« メインマシンをSSD化。 | トップページ | ちょ速。(笑) »

まあ、そんなもんかも知れませんね。

はっぴーじむなすと@Linux - ubuntuをやめる/嫌いになる人の理由

前半は、弄りすぎて、元に戻せなくなって嫌になるパターン、後半は、教えてもらうにしてもコマンドばかりで、何をしているのか解らない、ってパターンで嫌になるのかな、って感じですけど。

ま、そんなもんかも知れません。

Windowsがやっぱりよいな、ってひとは戻れるならWindows戻ればいいんじゃないかと思うんですよね。
例えば、仕事でUbuntuを使うしかないひとは、もうWindowsって選択肢はないから、それだけ使うんだと思うんですが、プライベートで使うOSは、自分の気に入った物を使えば良いのではないかな、と。
まあ、コマンドを使いたくないなら、コマンドを使わずにUbuntuを使う手もあるわけですが、初心者のレベルだと、どこまで出来るのかが解らない、ってのが問題なのかも知れませんが。

本来、UbuntuのようなデスクトップOSで、コマンドを使用しなければならない事態ってのはレアでなくてはならないんですよね。
例えばハードウェアのトラブル、とか。
管理者権限で何かしなければならない、ってのは、あまり望ましくないわけで。
せいぜい日常的に管理者権限を使って何かする可能性があるとすると、アプリケーションのインストールと、アップデートくらいですか。
まあ、これらは仕方ないかな、と。
そんな頻繁に行う物でもないですし。

例えば、/etcの下のファイルに触る、なんて普通はやっちゃいけないわけで。(笑)
#案外ね、なにかというと弄くったりしますけど。

コマンドなんぞ使わんでも、まあ、普通に使うことは出来るので、コマンドに拘ることはないと思うんですが。

一方で。
日本語フォーラムの初心者フォーラムを見てると、確かにコマンドの嵐で。(笑)
だって、情報貰うときに都合がイイんだもの。(笑)
ハードの認識とか、lspciとかlsusbの結果を見れば、結構な情報が一覧されているし。
これらの情報を、例えばWindowsのGUIみたいな画面で情報くださいって話になると、画面スナップになるんですよね。
#ま、仕事でもよくエラー画面はスナップ取ってもらって送ってもらいますけど。
そうなると、場合によっては、スナップの取り方から説明しないとならなかったりして。さらに、撮ったスナップの貼り付け方とか。
#実はワタクシも知りません。(爆)
なので、情報貰うときは、コマンドの実行結果を貰う、と。
解決手段もコマンド提示が多いですけど、まあ、これは単純にGUIで行う手順をスナップ張り付けて説明するよりも簡単だから、ってだけでしょうけどね。
手間を惜しんでるわけですよ。
初心者フォーラムの在り方にも関わりそうな話ですが、「教育」が目的なら、GUIでの手順のスナップを貼るべきだと思います。
見るのは質問した人だけじゃないし。手間を惜しむと、また同じ手順を説明することになるので、定型的な手順であれば、ここ参照、とかやればいいので。
「解決」が目的であれば、コマンドでもいいのかな、と。
#ま、コマンドでも教育の一環にはなるかと思いますけど、敷居が高くなるからね。
こういう魔法の呪文を唱えれば、問題は解決するよ、と。
興味があったら、そのコマンドがどんなものかは調べてね、くらいのところですかね。

まあ、今のところトラブル解決が主のようなので、コマンドばっかりですね。
なかには、それ実行させていいのか?と思うようなのもありますけど。
まあ、他に手がない場合には仕方ないかも、と思わないでもないんですけど。
んでもねぇ。MBRにまつわる部分は、もう少し手がないもんかと。
ま、それは余談。(笑)

