行かないとWindowsからの脱却は難しい。
いくらハードとOSによいもの用意しても、たぶんユーザーは動けない、って状況が数年は続くんだろうな、と。
まあ、仕方ないんですけど、なんとか開発側の意識も変わって行かないもんですかねぇ。

投稿: かおりん | 2009年8月 9日 (日) 05時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/45873824

この記事へのトラックバック一覧です: Windowsからは逃れられない?:

« たぶん検索エンジンで来た方のために | トップページ | 「ぱそこん」でなにをしましょうか? »