« ごめんなさい。 | トップページ | Python:gladeで作られたXMLをソースコードに取り込む »

Ubuntu Oneを使ってみた。

9.10のα版を試してたら、Ubuntu Oneが入っていたので、メインマシン、アスワンにも入れてみた。
なんか、最初うまく入らずに、同期も取れない、Webにも反映されない、なんて状態だったんですが、昨日かな、アップデートがあって、再起動後に、使えるようになったっぽい。

使い勝手というか、仕組みはDropBoxと同じみたい。
無料版だと2GBの容量が貸与されるのも、同じ。
90日間アクセスがないとファイルが削除されることがある、だったかな、これも同じじゃないかなぁ。
まあ、大事なファイルは置かないようにしましょうね、ってことか。
#置かないけどさ。

DropBoxが複数PCでのファイル共有が便利なように、Ubuntu OneもUbuntuPC間でのデータの共有は便利になるんだろうね、と思います。
デフォルトで入っているので、Launchpadのアカウントさえ取ってしまえば、本当にすぐに使えるようになるわけだし。
そういう意味ではDropBoxよりも手軽だけど、当然のようにWindows番のフロントエンドがない。(笑)
なので、WindowsPCとUbuntu間でデータ共有をしたい場合には、面倒でもDropBoxのアカウントを取った方がいいんじゃないかな。

使い方としては、例えば、家庭内ファイルサーバ等を置いているリッチな環境ならともかく、ごくごく普通にせいぜい家族で使ってるPCが複数台ある、程度の場合には、常にアクセス可能なファイルサーバなんてないわけで、例えば家族旅行の写真とか、そんなのをUbuntu Oneで共有しとけば、サーバの電源が入ってなくてアクセスできない、なんてこともないし、更新されたらきちんとデーモンが処理してくれるしで、あんまし難しいことを考えずにファイル共有が可能なので、便利じゃないか、と。
普通にファイル共有しても同じようなことはできるんですが、共有元のPCが起動してないと、当然アクセス不可なわけで、アクセスする時に、そういやPC起動してたっけ?なんてことを気にしないとならないですよね。
UbuntuOneさえ使ってれば、その辺は気にしなくてよくなるので、あたかも家庭内ファイルサーバがあるかのようにファイル共有が可能なわけです。
容量が2GBと少し寂しい気もしますが、動画の共有なんてことをしなければ、例えばjpegファイル程度であれば、100枚程度は余裕で収まりますし、一時的な共有領域と考えれば、十分じゃないのかな、と思います。
動画共有とか、資料の倉庫みたいに使いたいのであれば、別途ファイルサーバを立てることを検討した方が使い勝手はいいと思いますしね。
#こういうのとは用途が違うでしょ、と。

Webからアクセス出来るので、例えば出先で誰かのPC借りてファイルだけ取得するなんてことも可能なので、クローズドなファイルサーバよりもデータの共有という観点では自由度が高いかも知れません。
#もちろん、家庭内ファイルサーバをVPNを使って外に公開することもできると思いますが、敷居の高さが桁違いです。

ワタクシはDropBoxで、例えば、以前にエントリにしたJDの.ファイルを共有したり、アスワンとメインマシン間でシェルスクリプトを共有したりする場合に、使ってたりします。
あとは、Anthyのユーザ辞書とか学習結果を保存する場所に使ってますかね。
共有したいPCが起動してようとしてまいと関係ないので、こういう使い方には向いてるんだと思います。
まあ、.ファイルとか共有する場合には、バックアップも忘れずに、ってところではありますが。

クラウドが流行りですが、この手の便利な環境が標準で利用出来るようになるのは歓迎すべき点ですよね。
インストールとかしなくても済むだけでも、UbuntuOneには価値があるような気がします。
#ってインストールは要るんだっけか。

もしもまだ導入していない方がいらっしゃるのであれば、9.10の導入を機に試してみては如何でしょうかね。
端末一台だけしかないから、イラネなんてひともあるかも知れませんけど、容量の小さな、外付けデバイス代わりにもなるので、そういうひとにも便利だと思いますよ。
---------- 追記 ----------
Ubuntu Oneって、変更されたファイルの履歴管理の機能がない。
まあ、なくても困らないけど、DropBoxには、いつ削除されるか、保持期間の保証がない、とはいえ、変更履歴の管理は行える。
これは、結構人によっては大きな差と感じるかも知れないなぁ。
イマサラ気がついたくらいなので、ワタクシにはさほど重要な点ではありませんが。

それと。
なんか、Ubuntu Oneフォルダ直下に置いたファイルは同期の対象外っぽいんですが、こういう仕様ですかね?
ドキュメントとかちゃんと読んでないので、仕様すら解らずに使ってみてますけど。
作成したフォルダは、きちんと反映されるし、フォルダの中身も共有されるっぽいんだけど、直下のファイルはWebには上がるけど、他のクライアントPCには反映されないっぽいんですよね。
バグなのか、仕様なのか。
仕様だとしてもいいんですが、そこは解るようにして欲しかったなぁ。
一方で、Webには反映されるのに、クライアントに落ちてこないって動作は、どっちかがバグな気がする。(^^;
#統一されてないから混乱するので。
---------- 追記2 ----------
今見たら、Ubuntu One直下のファイルも同期された。
どうも、同期タイミングの方に問題があるみたい。
なんか不具合っぽいね。
そのうち修正されるかな。

|

« ごめんなさい。 | トップページ | Python:gladeで作られたXMLをソースコードに取り込む »

Ubuntu」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/46317386

この記事へのトラックバック一覧です: Ubuntu Oneを使ってみた。:

« ごめんなさい。 | トップページ | Python:gladeで作られたXMLをソースコードに取り込む »