とまあ、Windowsの方がラクだと感じるなら、Windowsを使えばいいんじゃないのかな、というのがワタクシのスタンスですけどね。
無理に使い難いモノに慣れる必要もないし。
触ってみて、興味が持てて、コマンドも含めて面白い、と思えるなら、UbuntuというOSは、あなたのよきお友達になれるかも知れません、でいいのかな、と。
イマサラ、Windowsの牙城は崩せないでしょうし、そこまでを望んでいる人も多くないと思いますし、まあ、せめてMacOSの半分くらいは普及してくれればいいな、という。(^^;
Windowsに不満があって、他のOSを試すなら、それでいいと思いますし、不満が払拭されるなら、そのOSを使い続ければいいと思うんですよね。
GUIだCUIだってのは、ある意味OSの個性みたいなもんだと解釈してくれれば、個性にあれこれ言ってもねぇ、というのが理解してもらえるんじゃないのかな、と。
UbuntuはWindowsの亜流でも派生でもないので、Windowsの替わりに使えるかも知れませんが、Windowsと同じように操作できるわけじゃない、ってのは最初に理解が必要かも知れません。違うものです、と。
いや、Windowsと同じように操作できないとダメなんだ、というのであればWindowsを使うことをお勧めします。
下手に近い操作が出来るから、不満がでるんだと思いますけどね。
んでも、そんなに違わないような気もしますし、これはワタクシが慣れてしまってるから、なんでしょうけどね。
アイドルとシンガーソングライターでは、同じ歌を歌う職業かも知れませんが、まるで違うじゃないですか。
#アイドルは歌だけじゃないかも。
アプローチも違えば、魅力も違いますよね。それらを同列に扱って、アイドルの歌はダメだ、と否定することは簡単ですが、視点を変えれば、アイドルの歌の方が魅力的な場合だってあるわけですよ。
Windowsと似たもの、って視点からだけ見てると、違いばかりが目について、難しく映って、結局挫折ってことになるんだろうと思うんですね。
視点を変えて、気持ちを変えて、これは違うOSなんだ、って新たな視点で見ていけば、コマンドの魅力にも気が付くかもしれませんし、Windowsと異なるGUIの意味にも気がつくかもしれません。
見ようとすれば、見どころはなんにでもあるので、一方からの見方をして、断面だけ切り取って、それで全てを見たような気になっても仕方ないんじゃないかと思うんですが。

ま、繰り返しになりますが、Windowsと違うから、Ubuntuはダメだ、というのであれば、Windowsを使うのがベストだと思います。
Windowsだって悪くないですよ。GUIはよく練り込まれていますし、直感的な操作が可能なように、いつも工夫をして来てますし、セキュリティだって、ユーザーに不便を強いないように工夫しながら高めているし。
#それでも悪意あるプログラムの数が多すぎて…。
ハードウェアの認識だって、まずNGってことがないですからね。
標準はWindowsでしょう。
むしろ、Ubuntuを使う理由なんてあるんですか?と。

ワタクシは気に言ってるのでUbuntuを使ってますけど。
なんとなく。
今度のWindows7で結構なユーザー数がWindows7に流れそうな気がするなぁ。(笑)
ま、ワタクシは自宅でWindowsじゃなくちゃならない用途がないので、Ubuntuで十分ですけどね。

|

« メインマシンをSSD化。 | トップページ | ちょ速。(笑) »

Ubuntu」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>例えば、/etcの下のファイルに触る、なんて普通はやっちゃいけないわけで。(笑)

そう(笑)。
でも僕の場合は、一番最初に遭遇したトラブルが「それ」だったんですよね(笑)。そこクリアしないとどーにもなんなかった(苦笑)。
ダイブUbuntuもマシになったとは思うんですが、いまだハードウェアに依っては「そう言う大技を繰り出さないとならない」場合もあるんでしょうねえ。

>初心者フォーラムの在り方にも関わりそうな話ですが、「教育」が目的なら、GUIでの手順のスナップを貼るべきだと思います。
>見るのは質問した人だけじゃないし。手間を惜しむと、また同じ手順を説明することになるので、定型的な手順であれば、ここ参照、とかやればいいので。

いや、これホントそう思うんですよね。
Ubuntu日本語フォーラムだと「海の向こうの形式」に合わせすぎよう、ってし過ぎてんじゃないのか。
例えば、日本人の国民性とか、普段どーゆーサイト回ってんのか、とか考え合わせてみると、結構な確率で「画像投稿出来る」場所愛用してると思うんですよ。mixiとかでもそうでしょう。貼る気になればスレッドに画像投稿出来ますし。あるいは動画とリンク出来る。そう言うサイトが好きなんですよね。
最近、O.K.waveなんかも画像投稿出来るようになりましたが、潜在的にそう言う欲求が高いと思うんです。反面、日本語フォーラムの「形式」とか、結構時代とズレてんじゃないのか、とか思うんですよね。国民性考え合わせれば「ウケが悪い」アナクロなスタイルなんじゃなかろうか、と。
あーゆー「初心者向け回答板」の場合、場所限定で良いから画像投稿出来るようになってればな、とか思います。その方が問題が早く解決するんじゃなかろうか、と。
本家Ubuntu Forumの場合、恐らく投稿数が半端じゃない、って事が一つ。セキュリティの問題も兼ね合わせて一つ。あとは、「英語圏の人だと英語のエラーメッセージ」とか母国語的に言うと、割にその辺は直感的でわかりやすいんでしょうね。日本人だとどうしてもワンクッション多くなりますから。だから「完全に向こうのスタイルに合わせる」って本質的にどっか限界があるんじゃなかろうか、とか思います。

