« screenletsのカレンダー | トップページ | アスワンにもemerald導入。 »

kubuntuを試してみる。

9.10のβ版でKubuntuを試してみた。
KDEが4.3.2になって、かなり安定したとの話もあり、画像を見る限りでは、かなり綺麗な画面で、ちょっと使いたくなった、ってのがその理由。
これまで、KDEはGNOMEと比べると、GUIの挙動がかなり異なり、Windows慣れしているワタクシには違和感のある操作性だったので、敬遠してたわけですが。

どこかで見た画像では、タスクバーに相当するパネルが透過処理されていたんですが、VirtualBoxでは、透過処理が有効にならない。orz
調べてみたんですが、VirtualBox側の問題っぽい。
実機にインストールすれば、たぶん、綺麗に透過するんだと思うんですけどね。

実は、そのタスクバーの透過が、ワタクシ的にミソだったので、これが実現できないのが解った途端、使おうという気持ちが萎えてしまいました。(^^;

なので、そのまま放置しています。

ちょっと、へぇと思ったGUIにマウスカーソルがあります。
Ubuntu標準のGNOMEと比較すると表情豊かというか。
マウスカーソルが、結構頻繁に切り替わり、ある意味操作のガイドになってくれます。
アプリケーション起動時のウェイトカーソルも凝ってるし。
GNOMEでもやろうと思えばできるんだとは思うんですが、標準でこれだけきめ細かにアクションをしてくれると、これだけでも楽しくなるな、と思いました。
GUIでは、結構細かい部分の視覚的なガイドが重要で、ユーザーがまよいなく操作するために、マウスカーソルをガイドにする、KDEのやり方というのは、ちょっと目から鱗でしたね。
Windowsも凝ったアニメーションカーソルがありますし、カーソルの位置でマウスカーソルを変化させるのは、当たり前にやっていますが、それでもKDEのマウスカーソルの解り易さの方が一枚上手に思います。
GNOMEも変わってると思うんですが、記憶に残ってないので、あまりにWindowsライクで、気がついてない可能性があるな、と。

もちろん、マウスカーソルを変更するのは、アプリケーション側の責任が大きいのですが、標準の状態でウィンドウマネージャとかが、きちんとそれに対応しているのは素晴らしい、と。
KDEファンが多いのは、カスタマイズの自由度だけじゃなく、こういう操作ガイドが優れているところなのかな、と思いましたね。

GNOMEの方がシンプルで直感的だな、という意見は変わらないのですが、KDEでは、そこを補う操作ガイドが充実しているのかも知れません。

ま、そんでもやっぱり操作性に馴染めないので、次もやっぱりGNOMEかな。(^^;


|

« screenletsのカレンダー | トップページ | アスワンにもemerald導入。 »

Ubuntu」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

> どこかで見た画像では、タスクバーに相当するパネルが透過処理されていたんですが

あれは3Dが有効な環境じゃないとできません(GNOMEでいうところのcompizの機能になっちゃうので。
残念ですが パネルを透過させるためにも さっそく実機へKubuntuを導入しましょうw (爆

操作性が違いすぎてやっぱり...ということですが、操作性そのものは悪くはないと思いますよ。第一操作性なんて慣れが大部分を占めますからねw
ただまあKDEが初心者にやさしくないことは事実ですね;便利な機能が多い分、それらを充分理解した上で自分のスタイルにあったカスタマイズをしなくちゃなりませんから。そう言うところは某窓なんかとはよく似ていると言えますけどね。

まあKDE自身GNOMEの退屈さに飽きた人たちが使うおもちゃですからw
GNOMEに満足している人がわざわざ使う必要はないですね(^^

ただVirtualbox上と実機では、KDEの場合モッサリ度が結構違うので、一度実機で試すことをお勧めしますよw

投稿: わさびー | 2009年10月10日 (土) 15時55分

コメントありがとうございます。わさびーさん。

>操作性そのものは悪くはないと思いますよ。

操作性その物は、悪いとは思わないのですが、個々の動きに慣れがないので、違和感があるってことなんですよね。
ようは、こう操作したら、こういう結果になるだろう、という予測と異なる結果になる、ってことです。
なので、ワタクシには使いにくいって感じですかね。
もちろん、GUI含むUIは慣れの部分が大きいので、慣れてしまえばそこまで、ってところはあるんですが、Windowsとも操作のイメージが大きく違うので、慣れるまで時間がかかりそうですしね。
特にWindowsと操作のイメージが大きく異なるのが、見た目が似ているだけに致命的だったなぁ、と。
#特に昔のバージョン。今は見た目から異なりますけど。
なんか、似た挙動のGUIがない気がします。>KDE
独自の文化を築いているのかな。
なんか知ってます?

