« なんかいろいろ言われてますねぇ。 | トップページ | 祝!2周年!! »

Windowsは良くできてますよ。

はっぴーじむなすと@Linux - 続・BBCの朝の番組で「Ubuntuはダメ」発言。。。

まあ、なんていうんですかね。
Windowsで満足している人に、Ubuntuを使えって言っても、たぶん、絶対に受け入れられないと思うんですよね。
それというのも、デスクトップOSとして君臨しているWindowsにできることレベルで比較した場合、Ubuntuはかなわないからです。
Ubuntuで出来ることは、たいていの場合、Windowsで可能です。
#よりよく、ってのは置いときます。
なので、Windowsで可能なことを、わざわざUbuntuで行おうってのは、なんらかの理由がないと、そんな気にならないわけで。
例えば、Windows2000と比較した場合、Ubuntuの方がよいと思います。
出来ることも、対応しているハードウェアも上でしょう。
#W2kはサポートも終わってるし。
じゃあ、XPと比較したら?最新の7との比較は?
Ubuntuで出来ることと、Windowsで出来ることの比較で考えたら、どちらが上なの?と。
用途によっては、圧倒的にWindowsが上になります。
#ゲームとかね。

なので、現状、Windowsで満足している人に、Ubuntuがよいよ、と勧めても、ああ、これができないじゃない、操作も違うじゃない、ってことになる。
そもそも、OSなんて、その上で行うことが重要なので、Windowsで困ってない人に乗り換える理由はないんですよね。
人に勧める場合には、自分の満足している環境を勧めるのが当然のことなので、辛口のひとであれば、Ubuntuなんてダメって言い方になるのはある程度仕方ないことで。

例えば、ワタクシはPCで音楽なんてほとんど聞きません。
なので、極端な話、PCで音がでなくてもあまり困らないんです。
でも日常的にPCで音楽を聞く人であれば、この機能はなくては困る機能になるわけです。
こういう部分で、Windowsは、そつなく出来ていて、装着されているハードウェアの機能を、ほぼ100%使うことが出来ます。
Ubuntuの場合は、そこまでは到達していない。
場合によっては、ハードの追加購入を余儀なくされる場合もある。
そういうのをよしと出来ない場合には、Ubuntuなんて使えない、となりますよね。
プリンタなんかもそうです。対応しているメーカーの対応しているプリンタを持っていれば
特に困ることなく使用できますが、そうじゃないと、プリンタなんて、ただの置物になってしまいます。Windowsではありえません。
こういうことを考えても、Windowsの方が、「どんなひとにでも」満足を与えることが出来る可能性は、Ubuntuよりも高いわけです。

少なくとも、劣った部分のあるUbuntuを、Windowsで満足している人に対して、使ってみてよ、と勧めても、そりゃ文句しかでないでしょうよ、と。

一方で、どんなひとならUbuntuで満足できるの、というと。
それほどPCを使いこなしてないひとなら、ってことになるでしょうか。
もうネットはブラウザしか使いません、メールなんてPCで管理してません、せいぜいWebメールでOKです、とか。
動画何てYouTubeが見れればいいです、HD動画何てエンコードしません、とか。
突っ込んだ使い方してない人なら、まあ、UbuntuでもWindowsでも違いは感じないと思います。
ただ、ああいう、まあある種ギークなひと(ギークではないんでしょうけどね)で、仕事にWindowsを使っていて、情報収集や、それに類するところにある程度のスタイルを確立しているようなひとに、使ってみてよ、と言っても、Windowsと同じ事が出来ない、だけで評価は下がるはずです。
#本人にその意識がないとしても。
ルーチンワークとして種々の事が出来るように環境を整えているのに、そのルーチンワークがこなせないとなれば、仕事を効率的に回すのに、大きな問題となります。
OSが変われば流儀も変わるので、また新しいやり方を構築する必要があるのですが、必要もないのに、それを構築し直せ、といわれるのは苦痛ですよね。
Ubuntuでも工夫次第で、より良い環境を構築することは可能かと思います。
特にネット由来の機能等であれば、ツールも揃ってますし、自動的に運用する仕組みなんて、Windowsよりも簡単に構築できる可能性もあります。
バッチ処理はシェルのお陰で、標準的なWindowsのバッチよりも圧倒的に多機能ですから。
#まwshとかパワーシェルとかね、Windowsでも強化されてきました。

>Ubuntuは僕のパソコン・ライフを今よりシンプルでおもしろくしてくれるようなものではないね。

なんていわれているみたいですが、Windowsのルールに則ったやり方ではできないでしょうね。
Ubuntuのルールに則ったやり方で、構築し直す必要がある、ってだけの話です。
この方も、おそらく、最初からUbuntuを使わざるを得ない環境にあれば、シンプルなパソコンライフをUbuntu上で構築されていたはずです。
#それしかないなら、それでやるしかないから。

