« アスワンのバッテリーの顛末 | トップページ | 9.10の充電率の履歴機能 »

UbuntuTweakの不要な設定の削除。

UbuntuTweakの機能に、キャッシュのクリアとか、不要カーネルの削除とかあって、その中に、不要な設定の削除というのがあるんですが。
ここに出てくるのって、パッケージなんですよね。主にライブラリパッケージ。
何を根拠に不要を判断しているのか解らないんですが、思い切って削除してみました。

一応、その後再起動しましたが、起動に関しては問題ないようです。

この手の機能って、結構微妙で、依存関係から逆引きして検索しているのかも知れませんが、野良パッケージとか入ってると、その手の依存関係が変なことになってたりして、微妙なバランスで動いていたものが動かなくなってみたりします。

まあ、危険なのでお勧めはしませんが、例えば、今回の、ディストリビューションのアップグレードの場合なんかだと、本当に不要になっているパッケージもあるはずで、それらを適切に判断して削除してくれるなら、アップグレードかけても、ゴミを後から消すことが可能になるってことなので、大変便利だとは思うんですよ。
どこまでこのツールを信用するか、に掛かってるんですけどね。

ま、やるならバックアップ取ってから、ってのが常套でしょうか。
クリーンインストール相当になるなら、この手の機能は有効な気がします。
大抵ね、アップグレードするとゴミ設定とか残って、後から苦労したりしますからねぇ。

|

« アスワンのバッテリーの顛末 | トップページ | 9.10の充電率の履歴機能 »

Ubuntu」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/46582320

この記事へのトラックバック一覧です: UbuntuTweakの不要な設定の削除。:

« アスワンのバッテリーの顛末 | トップページ | 9.10の充電率の履歴機能 »