こういう、想像と違う結果になるGUIって、やはり難しくて、例えば現実の世界のメタファになってるのであれば、まだ想像しやすい部分もあると思うんですが。
#タブとか好まれるのは、そういうところでしょうけどね。


>それらを充分理解した上で自分のスタイルにあったカスタマイズをしなくちゃなりませんから。

カスタマイズ前提で話されることも多いKDEですが、操作のイメージがついているのであれば、多くのカスタマイズは不要ではないかと思いますよ。
というのも、今回触った限りでは、GUIのポリシーは一貫しているので。
#この点が、操作性は悪くないだろう、と想像する理由だったりします。
逆に下手にカスタマイズしてしまうと、元の求めていた操作のイメージから離れた操作性を構築することになり、そもそもKDEじゃなくなっちゃう可能性もあるんじゃないかと。
まあ、そういうことが可能なのがKDEのウリかもしれませんけど。(^^;


>そう言うところは某窓なんかとはよく似ていると言えますけどね。

う〜ん、Windowsはカスタマイズ前提にはなってませんし、新しいGUIの方がより初心者向けになってるような気がします。
#Vistaとか7とか。
これまでもMSは、誰でも直感的に操作可能なGUIを考えてきていますし、より現実世界でのイメージに近づける努力はしていると思うんですよね。
逆にカスタマイズしたがる人たちは、昔からPCを使ってる人たちの方が多く、「これまでと違うから、これまでと同じ操作を」という、どちらかというと保守的な考えの方が多いような気がしています。
特に新しい7なんかは、かなり直感的な操作になってると思いましたけど。
#まあ、この辺は意見が異なるひとが多いような気がします。(爆)

ああ、もしかしたら、KDEのイメージってVista以降に近いかも。


>ただVirtualbox上と実機では、KDEの場合モッサリ度が結構違うので、一度実機で試すことをお勧めしますよw

かなり違いますかね。
仮想環境上でも、さほどモッサリ、という印象は受けなかったんですけど。
意外にきびきび動くな、とは思ってまして。
下手すればAtom機よりも、メインマシンの仮想環境の方が動作が速いくらいなんですけど。(^^;


投稿: かおりん | 2009年10月10日 (土) 17時39分

> 独自の文化を築いているのかな。

確かにそうですねw ここまで「カスタマイズ性」に富んだデスクトップというのは他にはないかもしれません。そういう意味でWindowsと比べたときに違和感を覚えるのは当然だと思います。
ですが、WindowsとKDEって直感的な度合いでみるとほとんど同じなんだと思いますよ。ただベクトルが違うだけで。
たとえばDolphinとVistaのエクスプローラを比べたとき、Dolphinだと「なんでサイドペインがウィンドウから離れるんだよ」とか「ファイルにマウスを載せたときのプラスは何?」みたいになりますけど、エクスプローラだって「下の変なスペースはなんだよ」とか「サイドペインにフォルダツリーまで押し込められてて狭い!」とかなると思うんですよ。
ただ慣れてるんで分からないだけだと思うんです。ただDolphinはOSで遊びたい人向けのベクトルを向いていて、WindowsはOSに時間をかけたくない人向けのベクトル向いているんです。
だから両方とも元から多くの機能を持っているのは同じで、Winは少々使いにくくなっても全機能をはじめから見えるところに置いている。KDEはカスタマイズして使い手に合わせた使い方ができるようになっているんだと思います。
# Winの場合少しでも見やすくするために機能の分類を重ねて、全容がよく分からなくなってる気がします。。。

僕としてはKDEのプロ志向な方が好きなんですけどね(^^;


> 特に新しい7なんかは、かなり直感的な操作になってると思いましたけど。

Win7、なんだか前評判がすごくいいようでw
# 僕は使ったことないんですけどね; 一番はじめにWin7のスクリーンショットが公開されたときに「モロKDEやないか!!」って思って以来なんとなく興味がなくなったので(^^;
僕としてはkarmicとwin7が対抗するぐらいになれば…!、と密かな妄想を抱いていたんですが、どうも厳しそうですね(^^;

> 仮想環境上でも、さほどモッサリ、という印象は受けなかったんですけど。

全体的な速度自体は変わらないと思いますが、KWinとかがあるので実機の方がかなりスムーズな感じです。(あくまで僕の環境は、ですが)
特にKDEはフェードとか、そういういらん効果を使いまくってるので(^^;