まあ、結局は何をいいたいのか、って話なんですが。
Windowsでいいじゃん?
ってことなんですよね。(笑)
まあ、シャトルワースさんとか、Canonicalの目的は、ある程度のシェアの獲得でしょうし、Windowsのパイをある程度奪う必要があるので、その辺頑張るんでしょうけど、単に一般ユーザーの立場として、お勧めは何か、ってことになるんであれば、「Windowsで困ってないなら、Windowsでいいんじゃあないんですか」ってことになるんですよ。
なにもOSSにこだわる必要はないし。
使い易いモノを使えば、一番満足度も高いでしょ、となる。
自分に取って、何がベストか解ってないなら、いろいろと試すのがよいとは思いますよ。
Windowsに不満があるなら、Ubuntuを試すのもよいし、Macを使ってみるのもよいと思います。
それこそ、シンプルで面白いパソコンライフのために、必要な試行錯誤でしょう。
ただ、スタイルが確立していて、ルーチンワークの域にまで到達しているなら、おそらく、それはそれで完成している環境になるので、そのままでいいんじゃないの?ってことですね。
変える必要がない。

どこかで我慢が必要になるのは仕方ないのないことなので、その我慢が、どの程度で済むのか、ってのが重要だと思います。
WindowsよりもUbuntuの方が我慢が少なくて済むのなら、Ubuntuの方がやりたいことに向いてるってことになります。
逆なら、当然Windowsの方が向いてるってことですよね。
PCを使うのに、あんまし我慢を強いられるような状態でいるのはよくないと思うんですね。
我慢して使う道具じゃ、よいものもできませんし。
#ま、何をするのかって話ですけど。
結局は道具なので、適材適所、なんですよね。

じゃあ、ワタクシはなんでUbuntuを使ってるのか。
そりゃあ、Windowsよりも我慢しないで済むことが多いからです。
例えば、アプリのインストール、コマンド一発ですからね。
面倒なウィルスチェックも、ほとんど必要ないですし。
余計なことをしなければならないストレスが、あまりありません。
Windowsでは、こうはいかないでしょ、ってのが多数あるので、ワタクシはUbuntuを使ってるんです。
まあ、それ以上に、単に面白いってのがあるんですけどね。
Windowsは、良くできてますよ。ただ、それだけに詰まらないってだけのことです。(笑)

|

« なんかいろいろ言われてますねぇ。 | トップページ | 祝!2周年!! »

Ubuntu」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

個人的には「調べながらトラブル解決や何かが出きるようになるまでの過程を楽しむ」ことがUbuntu(というかLinux)の楽しみですかね。
車で言うとATでインジェクターで燃料まで制御されてるのは、手間がかからないし便利だけど、MTのほうが操縦する楽しみがあり、キャブの方がセッティング次第で速くもなるし燃費も変わる、そんなところが面白い、みたいな。(マニアック過ぎるかなw

ただ実際のとこ「Windowsのサポート切れた」って人や「自作したけどOS代がなぁ」って人にしかニーズはないのかなとか思ったりも。

投稿: tmin | 2009年11月 1日 (日) 08時06分

今時、車でキャブレターってのは、かなりマニアな代物だとは思いますが。(^^;
#市販車じゃなくなってるんじゃないかなぁ…。

まあ、そういう前提だと、素人には乗れないし、メンテナンスもできないってことになるので、ある意味、Linuxはそうかも知れません。
#GUIのないサーバ版なんかなおさらでしょうね。

Ubuntuは、それよりも敷居を下げているのは間違いないので、まあ、そこまでマニアな車を持ち出してこなくても、という気もします。(笑)
いいとこ、ポルシェ、フェラーリでしょうか。

こういう、車で例えるなら、なんていうんですかね。
ミニバンで満足している人に、軽量スポーツの良さは解らないでしょ、と。
例えば、ポルシェの911とか、国産ならMR-Sとか。

ホンダのミニバンの代表であるステップワゴンに満足している人に、MR-Sを勧めても、「二人しか乗れないじゃん、荷物積めないじゃん、屋根がないってどういうこと?」みたいな。
#ありそな話で旦那がMR-Sが欲しくて家族稟議に出すと、こういう答えが奥さんから返ってきそうな、そんな話。
今時のミニバンなら、燃費も悪くないですからね。
同じ2Lクラスで比較するとスポーツ系は燃費でかなわんし。(^^;

ドライブする楽しさ、自分の思い通りに動く面白さがあるんだよ、なんて言っても、まあ、まず伝わりません。(爆)
#エンジンレイアウトがミッドだから、なんて話も、まあ通じませんし。

車に求めている用途がまるで違う車種を並べても比較が出来ないんですよね。

で、OSに当てはまると、そう簡単には行かないかな、と。
大体、OSに求められている用途ってが、車みたいに用途別じゃあない。(笑)
目的は同じなのに、スポーツカー的な不自由さを強いられるのがLinuxってことです。
もちろん、カリカリの改造車じゃないなら、家族旅行にも、買い物にも使えますよ。
でも、ミニバン的自由さはないんですよ。不自由を強いられてしまう。
まあ、それも楽しみの一つ、と割り切ってスポーツカーに乗る人も居ますし、やっぱりミニバンがいいでしょ、と乗り換える人も居ます。
両方使うってひとも居ますしね。
ま、そう考えると、もしかしたら解り易いのかも知れません。