投稿: cametan | 2009年9月16日 (水) 08時08分

Linuxの強みは、多様性だと思うんですよ。強力なコマンドもあれば、使いやすいGUIもある。いろいろあるからおもしろいし使えるわけですよね。で、その多様性のなかに、「GUI派のためのディストリビューション」があってもいいと思うんです。それがUbuntuでも私としてはかまわないのですが、たぶん開発側の事情として「このディストリビューションはGUI派のものです」とはいえないのだろうと思います。
だったら、「コマンド封印」を掲げたディストリビューションを別につくってもいいんじゃないかと思うんですよね。基礎から作ろうと思ったら不可能かもしれないけれど、Ubuntuベースの改変ならできなくはないんじゃないかと。GUIbuntuとか、だれかやらないですかね。

投稿: 松本 | 2009年9月16日 (水) 09時32分

向こうの議論に乗り遅れたので、一人寂しく書いてたわけですが。(笑)

たぶん、ですが、必要なのは、コマンドのGUIラッパーじゃないんだと思うんですよ。
たぶん、探せば、ほとんどのコマンドのGUIラッパーがあるんじゃないかと思います。
#ddはなかったけど。

まあ、結果的にはコマンドを駆使することになりかねないんですが、たぶん、みんなが一番必要としているのは、GUIの設定ツールなんだと思うんですよね。
例えば、xorg.confは、テキストで編集できますが、設定用のコマンドもありますが、これをGUIで見た目を確認しながら設定したいんだと思うんです。
例えば、Windowsのコントロールパネルですね。
マウスを設定しようと思ったら、usbに接続されているマウスの情報を読み取って、なんてマウスが認識されているのか画面に表示してくれて、チェックボックスとか、スライダとかで設定したい。
たぶん、要望としてはこっちが大多数なんじゃないかと。
なので、コマンド封印とかじゃなくて、GUIでの詳細な設定手順と、それを実現するためのプログラムこそが求められているんじゃないのかな、と。

何度も書いてますけど、PCのOSを差し替えるような人々なので、OSの設定を行うこと、そのものは忌避されていないと思うんです。
でも、その設定が、テキストファイルによる設定で、間違えると起動しなくなったりする。
これが最大の問題なんじゃないのかな、と、そう思うんですよ。
GUIでチェックボックスとか、ドロップダウンとかスライダで設定して、OKとか適用押すと、一応最低限のチェックはしてくれて、それから設定を書き出してくれるGUIの設定ツールがあれば、たぶん、もう少しLinuxの印象は良くなるんじゃないのかな、と。

GUIを持つ大多数のツールは、その手のオプション設定をGUI化してくれるから便利に感じるし、解り易く思うんですよね。
いくらX上のツールでも、設定はテキストファイルです、なんてツールは、やっぱり使い難いし解り難いっていわれると思うんです。

なので、例えばCompizの設定ツールのようなものが、せめてUbuntuの標準的(にインストールされている)機能に間しては、GUIで設定可能になっていて欲しい、ってのが一番の要望なんじゃないのかな、とかね。
例えば、ブラックリストとかでドライバを無効にできますけど、あれもドライバの一覧画面があって、チェックボックスで設定したいですよね。
必要なのは、コマンドのラッパーじゃないと思うんです。
#繰り返しですけど。

コマンドその物は、別にあってもいいし、使いたい人が使えばいいんですけど、テキストで編集しないと設定できない、ことが一番の不満じゃないのかな、そう思うんですが。

で、なんとなく、ですがKDEが人気が高かったのは、KDEは、この辺を設定するGUIツールが結構揃ってるんじゃないのかな、と想像します。
#使ったことないんで。
まあ、この手は、本来、DEで責を負うべきところなので、もう少しGNOMEとかKDEに頑張ってもらいましょうか、ってところですかねぇ。

投稿: かおりん | 2009年9月16日 (水) 21時05分

>たぶん、ですが、必要なのは、コマンドのGUIラッパーじゃないんだと思うんですよ。

そうですね。ffmpegに対するWinFFとか、svnに対するRapidSVNみたいな感じで。

>GUIを持つ大多数のツールは、その手のオプション設定をGUI化してくれるから便利に感じるし、解り易く思うんですよね。

ホント、オプション多すぎるんですよね(笑)。しかも様式一定してませんし。
manコマンドで見ればいい、って人もいますが、中にはmanさえ用意されてない場合があったりして(笑)。