投稿: わさびー | 2009年10月10日 (土) 19時18分

>WindowsはOSに時間をかけたくない人向けのベクトル向いているんです。

まあ、これが本来のOSのあるべき姿であるとは思いますけど。


>僕としてはKDEのプロ志向な方が好きなんですけどね(^^;

上記に絡むんですが、「プロ志向」の「プロ」が何を指すかに依るんですが、ワタクシの例でいうと、開発の現場等だと、驚くほど、素のままのWindowsを使ってますよ。
エディタ等は、それでも何割かはメモ帳以外のツールを使ってる人もいますけど、基本は会社から「与えられた環境」から何も変えないで使います。

まあ、ひとつにセキュリティ関係やライセンスの関係で、任意のツールを入れることができない、という縛りもありますし、エンドユーザーの環境には「自分の開発環境はない」という制限があるため、リリース後のメンテナンス等で、「素のWindows」で作業できないと困ることも多く、手っ取り早く「いつも素の環境を使う」ことで「慣れてしまう」という側面もあります。
カスタマイズ等々行ってる人は、むしろ開発の現場よりは、常に同じ環境を使える総務とかの事務方の方が多いかもしれません。
#あと、エンドユーザーのところに行かない、「本当に開発だけしてるひと」とか。

とまあ、そういう話もあり、わりと常日頃「デフォルトが重要」ってことを主張しているわけですが。(笑)
標準で使い勝手がよくないと、「使えない」んですよね。(^^;
#ちなみに、標準の範囲でカスタマイズ可能だとして、エンドユーザーの環境で、それをやって戻し忘れると最悪なので、まず設定は触りません。

まあ、「プロ」がSEとかプログラマとか指すんじゃなければ、上記は忘れてくれていいですけどね。


>僕としてはkarmicとwin7が対抗するぐらいになれば…!、と密かな妄想を抱いていたんですが、どうも厳しそうですね(^^;

難しいでしょうねぇ。UbuntuやKubuntuがダメということではなく、どうしても一般ユーザーはWindowsの方に目が行くので、Windowsが良くなってしまうと、対抗は難しいんじゃないでしょうか。
まあ、この辺は単に知名度の問題だけ、とは思いますけど、「良いから普及する」ってもんでもないんですよね。
まあ「悪貨は良貨を駆逐する」ですか?(笑)
Windowsがダメとはいいませんが。よく出来てますよ、Windows7は。
ワタクシはVistaの外観が気に入ってるので、ほぼそのままのWindows7は、かなりよいと思ってます。
出来れば、仕事で使いたいですねぇ。(笑)


>特にKDEはフェードとか、そういういらん効果を使いまくってるので(^^;

ああ、視覚効果が多いんですか。
なら実機に入れないと、真価は解らないでしょうね。
う〜ん、試すにしても、ドライブが足りないなぁ。

投稿: かおりん | 2009年10月10日 (土) 20時16分

一番最初に触ったLinuxはKnoppixだったんですよね。
その頃はKDEだったんで、「KDEのモッサリ感」ってのがかなり嫌で(笑)。
あと、タスクバーが「やたら太い」ってのが嫌だ、とか思いました(笑)。

あれから大分経ったんですが、やっぱり積極的にKDEを触りたい、とは思いませんね(笑)。
GNOMEで十二分と言うか。
多分上で議論してる通り、「カスタマイズ」で考えるとKDEなんですよ。反面、GNOMEはそこに魅力が無いんでしょう。
Fedoraだろうが、Debianだろうが、Ubuntuだろうが「GNOMEデフォルト」だと見た目そこまで差が出ないまた出せない。
Linus Tovalds氏はKDEの方が好きで「カスタマイズ性が低いGNOMEはクソだ」的な発言してたと思うんですが(笑)、かと言ってKDE採用ディストロでもデフォルトで差があるか、っつーとそうでもないんですよね。
まあ、「カスタマイズの余地を残してる」と言う解釈も出来ますが、本気で能力証明したいなら、Gentoo系のSabayonくらい凄くやんないとあんまりインパクト無いんですよね。
Sabayonは凄かったです。「ああ、KDEってここまで出来るのか」と言うようなカスタマイズされたデフォルトがとにかく凄くって。
んで、「KDEってここまで出来るんだ!!!」と感心したんですが、逆に言うと、「かなりイジらないと」凄く思えない、ってのも事実なんですよね(笑)。
僕もかおりんさんの意見に賛成で、「まずはデフォルトでどうなのか」ってのが基本だと思います。「カスタマイズ性はオプションである」のが前提で、ここを前面に出して強調する、ってのは実は戦略的にも失敗なんですよね。
Linux「自体」が結構そう言うミス犯してますけど。

