« 技術的根拠のない批判 | トップページ | Ubuntu Blog Networkに参加できた様で。(笑) »

wineの使い方としては正しいんじゃないのかな。(笑)

Wineでゆめりあ&次期Wineは3D改善? - Winux/Lindows

なんか最近Wineの使い方を誤っているような気がしますがそれはそれ。

とか、tminさんが仰られていますが。(笑)
ま、別に間違ってないでしょ。
そもそも、この手の「環境」の使い方に、正しいも誤っているもないもので。
動作する環境で、動かしたいものを動かす、ってのが唯一正しい、と言えることではないかな、と。
ぶっちゃけ、製作者の意図なんて関係ないでしょ。(笑)

PhotoShopだって、エロ絵とか、アイコラに使われているけど、ソフトの使い方としは間違ってないし、それがPhotoShop製作者の意図だったとも思えないしね。
ソフトや環境の使い方ってのはユーザー次第で、どこまでも広がるものでしょ、と。
#ま、エロ方面に限定するものでもなく。(笑)

というわけで、ワタクシもtminさんの情報に基づいて色々とやってたりしますけど。

特に最近は、wine環境でのDirectX動作ってのに惹かれてたりします。
これが結構きちんと動作するようになると、Ubuntu、あるいは他のLinuxをWindowsのゲーマー達が「セカンドマシンの環境」として導入することがあるかな、と。
OSにお金を払うくらいなら、ゲームにお金を掛けたいのかな、と思うので、そらメイン環境は最新Windowsじゃないと困ると思いますが、セカンドマシンや、持ち歩きのモバイル環境なんかには、Ubuntuでもいいね、ってことなる可能性はあるのかな、と。
まあ、あくまで「型落ちのPCで型落ちのゲームを遊ぶ」ために、最新Windowsはいらんでしょ、となる「可能性」を秘めているかな、と。
その鍵が、wineでのDirectX動作かなぁ、と思うわけです。
最新環境は、まあ無理として、DirectX8関係なら、ほぼOK、ゆめりあベンチの結果を見る限りでは、DirectX9aまでなら、動作しそうな気配ですね。
問題は、DirectX9c以降かな。
#もちろんDirectX10も含む。
自慢の高解像度では動作しないかも知れませんが、まあ、ちょこっと暇潰しに昔のゲームでも、程度であれば、十分動作するところまで来ているのかも知れません。
#っても、DirectX8って10年くらい前の技術だけどな。

とはいえ、やはり最新3Dゲームは厳しいでしょ、とは思うんですよね。
なので、ワタクシも試しているのは、古めの3D「エロゲ」のベンチばかりになってるんですが。
たぶん、ですけど、一番ゲームで需要があるのって、「エロゲ」でしょ。(爆)

閑話休題。

で、最近色々とwineで古いゲームとか動かしてたんですけど。
#偶然見つけた15年前のゲームとかな。

今のwineだと、win32APIレベルの例えばGDIとかは、ほぼ完璧なんですよね。
グラフィック回りで標準的なものに死角は少ないのかな、と。
あとは、Windows2000以降に追加されたAPIの互換性にまだ少し問題が残ってそうなので、その辺の対応と、順次追加/更新されるAPI、DLLへの対応が残ってる感じなんですかね。

まあ、この辺も仮想環境がDirectXサポートを始めてしまうと、不要になる可能性はありますが、現時点では、wineの方に分があるのかな、という感じなので、是非とも頑張ってほしいものです。
#それにしてもTimeLeapは動かんなぁ…。

送信者 Blog

|

« 技術的根拠のない批判 | トップページ | Ubuntu Blog Networkに参加できた様で。(笑) »

Ubuntu」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

あ、間違ってないんですかね。
なんか不純なものばかりに行ってるような気がしてたのでw(でもまぁ、みんなこんなもんかな?

>セカンドマシンや、持ち歩きのモバイル環境なんかには、Ubuntuでもいいね、ってことなる可能性はあるのかな、と。
この辺り、言われてみれば確かに、と思うところでした。
ま、プリインストールうんぬんって言う問題はあるんだけど。

実際、Wineの使い道っていうと、Windowsでしか動かないものをなんとか動かしてみるってのが目的なわけで、Linuxで代替アプリがあるものはわざわざWineで動かす必要はないと思うんですよね。
細かいとこに違いはあれど、PhotoShopならGimpがあるし、MSOfficeならOooがあるわけで。
そうするとやっぱり「ゲーム」が一番の重要課題かなぁと。
しかしそれにしてもアレゲなベンチばっかりやってる俺は一体・・・

タイムリープはなんか壁があるんでしょうかね?(個人的にはこれさえ動けば・・・

投稿: tmin | 2009年11月15日 (日) 05時09分

>なんか不純なものばかりに行ってるような気がしてたのでw(でもまぁ、みんなこんなもんかな?

言ってしまえば、不純なのは「人間」だけで、プログラムは、そんなもん関係ないですからね。(笑)
LinuxネイティブじゃないWindowsアプリを動作させようと検証している、という点で正しいと言えると思いますけど。


>そうするとやっぱり「ゲーム」が一番の重要課題かなぁと。

これは、まさしくそうで、ここの壁がなくなるようだと、ユーザーも開発者も嬉しいんじゃないかな、と思うんですよ。
最近は、フリーなゲーム環境も整いつつあるようですけど、まあ、日本国内はなかなかね。


>しかしそれにしてもアレゲなベンチばっかりやってる俺は一体・・・

同じ、同じ。(爆)


>タイムリープはなんか壁があるんでしょうかね?(個人的にはこれさえ動けば・・・

ここんとこ、ハマって試してるわけですが、記事中にも記載しているように、DirectXバージョンで壁があるようです。
今のところは、DirectX以前は、ほぼ完璧動作、DirectX8までなら、パフォーマンスも含め動作(これはマシンパワーが当時とは桁違いなため。)、DirectX9だとDirectX9aまでなら、なんとか動作、って感じで、DirectX9cを要求するものが、まず全滅です。
らぶデス2体験版とやらも動作しません。orz
#これもDirectX9c。
エラー発生の部分を見ていると、DirectX9cものは、Linux側、つまりGLX側でエラーが発生しているので、wine側では、対応できているのに、そのコマンドに対応するOpenGL側の実装が不足しているか、ドライバの問題か、まあ、単純にwineのバグか、のいずれかがありそうな気配ですけど。

もう少し、DirectX9cのリファレンス的デモがあれば、どの辺の問題なのか、切り分けも出来そうな気がしますけど。

ある意味、MSのライブラリって優秀なので、元々のプログラムが実はバグ入りで、本当は動作しないんだけど、ライブラリ側でエラー(というかパラメータエラー)を吸収してしまって、動作していたものが、wineのようなリファレンスに忠実な実装だと動かない、なんて可能性もあります。

まあ、この手が動かないってのは、実は一個一個現象から対応していく必要があるので、タイプリープに関しては、本家に報告挙げると簡単に動くようになる、可能性もありますけどね。(^^;
#英語の壁があるわけですけど。

投稿: かおりん | 2009年11月15日 (日) 08時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500703/46761173

この記事へのトラックバック一覧です: wineの使い方としては正しいんじゃないのかな。(笑):

« 技術的根拠のない批判 | トップページ | Ubuntu Blog Networkに参加できた様で。(笑) »