« デザイン変更・雑記 | トップページ | バックアップの作り方。 »

LinuxMintを試す。

XFCE Community Edition

送信者 Blog

LinuxMintのXFCE Community Editionを仮想マシンにインストールしてみました。
以前はRC版ってことで、今ひとつだったのが、リリース版に変わってどうなったかな、と。
ついでに、前回はSDHCにインストールして、メディアアクセスが遅くてどうにもならんなぁ、って感じだったのを反省し、今回は仮想マシンに。

ハードウェアのサポート状況は結局Ubuntuなので、その辺は、すでに明らかでしょ、ってことで、純粋にソフト部分のみの評価をするなら、仮想マシンでもOKかな、と。

で、見ためのよさは当然として。(笑)
#Ubuntuもこのくらい綺麗ならねぇ。

これ、いいわ。

なんか、軽量デスクトップの話はちょっと前に書いたけど、仮想マシンでも、これだけきびきび動くなら、悪くないな、と。
Atom機に入れても、十分に軽く動きそうですね。
へぇ、って感じ。
さらに以前Xubuntuで挫折した共有フォルダ回りにもGigoloというアプリケーションが導入されていて。
#システムメニューのRemoteFilesystemで起動。
これが、各種サーバアクセスを一括して管理できるみたい。
Tunerに統合されていないは残念だけど、タスクトレイに常駐出来るし、右クリックで簡単にTunerの呼び出し出来るので、却って使い勝手はいいかも知れない。
ファイル管理の統合感ではNautilusの方が上だけど、その辺気にしないなら、十分アリな管理方法じゃないかなぁ。
ネットワークドライブを、イメージとしてシームレスに使いたい場合には向かないけど、解ってる人が使う分には全然困らないでしょ。
むしろ、ftpもsambaも同列に扱えるので、こちらの方が解り易いかも知れないし。

まあ、全体にコンパクトな印象なので、結構使い易いかも知れないな、と。
難を言えば、右クリックメニューを含め、ちょっと煩雑な印象があるのと、同じ項目がメニューに登録されていたりして、操作に迷いが出てしまうところかなぁ。
右クリックメニューとか、もっとシンプルでもいいと思うんですが。
まあ、この辺はカスタマイズせよ、ってことかな、とも思うので、欠点ってほどではないかな。

最終的には使用するハードに入れてみないと、使い勝手が満足行くモノになるかどうかは解らないんですが、Ubuntuは重いし、Xubuntuは軽さでは満足できるけど、使い勝手が悪いな、ってひとなら、これ試す価値はあるんじゃないかな。
カスタマイズベースとしては、機能が揃ってるし、煩雑なメニューも、削除だけで再構築可能と考えれば、悪い状態ではないのかも。

|

« デザイン変更・雑記 | トップページ | バックアップの作り方。 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/46267448

この記事へのトラックバック一覧です: LinuxMintを試す。:

« デザイン変更・雑記 | トップページ | バックアップの作り方。 »