KDEは結構良いアイディアがあって、例えばsudoが必要な局面があった場合、自動でパスワード入力欄がポップアップで表れる、とか。そう言う部分は「痒いところに手が届く」設計してんな、とか。わざわざ端末開かなくても良かったりしますし。
Ubuntu Tweakでそう言う機能がありますが、GNOMEでこれってデフォルトじゃないんですよね。
この辺、KDEは意外と先進的だよな、ってのが実感としてあります。

が。
このKDEの「先進性」が同時にガンなんですよね(笑)。実験的であって実用的にはどうなんだ、と言う部分があって。
わさびーさんがブログに書いてた通りだと思うんです。
KDEで一番何がダメで癪に障るのか、と言うと、どー考えてもKonquerorなんじゃないか、とか思います(笑)。アレがダメ、なんですよ。
あれが実はKDEの「特徴」と言っても良いんじゃないか、と思います。全てのKDEの性質がアレに集中している。かつ、「一番使わざるを得ない」のがKonquerorなんですよね。ここで決定的にKDEの評価が決まってしまう。
アイディア的には美しいんですよ。要するに「ブラウズする」って意味ではハードディスク上のファイル/ディレクトリをブラウズしようとWebをブラウズしようと原理的には同じなんですよね。そこで「単一アプリケーション」でそこを賄おう、と言うアイディア「自体」は素晴らしいんですよ。Windowsで言うIEとExolorerを纏めてしまえ、と。着眼点は素晴らしく良い。
ただ、「着眼点だけ」なんですよね(笑)。もうKDE触ってなくって久しいんですが、例えばKnoppix使ってみた当初では、JavaScriptの解釈がKonquerorじゃ全然ダメで。Ajaxとか解釈してくんないんですよ。Google使うにせよ障害が出るわけですし。Knoppixは当初はKonqueror以外のブラウザって持ってなかったんで、結局「Webがまともに見れないブラウザが付いてる」だけで(笑)。これじゃダメだろ、と。
要するにunifiedのアプリケーション、って着眼点は良いんですが、結局「機能として」中途半端だ、と。結局、その「中途半端」なんだけど、一番使われるアプリケーションがKDEデフォルトだ、ってのが痛いんですよね。かつ、「統一アプリ」って意味では、これに例えば「付け加える」って意味でFirefox入れるとしても、設計思想的には相反するわけでしょ(笑)?それをさせたくないが為のKonquerorだったんじゃないのか、と(笑)。

この辺で、見た目Windowsに影響受けてますが、実際「実験的なハッカーのおもちゃ」以上じゃなくなっちゃうんですよね、KDEって。「素直じゃない」のがウリになってしまってるのです。

とか言うのが僕のKDEに対する印象批評なんです。

投稿: cametan | 2009年10月11日 (日) 23時43分

結構、KDE好きってひとが多いように見受けられますが。
ブログとか見てると。
なんか、これまで安定感に欠いてたみたいなんですが、KDE4.3.2で良くなった、と。
カスタマイズは出来ても良いですが、それが売りにはならないと思うんですよね。
これはcametanさんと同意見ですけど。

Konquerorは、触ってないので、正直解らないんですが、WebKitベースではない、時点で今のWebには合わないでしょうね。
まあ、なんでもブラウザって考えはいいんじゃないでしょうか。
あれこれ操作を覚える必要がないぶん、とっつき易いわけですし。
これ、KDEが先なのかMSが先なのかは解りませんが、IEは、まさにそうですよね。
なんでもブラウザ。
まあ、Explorerと実体同じだから当然ですけど。(笑)
#IE7/8でどうなったかは解りませんけど。

ただ、自宅で弄くる分にはKDEは面白いんでしょうね。
細かいところまである程度自分の思い通りにできるんでしょうから。
でも、そういうのは、ただ「使いたいひと」には厄介なだけなんですよ、やっぱり。
単に面倒。最初から、何も考えずに使えないとダメ。
仮に、KDE標準ではどうなの?って状態でも、ディストリビューションのデフォルトは、それなりになってないと。
例えば、Konquerorは使わずに、Chrom入れるとかね。(笑)
#ま、たぶんNGだとは思いますけど。

操作性に関して、かなり弄くることが出来るなら、ディストリビューションの個性出すにはいいDEってことになりますよね。
極論、Windowsと同じ操作性だって実現出来るかも知れない。
#ま、たぶん可能なんでしょう。その上で見た目がよいってアピールはありだろうな。

まあ、標準ブラウザが使い物にならないって時点で、その選択はないな、って感じなので、たぶん、ワタクシはしばらくGNOMEだと思いますけどね。
GNOMEのカスタマイズ性が低いってのは、多分にそのためのGUIが完備されてないせいだとは思います。
その気になれば、かなりの部分まで、「見た目」はカスタマイズ可能ですし。
問題は操作系ですが、これはあんまし手を入れる余地はないのかな。それでも全然ないわけじゃないですしね。