前にも書いたと思うんですけど、例えばプログラミング言語のヴァージョン番号調べるのに-vなのか、-Vなのか。アプリケーションによって違うわけですよ。
もちろん、ヴァージョン番号調べるくらいでこのオプションだと「差」は大して無いんですが、こーゆーのが「積もり積もっている」わけなんです。
事実上、UNIXのコマンドラインって「特に一貫性はありません」。つまり、そう言うのを無視しておいて「コマンドラインが是」って論調にはちょっと同意出来ないわけです。
このオプション操作、とかがGUIで出来ればありがたいのに、とか思うんですよね。機能的な話を考えると。

>で、なんとなく、ですがKDEが人気が高かったのは、KDEは、この辺を設定するGUIツールが結構揃ってるんじゃないのかな、と想像します。

なんか、松本さんのコメント読んでてちょっと僕も思ったんですよね(笑)。

「あれ、これってKDEなら実装してない?」

と(笑)。ある意味GNOMEって遅れてるのかもしれませんね。

いや、でも僕はKDE嫌いなんです(笑)。

投稿: cametan | 2009年9月16日 (水) 21時59分

オプション文字列って、一文字で表現が多かったですからねぇ。
最大でも26個(笑)
#ま、長いオプションがありますけど。

コマンドの引数もそうですけど、それよりも的すとの設定ファイルが厄介なんだと思いますよ。

KDE使いの人が、その辺解説して、GNOMEにも展開してくれればいいのに。(笑)
#いや、ワタクシもKDEはちょっと。

投稿: かおりん | 2009年9月16日 (水) 22時32分

>オプション文字列って、一文字で表現が多かったですからねぇ。
>最大でも26個(笑)
>#ま、長いオプションがありますけど。

今まで見て、一番酷かったのが上にあげたffmpegでしょうね。ビデオ形式のコンバータなんですが、解説読んでもちっとも分かんない。

お家で使うLinux:
http://shino.pos.to/linux/ffmpeg.html

もう何じゃこのコマンドラインの長さは、と(笑)。どれがコマンドライン引数でどれがオプションでどれがどう言う「作用」があんだかチンプンカンプンです(笑)。
実は、ある種、「ビデオをパソコンで扱える」くらいに来て、コマンドライン操作、ってある種限界なのかな、って言う良い例ですよね。UNIX登場当時は、テキスト編集さえ出来れば良かった世界なんですが、今、日常用途で「要求される」作業って当時の環境を越えてるワケですよ。想定外。従って、どう考えても「限界」があるわけです。
(ある意味、GUIが出たからこそ、「ビデオをPCに取り込む」ってアイディアに繋がったわけでしょうし)
もう一つ言えるのは、CLIのソフトの作者の「感性」ですよね。一体これ作った本人は、確かにコンバージョンの知識とかもの凄いわけですけど、問題は果たして「これで使いやすい」って本当に思ったのか(笑)。
実はCLIのアプリケーションの作者こそ「アプリ設計の」センスが要求されるんじゃないのかな、とか思います。例えばGUIってのはインターフェースの「雛形」ってのが結構決まっていて、ある種定形なんですよね。操作感から言うと。定形パターンさえ守ればそこそこイケるワケです。反面、CLI「こそ」実は作者のセンスが問われるのでは、と。
このffmpegは作者が「アレも出来るこれも出来る」って詰め込んではいるんですが、果たして「作成物」ってのが「使いやすい」って本当に作者が思えたのか?思ったとしたら「狂ってる」って事でしょう(笑)。
TeXの例もありますけど、どう考えても「奇々怪々」の設計の「酷い製作物がある」とか言うのを知るべきですよ(笑)。CLIファンの人は。TeXなんて大学とか勤めて「暇がある」人じゃないと使えませんよ(笑)。マジな話で(笑)。結果、暇人向けのアプリですよね。

ちなみにWinFFの作者はやっぱりffmpegの「奇々怪々」なコマンドに辟易してWinFFを作ったそうです。

投稿: cametan | 2009年9月16日 (水) 23時22分

ffmepg等々動画関連はね。(笑)
まあ、CLIでオプション増えてくると、定義ファイル食わせる形式になるのが常套なので、ffmpegもそんな感じじゃないんですか?
#すぐにWinFFに行った軟弱者が言ってみる。

