« Xubuntuを試す。 | トップページ | USB起動Ubuntuの罠。 »

Screenletsとウィジェットレイヤ

Compizの機能にウィジェットレイヤというのがあります。
これ、Screenletsと組み合わせると、非常に強力な機能となるようです。
画面が広いデスクトップPCではあまり恩恵は感じませんが、ネットブックなどの画面が狭いPCで使用すると便利かな、と。
ネットブックなんかの場合、ブラウザ等々はフルスクリーンで使用としていると思います。
画面が狭いので、これはもう仕方ない。ワタクシもフルスクリーンというか、最大化して使用しています。
で、最大化していると、じゃあアプリの起動とか、アプリの切り替えとかって場合に、ちと面倒。
メニューアクセスは、そもそもパネルを自動的に隠すにしているので、まあ、これまではさほど不便は感じてなかったんですが、Screenletsにもメインメニューの機能があり、デスクトップの任意の位置にメインメニューを配置出来ます。これで、いちいちパネルを表示しなくても、メインメニューが表示できます。

ウィジェットレイヤにしとくと便利なのが、以前に紹介したApplicationsとPlaces。
まあ、ランチャなわけですが、ウィジェットレイヤの表示を画面のコーナーとかに設定しておくと、アプリを最大化していても、ランチャに簡単にアクセスできて便利なんですよね。
まあ、Cairo-Dockでも同様のことが可能なわけですが、あれは動作が派手な分、重かったりするので。(^^;
#ま、ワタクシは併用しますけど。
それと、ウィンドウリストのScreenletsもあるので、こちらもウィジェットに指定しておくと、最大化したアプリケーションの切り替えが楽に出来ます。
アスワンのようなネットブックで、タッチパッドを使ってると、なるべくマウスの移動は大雑把に行いたいし、タッピングだけで済ませたいので、通常のデスクトップの上に重なる、操作可能なレイヤってのは、非常に便利ですね。
もう、何年もScreenletsを使ってるのに、ネットブックを使い始めて、ようやくウィジェットレイヤの便利さに気付くことが出来ました。(笑)
メインメニューの機能や、ウィンドウリストの機能なんか、なんでこんな機能がわざわざScreenletsで存在するのか疑問だったんですが、ようやく理解できた気がします。
まだまだ隠された便利機能があるかも知れません。(爆)
#いや、誰も隠してないから。

まあ、他にも、普段は見えてて欲しくないけど、見たいときだけ、ステータス表示とか、ウィジェットレイヤの使い途はいろいろとありそうな感じですよね。
---------- 追記 ----------
とりあえず、ウィジェットレイヤ使用を前提とすると、ウィンドウリストに問題があることが判明。orz
ツールチップでウィンドウタイルとを表示しているんですが、ツールチップが表示された途端にウィジェットレイヤが終了します。
とりあえず、ワタクシの手元では、ツールチップを表示させないように修正して、回避していますが、これだと、多数のアイコン(ファイルマネージャとか)が並んでいる時に、どれがどれやら解らないという問題があり。
ちょっと手探りで対策中。
まあ、使えないことはないので、このままって手もあるけど、使いにくいのは本末転倒なので。
---------- 追記2 ----------
とりあえず修正しました。
他に手がなかったので、アイコンの下部にウィンドウタイトルの表示領域をつけて、クリックされた時に、ウィンドウタイトルを表示するようにしてしのいでいます。
本格的な対応は、製作者によるバージョンアップを待つか、ワタクシが気が向いて作成するまで待つか、ですかねぇ。(笑)
必要な方がいらっしゃいましたら、コメント頂ければ、アーカイブをアップするようにしますけどね。
完全な対応ではないので、ブランチとも言えず、公開する気にならないので。(^^;


|

« Xubuntuを試す。 | トップページ | USB起動Ubuntuの罠。 »

Ubuntu」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/46279297

この記事へのトラックバック一覧です: Screenletsとウィジェットレイヤ:

« Xubuntuを試す。 | トップページ | USB起動Ubuntuの罠。 »