正直な話をすれば、KDEの良さは解りません。(^^;
見た目にVistaっぽくなってたので、これはテーマのカスタマイズでVistaっぽいGUIに出来るかな、ってので興味が出ただけなので。
肝心の機能が使えないのでは、また標準の機能に大きな不備があるのでは、少なくともワタクシは使う気になりませんね。
暇な時にカスタマイズはしますけど、基本デフォルトで使うのをよしとするたちなので。(笑)

とまあ、こうして見てくと、今のGNOMEはよいんじゃないでしょうかね。
いくつかデフォルトのアプリに不備はありますけど、メインに据えてるブラウザは、問題無いですし。
てか、GNOMEじゃなくてUbuntu、かな。
KDEの方も、だとするとKubuntuの熟成が足りないってことになるのかも知れません。
Sabayonも新しいのが出たそうで、なかなか試せないでいますが、スクリーンショット見ただけでも、あっちは凄いですからねぇ。
Kubuntuもそのくらいやればいいのに。(笑)
#ま、人的リソースとか。色々。

投稿: かおりん | 2009年10月12日 (月) 00時18分

>いくつかデフォルトのアプリに不備はありますけど、メインに据えてるブラウザは、問題無いですし。
>GNOMEじゃなくてUbuntu、かな。

そうですね。
例えばDebianにはFirefoxは入ってなくって、デフォルトのブラウザはEpiphanyっつったかな?
これはGNOMEデフォルトのブラウザです。これはUbuntuでは外してて、代わりにFirefoxを入れている。
英断だと思いますね。EpiphanyでもJSの解釈に問題大アリなんで。

この調子で、「泣く子も黙る宇宙海賊」みてえな(笑)、Evolutionも外しちゃってThunderbirdをデフォにしちゃえば良いのに。これは以前からそー思ってるんですよね。Evolutionだと文字コードの問題がキツくって、Gmailから転送されたメールを読むのが大変だったりしますし。

>Kubuntuもそのくらいやればいいのに。(笑)

そうそう。
そうじゃないとKubuntuって食いつきが悪いですよ、多分。
今のままじゃ、第一印象が「見た目がちょっと違うKNOPPIX」程度のモノしか無いでしょうしね。
実際は結構「考えられて作られてる部分」とかあるんですけど、でも例えばアプリ開こうとした時、メニューに「ズラズラ表示」とか。その辺がUbuntuの方が「整理されている」印象があるんですよね。
メニュー表示辺りもSabayonくらい「考えて」作らないと、ちょっと一般アピール度は低いんじゃないか、って思いますね。

投稿: cametan | 2009年10月12日 (月) 09時33分

メールはSylpheedなんで、悪名高きEvolutionは使ったことないですねぇ。
まあ、メール自体ほとんどWebメールで済ませているのでローカルにダウンロードさえできれば、さほど困りませんけどね。

>今のままじゃ、第一印象が「見た目がちょっと違うKNOPPIX」程度のモノしか無いでしょうしね。

とはいえ、悩ましい部分もあるんじゃないのかな、と。
標準のKDEから大きく逸脱したGUIと操作系を提供してしまうと、それはもうKDEじゃないよな、といわれてしまう恐れもあるわけで。
まあ、それでも、結果がよい方に転ぶなら、「標準」がそちらになる可能性もあり、悩ましいところなのかな、と。
いずれにせよ、万人に受け入れられる、ジャストフィットなUIは不可能なので、最終的にはカスタマイズという懐の広さは必要だとは思います。
それでも、ねぇ。
やっぱり標準でNGなDEやWMは使われなくなっちゃうでしょ。
テーマや設定のセットとして提供可能な仕組みがあるならともかく。
今後は、その辺の「設定セット」のインポート/エクスポートの仕組みが求められるかもしれませんね。
個人情報を抜いた設定だけエクスポートできる、と。
誰かが作った設定を、一部改変して自分の設定にできる、ってのは、カスタマイズの敷居も大きく下がるし、ディストリビューションごとのカスタム提供ってのも現実味を帯びてくるんじゃないかと思います。
いつでも「標準」に戻せるわけですし。
まあ、いずれにせよ、これから、ですかねぇ。

投稿: かおりん | 2009年10月12日 (月) 11時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/46442282

この記事へのトラックバック一覧です: kubuntuを試してみる。:

« screenletsのカレンダー | トップページ | アスワンにもemerald導入。 »