変更されるファイル名等のみ、引数で渡して定形オプションは定義ファイルってのがCLIだと普通かと。>アプリ設計

例えばAviddemuxのCLI版なんかは、そういう設計ですよね。
しかも、定義をGUIから作れるという優れもの。
#単なるjsファイルだったりしますが。

まあ、こういうツールの類はセンス云々言われると厳しいところはありますけど、確かにGUIよりは、「使い勝手」を気にしたオプション設計は必要でしょうねぇ。
#どんだけデフォルト値をとるか、とか。
#Linuxだとデフォルト値を定義ファイルに書いとく形式が普通か?
#/etc/AppName/defaultでしたっけ?

投稿: かおりん | 2009年9月16日 (水) 23時29分

>#すぐにWinFFに行った軟弱者が言ってみる。

ああ、僕もすぐWinFF見つけてそっちに移動しました(爆)。
9.04からかな?レポジトリに登録されるようになったんですけど、それ以前はGoogle Codeかな?確かそっちから入手しないとならなかったんですよね。
作者がdebパッケージとか用意してくれていて、ありがたかったです。

>#単なるjsファイルだったりしますが。

js使えますねえ。いや、そーゆーの聞くと、jsの「便利さ」と共に、製作者の「頭の良さ」ってのが分かります。

何だったかな?多分、WindowsでのminGWのインストールだったと思うんですけど……。
minGWとかやっぱ設定かなりメンド臭いんですよ。Visual C++とかに比べると破格の難しさだと思う。
んで、探してたら次のようなサイト発見したんですよ。

MinGW のインストール:
http://www.knatech.info/Dev-mingw-install.html

ここで「自動設定スクリプト」ってのを配布してるんですけど、これって凄えな、とか思って(笑)。
これも*.jsなんですよ。これをクリックすると当然ブラウザが立ち上がって、ブラウザ経由で設定出来るようになってるんです。
いや、人によっては

「これは単なるハックだ。やっぱりGUI設定するならSDLを使って……。」

とか言うかもしれませんが、充分目的は達してる、んですよね。
しかもブラウザで色んな入力を行う、なんてのはPC持ってる奴等は誰でもやってる事ですし、そーゆー意味では「直観に反していない」。それでいて、設定ファイルを弄くったり、DOS窓で潜っていく必要もないわけです。
jsも凄いんですが、ここに気づくこの製作者もアタマいいな、とか思って(笑)。

考えようによっては、従来のGUIラッパー「じゃなければ」ってこだわる必要もない、んですよ。ブラウザ「こそ」新しいインターフェースで端末だ、って言う言い方も出来るんですよね。
こーゆーjsベースのツールも……そうねえ、Ubuntuで増えれば面白いかも(笑)。wxWidgetに頼るより簡易にブラウザ使って「GUIラッパーもどき」が作れちゃうでしょうし。

>こういうツールの類はセンス云々言われると厳しいところはありますけど、確かにGUIよりは、「使い勝手」を気にしたオプション設計は必要でしょうねぇ。

これ、ffmpegの例とか見ると「UNIXが目指した場所ってどこなんだ?」とかちょっと思うんですよ。
UNIX生まれじゃないEmacsの「複雑怪奇性」って良くやり玉にあげられるわけですけど、実際このffmpegの使い勝手、ってEmacsより酷いんじゃないのか、とか思います(笑)。充分複雑過ぎますよね。

投稿: cametan | 2009年9月17日 (木) 01時06分

まあ、それらを発展させた形で登場するのが、ChromeOSなんだろうとは思うんですけどね。
ブラウザで、基本なんでもやりましょうよ、と。
少なくとも管理者権限で、いろんな設定しないと動作しません、にはしないんだろうと思うんですが。

まあ、件のjsファイルに関しては、「実行可能な設定ファイル」って考え方に、目から鱗でしたけどねぇ。(笑)
コアなエンジンがあれば、あとはパラメータ渡していくだけだから、言語的にスクリプト化出来た方がそりゃ便利なんでしょうけど。
ひとつの処理をさせて結果を受け取って、って設定が出来ますからね。
ま、でも、この手の設定ファイルだと、なかなか自分で一から書くなんてできないですけどね。(笑)

投稿: かおりん | 2009年9月17日 (木) 01時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/46224077

この記事へのトラックバック一覧です: まあ、そんなもんかも知れませんね。:

« メインマシンをSSD化。 | トップページ | ちょ速。(笑) »