サポート切れたOSの代わりになんて話もあるのかも知れませんが、大多数は、サポート切れたし、一部壊れたし、ってことなら、PCを買い換えると思うんですよね。
車も10年以上乗る人は少ないと思います。
保証が完全に切れる10年ってのが、最後の買い換えのタイミングだと思うんですよ。
#ま、乗り続けるひともいます。
自作erは、まあ、色々ですので、特にOCやるひとは、Linuxって選択はありえませんけどね。(笑)
#ツールがないし、ベンチマークが動かない。(爆)

素直に、どちらが優れている、って観点で選んだ時に、Ubuntuを選択する目に見える理由は少ないと思いますよ。
星取表で比較すれば、大部分は同じになると思いますが、それでも星の数ではWindowsには負けるんです。
Ubuntuを選ぶ積極的な理由は、実は今はありません。
一般ユーザーにも目に見える形で、って意味ですけどね。

Ubuntuを選ぶ意味があるとしたら、tminさんが書いてるような理由か、ワタクシが最後に書いてる理由、即ち、「面白いか、否か」だと思います。
Ubuntuを使うこと、そのものが面白さがある、それは星取表には現れないところなんです。
でも、それってWindowsに満足している人には絶対に解らないし、解る必要もないんですね。
まあ、まだオタク、マニア、ギークなひとたちのものであることは変わらないです。
それでも、まだ昔よりは敷居が下がってきましたけどね。

使ってて「へぇ」と思えるポイントが、ワタクシの場合、WindowsよりUbuntuの方が多い、そんだけです。(笑)

投稿: かおりん | 2009年11月 1日 (日) 11時34分

実はほんの数年前にキャブチューンの車に乗ってたり。面白いけどそりゃもう車検も季節代わりもパーツ探すのも大変でした。(完全に趣味の世界でしたねw
たぶんこういう元々の性格が今Ubuntuを使う(しかもたいして理解してないのにαやβから実機に入れてしまう)とか、メーカーPCに不満があったら「組めばいい」とか、そういう行動につながっちゃってるのでしょう。僕に限っては。

実際フツーの方々の立場では「実用性」ありきで。実用性の尺度は人によって違うでしょうけど。そうすると荷物積めてそこそこ走れるミニバンやら維持費が安い軽やらが強かったり。
「だって面白いじゃん」って主張しても「面倒くさくね?」って言われて通じないですからね。そこが面白いのに。

そういう観点からだと「わざわざ導入する」ってことまでしてUbuntuを使うメリットって言うとやっぱりないんですよね。ただ、僕は面白がって使ってるし、「Windows以外の選択肢」として存在の意味はあって「こういう選択肢もあるよ」ってことはみんなにも言えると思ってたり。

でもきっと天邪鬼な僕はUbuntuがシェア40%とかになることがあったら(たぶんないけど)今度はSlackwareなんかに走っちゃったりするのかも・・・?

投稿: tmin | 2009年11月 1日 (日) 15時48分

ああ、乗ってたんですね。>キャブ車
便利さで言ったら、今のインジェクションの制御には敵わないでしょうね。
#性能でも、かな。
ドライブバイワイヤで、かなり細かいところまで制御入ってるみたいですからね。
#まあ、そうじゃないと燃費は、ね。

まあ、そういう「知らないところで制御されている」便利さってのは、一般人は知る必要のない部分で、同様にOSも、「一般人は知る必要のない領域」ってが存在すると思うんですよ。

でも、Linuxは、そういう領域にまで踏み込んで行かないと、結構トラブル対処が厳しい。
ドライバとかメーカー任せのWindowsと違って、自分で試行錯誤が必要なんですよね。
#こっちのドライバなら、動くかも、みたいな。

例えばプリンタの場合、MPとかの複合機で印刷できない場合には、プリンタのエンジンはこれと同じだから、これで印刷できそうだ、とかですね。

でもまあ、こういうのって、単に普通の人には面倒なだけで、価値も解らなければ、意味もないんですよ。
なので、マニアのものってことになっちゃう。
モノの価値は人それぞれなので、自分の価値観に見合ったものを使っていれば、それでいいとは思うんですが、何故か人間、仲間を求めたがりますからねぇ。(笑)

投稿: かおりん | 2009年11月 1日 (日) 17時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/46638729

この記事へのトラックバック一覧です: Windowsは良くできてますよ。:

» イントラネット 構築 [イントラネット 構築]
イントラネットの構築についての情報です。 [続きを読む]

受信: 2009年11月 1日 (日) 14時17分

« なんかいろいろ言われてますねぇ。 | トップページ | 祝!2周年!! »